Pendenza20%「飲み喰らい魔ー日記」 第2部

scalatore.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 30日

初激坂

3月27日(日)

昨日のレースリタイヤはやはりかなりショックで,このままでは八ヶ岳のヒルクライムなんて走れない.やはりその前に一度は実戦ペースで走らねばと,今日は暖かいことだし今年初,5ヶ月ぶりに秋葉山を登った.
いつもながら初登りは“去年のように登れるだろうか?”と不安だ.いつものように春野周回コースで体をあっため,三倉の峠トンネルで心拍180まであがるように徐々にペースを上げてアップは万全.そのまま春野町から進路を変えて秋葉山へ向かった.

全長7.6km,平均勾配9.4%(ポラールのデータ)最大勾配約13%(もっとありそうな気もする)のこの坂,須走口ほどではないが,立派な超級クラスでいつも覚悟を決めて登りだす.
最初の1~2kmがいきなりきつくすぐに心拍数は180へ達する.そのあと一旦勾配は若干緩むが心拍数は170を切ることはない.きついとこは190まで上がる.こんなに追い込むのは今年初めて.何度か途中でやめたくなったが,今日もリタイヤしたら立ち直れないからとにかく最後まで行く事だけは決意.
b0047100_15123649.jpg
~秋葉山のデータ~(カシミールで計測)


b0047100_16444499.jpg冬中燃焼系サイクリングに徹しただけに筋力不足は否めず,後半は脚が重かったが思ったよりは無難に登りきった.タイムも37分台で夏場の調子が悪い時くらい.この時期にしては十分すぎるほどだ.
今年は腰の調子がいい分,シッティングが長続きする.(断続的に立ち漕ぎして腰を開放しないと走れないのだ)詳しくはまたにするが,去年12月からフォームとペダリングの改造に取り組んできたのだが,その成果を多少なりとも実感できた.

心臓を回しきることへの不安も解けたし,これで4月の八ヶ岳は何とか走れるだろう.

去年より4kg増の体でこれだけ走れたんだから減量すればもっと楽に登れるだろうし,これからどんどん追い込んで筋力もアップさせねば.
とにかく,自転車へのモチベーションは復活してきたことがうれしい.やっぱ苦しい時こそ激坂を登るに限る.やっぱ俺は“坂馬鹿”なのだろう.....
[PR]

by taka-taca | 2005-03-30 15:15 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://scalatore.exblog.jp/tb/2391640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by emi at 2005-03-30 21:30 x
 おおお~。登りましたね!登坂は集中が切れると一気に足が止まりますから、気持ちもOK、ということでしょう。八ヶ岳が楽しみになってきましたね~~。
 かく言う私も、冬場は平地が多かったため不安ばかりでしたけれど、日曜日にヤビツに行き、少し落ち着きました。きついけれど頑張ります。
 そうそう、先日ゼッケン番号が届きました。私は7番目のクラスで704番です。ということは、女子は4人?あいうえお順でも、歳でも、多分最後だと思うんだけど…。まあ、去年も4人だったけどね~(^^;)
Commented by taka-taca at 2005-03-30 22:54
そーいえば,去年の八ヶ岳は同じ宿からダブル入賞でしたね.今年は宿は違いますが一緒にがんばりましょう!また同時スタートならemiさんを引っ張りますよ.(逆にひっぱってもらったりして...)

それにしても,坂を登って気分よくなって帰ったら祖母が大変なことになってました...心から笑える日がまた遠のいてしまいました.


<< 青天の霹靂      レースの後のお楽しみ >>