2011年 10月 04日

希望の光?&仮想富士チャレ練

昨夜(月曜日)は鍼の日。
土日の走り込みでケツと腿の筋肉が張ってるだけに恐怖感いっぱい(汗)
しかし,いつもは固いゴムに釘を刺すかのように,グイグイと押し込まれる感触で脳を突き刺す痛みを感じるほどなのに,スポンジに針を刺すように軽くスーッと入ってくる。
死んでガチガチになっていた骨盤周りの筋肉が蘇りつつある感じ。
整体師も“筋肉の張りが,いい感じの張り方になってきましたね”と言ってた。
長い3寸鍼もいつもほどの痛みは感じず,腰からフクラハギまで24本の鍼を,終始リラックスしたまま打たれ,電気を流して15分。

週末のロング練でも,登りや後半はさすがに腰がかなり痛むけど,心拍70%程度で平地を走る分には腰痛も坐骨神経の痛みや引き攣りもかなり軽減されていた。
でもまだペースを上げようと踏みこむと激痛が走ったり右脚が盛大に引き攣ったりして思うように脚が回せずもどかしい。

でも,今まで感覚がなくて力が入らなかった右ケツから腿の奥の筋肉にわずかながら感覚が戻り,痺れて力が入らなかった右足の親指も血の気が戻った感じで,右足でもそこそこペダルが踏めるようになってきた。
とにかく2年がかりでよーやく少し前に進みだした気がする。

鍼の効果はもちろん,ヨガで骨盤と腰回りの筋肉の状態や収まりがよくなってるのかもしれない。

ホントはここで調子に乗らず,焦らずにリハビリを続行すれば快方に向かうんだろうけど。。。
走れそうだと思ったら,やっぱり走らずにはいられない。
リハビリの方向性は見えたことだし,改めて冬にじっくりリハビリするとして,とりあえず沖縄まで,今更ながらだけどできる限り走り込んで,楽しくレースを走れる状態にもっていきたい。

まずは今週末の富士チャレ200kmを走りきりたい。
ということで今日の夜練は富士スピードウエイ対策。
少しでもレースペースに近い強度で走りたいが。。。

夕方,突然意味のない残業になり,走る気をなくしたけど,土曜日がレースで,明日は雨の予報。
となると練習できるのは今日しかない。
なんとか気持ちを盛り上げて,バナナ2本食って暗闇を走り出した。

富士や鈴鹿のサーキットコース的に,50mほどの高低差がある1周6.3kmの周回コースを10周してみた。
b0047100_2336258.jpg


総距離 77.5km
周回路10周 63km 累積標高 525m Ave 33.5km/h (1:52:50) HR 164 CAD 81

こんなハードな夜練したことない。
スピードは好調時より遅いけど,今の自分には,強度的によく耐えれた。すばらしい。
でも富士チャレはこの3倍走るんだよな。。。
何とか脚の合う集団に付いて最後まで走り切りたい。
[PR]

by taka-taca | 2011-10-04 23:51 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://scalatore.exblog.jp/tb/16390486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by curtis at 2011-10-05 22:01 x
中年の星よ!
頑張って!

って、ほどほどにね。
オイラが頑張って追いつけるのは何時だ?!
Commented by taka-taca at 2011-10-05 22:48
>curtisさん,
困ったことに,強い中年が山ほどいるんだよね(笑)
星屑にならないようにがんばるよ。
飲みながら“ほどほどに”ね。
飲むのは“ほどほど”には抑えられないけど。。。汗


<< 回復日      登り強化デー >>