Pendenza20%「飲み喰らい魔ー日記」 第2部

scalatore.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 17日

イタリア自転車事情

近年増え続けるロードレーサーやマウンテンバイク,クロスバイク。
そして自転車問題の発端となったノーブレーキピスト車。
以来自転車のマナーについてメディアで騒がれてきたが(最近あまり聞かないけどもう飽きたのか?),
道路を走る自転車のマナーは,以前より多少マシになったような気がしないでもないが,やはりあまり変わってない。
というか,自転車を運動として(通勤も含む)乗っている人と,近所の買い物や通学の単なる足として使ってる人の間の意識の違いはあまりに大きい。

前にも書いたけど,メディアが騒いだと思ったらいきなり自転車レーンみたいなのを作ったものの,その後取り締まりもなにもなく放置。
去年の話
もちろん今でも逆走だらけの無法地帯。
ま,自分だって高校生の頃はフラフラ適当に走ってたからあまり言えた立場でもないが(汗),
これはやはり社会の問題として根底から変えていかないとダメだろう。

本屋の自転車雑誌がものすごい勢いで増えているが(内容はどれも大して変りないけど),ついには“自転車はここを走る”とかいう本があった。
“正しい自転車の乗り方”を啓蒙する疋田氏の著書だが,考えてみると,この手の話に関心がある人はとっくにちゃんと走ってるだろうし,通学高校生や買い物おばさんがこんな本に目を止めることはないだろう。

ヨーロッパでは自転車は車とほぼ同等に扱われ,さらには自転車レーンも発達し,日本のようにドライバーから攻撃を受けることなどない。
もちろん逆に自転車乗りもきちんと交通ルールを守り,車の流れを妨げないように走らなければいけない。
車道を逆走とかかありえない。



こないだトリノを散歩してて初めて気がついたんだけど,近所の公園に何やら標識が乱立していて子供だちが自転車で走り回っていた。
近づいて見ると,日本の車の教習所のように道路や線路が作られ,自転車の乗り方を学ぶ場所になっていた。
子どもたちを監督しているのは先生らしき人,そして警官もついて指導していた。
b0047100_9124288.jpg


日本でも同じことを小学校の校庭で自転車を使っての交通教室をやっていた(今でもやってるのかな?)けど,
中学高校生になるとそんなのすっかり忘れて縦横無尽に走っている。買い物おばちゃんなんて道路いっぱいにフラフラ走ったりしてるし。。。
この交通教室を中学高校でもやるとか(せめて通学時に左側を走るように指導するとか),自動車学校でも自転車の立場についての講習も入れるとかして意識を高める必要があるのではないか。。。
もしくは疋田氏の本を配布するとかw

そしてイタリアの街中を走る自転車を見ると。
車と同じようにちゃんと右側を走ってる。
b0047100_923920.jpg

b0047100_9231869.jpg


トラムに追われても動じない
b0047100_9234260.jpg

b0047100_9235272.jpg


こんなど真ん中を堂々とw
b0047100_9243697.jpg


イタリアではまだ北欧ほど自転車専用レーンは発達していないが,トリノの街中も年々増えている。
かつては渋滞や違法駐車の嵐だった街中は,一般車両の規制や,広場の駐車場を地下に移動したりして,
歩行者や自転車が安全に気持ち良く行動できる。
b0047100_9273197.jpg

トリノオリンピック以来観光客もうなぎのぼりで,街中を徘徊するバスや,特にレンタル自転車(写真の中の黄色いの)は街のアチコチにステーションがあって借りたり乗り捨てできる(事前の登録が必要と思われる)

トリノの街をうまく周回できるように自転車レーンが延びる
b0047100_9343282.jpg


パスタソースか何かのサンプルを配っていた彼らも自転車レーンをパレード?w
b0047100_9361228.jpg


古いイタリア映画に出てきそうなおじさん
b0047100_9422449.jpg


街中ではロードレーサーはほとんど見られないが,郊外へ出ればたくさん目にする。
でも日本のようにチーム練でガツガツ走ってるのは少なく,1人でのんびり走ってる人が多い。
しかも古いクロモリ車に乗った渋い年配者が結構走ってる。
ヘルメット率は日本に比べてずいぶん低い。
若いローディたちはさすがに皆被ってるけど,往年の自転車乗りたちはやはり抵抗があるのだろう。
いわゆる自転車キャップを被ってる人が多いかな。
このおじさんはバンダナだったけど。
b0047100_9511295.jpg


散歩しながら街中の自転車を観察するのも面白いが,郊外を車で走ると,気持ち良さそうに走ってるロードレーサーを見てやはり胸が痛んだ。。。
[PR]

by taka-taca | 2012-05-17 09:58 | Italia2012 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://scalatore.exblog.jp/tb/18302810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by curtis at 2012-05-17 23:54 x
このバンダナのオジサンがいいなぁ・・・。
おたがい、こうなりたいと思わない?

良くなりますように。
投薬はどう?
Commented by taka-taca at 2012-05-18 08:40
>curtisさん,
もうちょっとおなかは凹ませたいねw

薬は効き始めるまで何週間か掛かるらしく,心身ともに特に変化なし。
今のところ眠気が出るくらいかな。
おかげでジロを最後まで見れないw
Commented by tandega at 2012-05-18 20:59 x
 胸を痛めながらのレポート、ありがたく拝読いたしました。日本も、徐々にでいいから、自転車文化が浸透していくといいね。いや、微力ながら、その方向に行くのを後押ししましょう。
Commented by taka-taca at 2012-05-18 22:30
>tandegaさん,
日本の自転車社会の確立にはまだまだ相当な時間が掛かりそうですが,きっといつか,単なる趣味扱いの自転車から“交通手段”,そしてもちろんスポーツとして認められることを願って走り続けましょう。

古民家再生,日本の原風景の見直しも関心が高まるといいですね。
Commented by ビアンキ・シモン at 2012-05-19 07:18 x
また書いちゃうけど、逆走してる奴らの顔って、
なんであんなアホ面なんだろ?(笑)

で、ジロ。
今日はトリノ通過。
バイクに乗れないTakaさんにとっては辛いけど、見ないとね。
早く回復しますよ~に。
Commented by taka-taca at 2012-05-19 20:41
>ビアンキ・シモンさん,
昨日のジロで通ったMondovi'はモニカの叔父叔母が住む町で,何度も行ってます。
ピエモンテのステージはやっぱり感慨深いものがありますね。

今日はトリノ通るんですね?知らなかった(汗)
で,聞いたらすでに交通規制掛かってるらしいです。
トリノを走るプロトンを見たいような見たくないような。。。


<< 富幕山      バローロの旅 >>