Pendenza20%「飲み喰らい魔ー日記」 第2部

scalatore.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 11日

補足

(レースレポート1部修正)
トライアスリート2人のアタックがゴール前の平坦かと思ってたらゴール10km手前の長い坂だったらしい.
そー言えばあの辺でいくつか動きがあった気がするが(自分も下りで何度か“なんちゃって”アタックしたり),俺の視界にはU沢選手しか入ってなかった(苦笑)
あの2人,実は招待選手(トライアスロンのプロ?半プロ?)だったらしい.どーりで強いわけだ.
でも,孤軍奮闘していたU沢選手に1人でもチームメイトがいたら彼が勝ってたんじゃないだろうか!?(もちろんちゃんとスタートチェックして,笑)

そのU沢選手が序盤から積極的に動いてくれたおかげで俺も終始緊張感を持ってレースに集中できたし,エントリー費分どころかおつりがくるほど楽しめた.
3泊4日の宮古旅行の旅費だって,島3周分以上の340kmを走り,地元家庭料理から山羊汁まで存分に飲み食いしてホントに贅沢な旅ができて安いものだ.
レースも旅行も休む間もなく動き回ってこそ楽しいのだ!
[PR]

by taka-taca | 2009-06-11 09:09 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://scalatore.exblog.jp/tb/11230491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by NAKATSURU at 2009-06-11 09:45 x
ツールド宮古島お疲れ様でした。
レースレポート、楽しく読ませていただきました!
次回の鈴鹿ロードレースも宜しくお願いします。
Commented by taka-taca at 2009-06-11 10:54
>NAKATSURUさん,
内地の強豪チームが集まる鈴鹿でも,少しでもキッズの名をアピールできるようにがんばろう!
スプリントのアシストはお任せください!


<< 肉食って再始動      宮古島の旅 総括 >>