Pendenza20%「飲み喰らい魔ー日記」 第2部

scalatore.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 27日

秋葉山回ふくライム!?

今朝起きるとやはり脚の疲れは抜け切らず,腰が痛む.
練習するには大した問題ではないが,このまま明日のレースに臨む気は高まらない.
天気も微妙だし,レースは止めて今日ロング練するか,それとも今日休んでレースに出るか...
どうも最近(というか宮古以降)疲労が慢性化してる感じだ.
今年は腰の状態がわりといい部類だけど,例年なら梅雨からお盆辺りまでが一番腰痛が悪化する時期だから気を付けないと.

ちなみに体重は68.2kgと普通に戻った.
ていうか昨日66.8kgは,68.6kgの見間違いだったんじゃないだろうか!?

さて,明日は今年唯一となりそうなヒルクライム.しかも須走.
思えば2004年の10月,ちょうどこのブログを開設した月に,第1回富士国際ヒルクライムレースが“あの”須走口あざみラインで行われ,当時はヒルクラ大好き激坂命だった自分,それでブログのタイトルもあざみラインの勾配20%超にちなみ,ついでに乗クライマーをかけたのだった.

当初参加者が少なく(今も多くはないが),3年続けて年齢別で6位以内(4-6-5)に入賞している.
2007年は前日が富士スピードウェイ100kmレースで,その優勝騒ぎでビールと日本酒を思いっきり飲んで,ローラーアップ中の自分の汗が酒臭いほどで臨みながらも11位,タイムもベストから1分程度の遅れの56分台と,前日の疲れと酒のわりにはよく走れた.
自己ベストタイムは一番最初の55分台で,そのまま55分を切れずにいる.考えたら乗鞍も美ヶ原もその頃が一番よかったような気がする.
確実に力は付いてるのに,まあ体調とかのタイミングが合わないのだろう.

今年はヒルクラ止める宣言したけど,日帰りで行けるし,涙をのんで(?)断念した美ヶ原に強い人が集まってるとすれば,俺にも年齢別で久々に入賞するチャンスがあるかも!?なんて色気もあってエントリーしたのだった(笑)
富士スピードウェイとのダブルエントリーで1000円割引になるのも魅力だったが...(苦笑)

前置きが長くなったが,今日は回復走.
でもまた浜名湖をダラダラ流すのもつまらないし,脚に軽く刺激を与え,ヒルクラモードにスイッチを切り替えるつもりで秋葉山.
しかし,暑い事もあるし,復路の浜北森林公園の小坂とかが意外と脚にくるから車で船明ダムまでワープした.
でも何か物足りなかったな...

秋葉山往復40kmほどをダラダラとサイクリング.
秋葉神社TTは心拍160ちょっとに抑え,いつも封印している25Tで楽に登って39分10秒
激坂区間で腰がかなり痛むのが気になったが脚の調子はいいよう.
何となくやる気出て来て,今のところは“明日は雨でも登るぞー!”って感じ,
ただし雨なら下りたくない...(一応久々にレインジャケット,パンツ,シューズカバーをリュックに詰めた)

目標は自己ベスト55分切り(&入賞できればラッキー)
明日参加の“雨男”な皆さん,“晴れ男”の俺が行くのでご安心ください(笑)

11時過ぎには帰り,自転車洗ってレース仕様に準備
午後はパンやらチーズをつまみ,ツールドスイスの録画を見ながらビールにワイン(&昼寝)
b0047100_17511996.jpg


晩飯はこれから親と近所の和食
[PR]

by taka-taca | 2009-06-27 17:51 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://scalatore.exblog.jp/tb/11373122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<<      登るべきか,登らざるべきか... >>