Pendenza20%「飲み喰らい魔ー日記」 第2部

scalatore.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 07日

現状報告と,来季へ向けて

このブログを見てる人はほとんどいないと思うが,自分の備忘録として書いておく。

これまで5シーズンに渡り,冬の間3~6か月ほとんど乗らないリハビリを繰り返してきた。
鍼や薬のおかげで腰も坐骨神経も,痛み自体はかなり軽減され,右ヒザが勝手に開くような痙攣も去年あたりからかなり治まってきた。
しかし,勝手な筋収縮で右脚がペダル1回転ごとに一瞬止まるのは変わらず,強度を上げれば痛みは増すし,坐骨神経の麻痺感も強まり右足が痺れて力が入らなくなる。

冬の間はジョグやスイムで最低限の体力キープはしてきたけど,筋力はやはり落ち続け,春から夏は全くまともに走れない。
で,毎年11月の沖縄に向けて秋からの練習,そして本番のレースまで相当無理して乗り続け,ツールドおきなわ翌日から春まで走れなくなることの繰り返し。

そこで,せっかく痛みも痙攣も和らいできた今年,ここで一気に治すためにも,
迷いに迷った挙句ツールド沖縄を諦めて,このまま腰に無理のない強度で春まで走り続けながら,
麻痺感のある右脚の筋肉をかばう,もしくはその麻痺した筋肉の力を少しでも取り戻すような脚の使い方を見出せるようなリハビリ走をすることにした。

今までは痛む筋肉を弛めることばかり意識して,痛みが和らぐのはいいけど少しかばい過ぎて筋力が低下して,動きが鈍くなる右脚をさらにかばって腰が痛むという,
完全な負のスパイラルに陥っていたように思ったのだ。
なので少し鞭を打つように,痛み痺れるところをあえて動かしてみようかと。
これが正解なのかどうかはわからないけど,もう他のことはやりつくした感があるので,今度は逆療法で。

今年夏前からすでに,基本的な筋肉の反応を確認するように,麻痺する右足親指を普段歩いてる時や座ってる時も常に意識的に動かして,
フクラハギの地味な筋トレみたいなことを続けていた。
もちろん腰回りの,特にインナーマッスルの筋トレは昔同様欠かさない。
時には片足ペダリングで,あえて上手く動かない右脚だけで踏みながら,麻痺して力が入らない筋肉以外の使える筋肉を探したり,逆に力が入らない母子球に力を入れる努力をしたりしてきた。

その甲斐あってか,最近になって右脚でも踏める感覚が出てきて,少しずつ力強く踏めるようになってきた。
ただ,そのために自分の本来のペダリングからはガラリと変えて,やや内股だったのを,未だに勝手に開き気味な右ヒザに左脚も合わせるために,
クリートをずらして両つま先とも若干開き気味になるようにした。
ものすごい違和感だ(汗)

どうしても硬直する梨状筋のせいで右脚が1回転ごとにちょっとつまるから,以前のようにスムーズに回すことはできない。
その代わりに踏み込む時間を短く強くしてメリハリを付けるようにした。
ケイデンスは平均10回転くらい落ちたけど,その分瞬間出力を上げてスピードを上げるように意識している。

8月9月は慣れないペダリングにただただ疲れ,腰回りの痛みも激しく萎えるばかりだった。
ホントに何度も何度も“もう自転車止めよう”と思ったほどだ。
でも我慢して続けてるうちにだんだん筋力が付いてきたようで,10月に入ってからは走るたびに力強くなっている。
1時間くらいで腰の痛みと右足の痺れが強くなるから,高強度なロング練はまだ無理。
でも平地のスピードは,短距離に限れば普通に走れてた頃の1割減以内まで戻ってきた。
むしろ平地は今の踏み方の方が以前より速く走れそうな気がするほどで,最近夜練が少し楽しい(夜はスピードが速く感じることもあるけどw)

しかし,悪く言えばガチャ踏みペダリングで,ギヤも1~2枚重いから登りはキツくスピードが上がらない。
ギヤを軽くして回しても逆に遅くなるから,やはりペダリングの質に問題があるんだろう。
まあでも緩い登りは筋力さえ付けば勢いで登れるし,ヒルクラはとっくに諦めてるからこのまままずは平地のスピードアップから。

こんな走り方をするようになって気になるのは引退したばかりのフォイクトの走りだった。
彼がツールで独走しているフォームやリズム感が何となく今の自分に合っているような。
かつてはウルリッヒのフォームしか目に映っていなくて,あの静かに流れるようなスムーズで,かつ力強いペダリングに憧れた。
だから今までは上体を固定する意識が強かったけど,今はペダルを瞬間的に強く踏むために状態が多少揺れていると実感する。

こうしてペダリング大改造するためにポジションの微調整(サドル高とクリート位置)に夏からずっと悩んでいたけど,それも最近ほぼ固まった。
もし右坐骨神経の感覚が戻れば,また元の位置に戻すかもしれないけど,現状ではかなりいい感じのポジションが出ている。
坂を登るにはまだまだ問題が多いけど,とりあえず平坦基調のロングを気持ちよく走れる状態になればいい。

一番重要なのは,

今5年ぶりに,自転車に乗るのが楽しい,ということだ。
この気持ちを冬中キープできれば,来シーズンはきっとまたレースを楽しめるはず。

ツールド沖縄まであと1年。
[PR]

by taka-taca | 2014-11-07 13:45 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://scalatore.exblog.jp/tb/23700051
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by きのり at 2014-11-08 19:47 x
楽しく走れるのがなによりですね。
Commented by taka-taca at 2014-11-10 15:36
きのりさん、
もう諦めかけてたのに,また楽しく乗れそうでうれしいです。
まるで自転車に乗り始めた頃のような気持ち走ってます(笑)


<< ミカン畑をひたすらアップダウン練      島人さん@浜松 イタリアンディナー編 >>