Pendenza20%「飲み喰らい魔ー日記」 第2部

scalatore.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 27日

夏休みの自転車

山のアパートの麓の村からここはまでは10km 700mの登り坂。
元気だった頃は毎日のように登ったり、トリノまで往復したり、セストリエールのさらに向こう側に降りて往復して最後のこの激坂を登って帰ったり。。。
去年は一度も登らず、辛うじてガリビエには行ったものの、自転車に乗る気が失せていた。
今年も坐骨神経の麻痺感からくる足のカクンカクン症と痺れは治らず、腰痛はむしろ悪化気味。
春から乗り始めたものの、浜名湖の平坦を50km程度走るだけで、山どころか浜名湖の丘すら厳しい状態。
夏前あたりから負荷をかけずに軽いギアを回すことが徐々に楽になってきているが、山を登るなんて頭の片隅にすらなかった。
b0047100_16454017.jpeg
天気が悪ければバルコニーでローラーくらいはするつもりでいたけど、ビールのための運動は今年も山歩き中心になるだろうと思っていた
その通り、山の初日2日目とモニカと山を歩いたりジョグしたが、2日目の午後にローラー乗ってるうちに自転車乗りたくなって、3日目に麓の村から10km 700mの登りにトライすることにした。
途中で力尽きたら車で迎えに来てもらうつもりで、とにかくゆっくり登ればいいと、気楽に乗ってみることに。

平坦部を除けば終始7〜8%で所々10%超えで最大16%の激坂。
出だしから最後までインナーローで淡々と走り続け無事完走。ちょうど50分。
無理だと思ったけどゆっくりなら何とか登れるものなんだ。
思えば山を登るのは去年の4月の秋葉山以来1年4ヶ月ぶりにもなる。
まさかこの激坂を登りきれるとは思わなかった。
これまで平地でじっくりリハビリライドしてきたのは無駄にはなっていないよう。
そろそろ秋葉山も行ってみようか。。。

朝の下り10kmは寒くウィンドブレーカー着てゆっくり下り、村で湧き水を汲んでスタート


ゴール前は超激坂
しかしビデオが途切れてた。。。



[PR]

by taka-taca | 2016-08-27 17:40 | Italia 2016 | Comments(2)
Commented at 2016-09-18 23:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-09-28 16:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< セストリエールを登りながら自転...      夏休み ② in 山 >>