Pendenza20%「飲み喰らい魔ー日記」 第2部

scalatore.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 12日

久々に秋葉参り

7時前に目が覚めるも体が重く起きれず.
そのまま昼まで寝ていたい気分だったがカーテン越しの太陽が眩しくて寝れず,それに今日の最高気温18℃の予報にまさか1日寝て過ごすわけにもいかないから起きてのんびり朝飯食って9時半スタート.

向かった先は7月以来なんと5ヶ月ぶりの秋葉山!
ヒルクラのレースがないこと,8月の落車以来腰の調子が悪い事とかあって行きそびれてたが,夏から秋に秋葉山行かなかったのは自転車乗り始めて初めてのこと.
秋葉山麓までの35kmは追い風に乗ってマッタリと快走 26km/h(マッタリしすぎ)
しかしこの2週間くらい感じていたペダリングの違和感が今日もひどい.
左はスムーズに回るんだけど右脚がカックンカックンしてぎこちないし,そのせいか右モモがひどく疲れ,おまけに左ふくらはぎの負荷が妙に大きい.
左右のバランスがひどく崩れている感じ.

気分は良く,しかし下半身は気持ち悪いながらも秋葉山麓に辿り着き.昨日の雨で道路が相当荒れてることを覚悟しつつ,いきなりインナーローでユルユルと登り始めた.
が,段々調子に乗って気がつけば心拍175を超え,アームウォーマーをずらして半袖状態.
全開までは踏まなかったけど,平坦よりはいい感じで脚が回る.
42〜3分で登るつもりが結局36分でゴール.
結局今年は自己ベスト(32分50秒)に遠く及ばないまま終わってしまったが,一度もフルアタックしてなかったこともあるし,今なら調整して来ればベストを更新できそうな気もする.
下りはウェット路面に落ち葉のジュウタンで慎重にゆっくり下ると,登りよりも長く感じて疲れた...
もう1本登ってもいい気がしたけど,もう1回下りたくはなかったから却下.
下山して久々の馬鹿饅頭を2個食って,そのまま帰ろうか迷いつつ横山から熊へ登った.

予定外に力んで秋葉山を登って帰路はヘロヘロ.
時間があるし五平餅食いたさに仕方なく熊へ登り,そこからの下りと平坦も追い風基調なのにまったく脚が回らず踏めず...
秋葉山アタック以外はペダルを踏むのがただただ苦痛以外の何ものでもなかった.
行きはともかく帰りはホントにつまらなかった...

予定通り106kmを走り,Ave 23.4km/h(いくらなんでも遅過ぎか...)
もうマジで休みたいけど,来週末は最高気温1桁の予報.
というわけで明日はもうひと頑張りして伊良湖岬往復LSDの予定

今月 554km



最近ちょっとパンやグリッシーニを焼き過ぎじゃないか?
いっそパン屋でもやったほうがいいかも...
b0047100_22101118.jpg


前菜は昨日と同じで皿だけ変えて気分転換
b0047100_22103215.jpg


ミネストローネ
b0047100_2211635.jpg


メインはこないだの豚ヒレのパン生地包み焼きをちょっとモディファイ
b0047100_22124321.jpg

前菜とパン,グリッシーニでほとんど腹一杯だったけど豚ヒレ1本分をしっかり食った.
(食後に犬の散歩して腹ごなし)

ワインは今日もモニカパパ直送のバルバレスコ2005年もの
2003,2004年もあるけど何となくもったいない気がして新しい方から飲んでしまう.
b0047100_22145866.jpg

そして今日もビール1リットルにワイン1本...
モニカが空のワインボトルを片付けながら“マジ?今日も1本飲んじゃったの!?”と呆れていた...
[PR]

by taka-taca | 2009-12-12 22:18 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://scalatore.exblog.jp/tb/12487380
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by curtis at 2009-12-13 17:16 x
昨日書き込みたかったけど、バルバレスコ美味しそうーーーーーーー!

本日の最高気温、6℃!
でも、走ってきました、55㎞。
ちょっとだけだな。

takaさんちのワイン減らしに特攻するには
もっと鍛えてからにしようっと。
Commented by taka-taca at 2009-12-13 22:19
>curtisさん,
浜松は14℃で最高の練習日和だったのに66km.
予定では160km走るはずだったのに...
どうも最近頭と心と体がチグハグな感じでうまくいかない.
来週末の予想最高気温は8℃.
もうこのまま冬眠するかも...

そんなに気負わなくても,俺が人一倍飲むから心配いらないよ(笑)


<< 冬眠間近      晩秋を名残惜しんで... >>