Pendenza20%「飲み喰らい魔ー日記」 第2部

scalatore.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 31日

Bike Navi 修善寺

5月29日(日)

バイクナビ主催の修善寺CSCのレースに参加した.一般参加レースで唯一8kmフルコース使用で楽しめるレース,のはずだった...

事故詳細は前記事に書いたので省くが本当にショッキングな事件だ.ただ,転倒シーンを見たわけでもなく,搬送ヘリの音にも気づかなかったので,自分のレースでの出来事とは思えない.とはいえ人事ではない.次は我が身と気を引き締めなおさないと.

さて,レースはというと,3月にここへ来た時の失敗を繰り返さないよう,まずは家を早く出て,道も間違えないよう気をつけた.6時半頃出発して8時40分着.レース前に試走を2周できた.
去年走った時を思い出しつつコースをチェック.相変わらず下りきった後のコーナーでの道路の継ぎ目が気になる.特に事故が起きたコーナーは奥がきつくなる複合カーブでおまけにちょうどバイクを傾け始めたいところに8kmコースと5kmコースの継ぎ目が盛り上がっていてちょっとはねるから,その手前でブレーキングを終えて,段差を超えてからバイクを傾ける.コーナー進入速度は落ちるが,そのまま下りが続くから早めに漕ぎ出して再加速するしかない.試走してパンとバナナを口にして,少し休んでさらにコース脇で20分ほど体を温めスタートを待った.

ここ数週間全く追い込んでないおかげで疲れもないし,朝食,アップも完璧,全く言い訳できない状況でかえってプレッシャーが...?

11時20分レーススタート.
b0047100_0103659.jpg出走者は20人ほどで少ない.体調もいいし,あわよくば優勝,などと考えつつまずは他選手の様子をみつつ1週目を無難に走った.
下りでは体重差のせいか,明らかに他の選手より進んでしまうが,早めのブレーキングで慎重にコーナーを曲がる.がそのためにその後の加速で遅れ,登りの入り口で毎回前との距離を空けてしまう.去年から全く成長していないが,まだコーナーの進入速度や上り口のギア選択が掴みきれていない.とにかくトップについてくために登り終わるまでに追いつくのに脚を使ってしまう.

2周目に入ると集団は半分くらいに減っていただろうか.ホームストレートで先頭に出るのを我慢して2,3番手をキープしていたら先頭の人がボトルを落っことして後輪で踏んづけ,その水しぶきを浴びた.スピードが乗っているだけに誰もこけなくてよかった.
やはり何が起きるかわからないので,下りでは他車となるべく間隔ととるように心がけた.
2つ目の下りでやはり体重差でスピードが出るせいか思わず先頭に出てしまったが,とにかくこけたくないから慎重にコーナーを曲がっているうちに登りかけでまた数人に抜かれた.さらにその中の一人がするするっと飛び出した.
あっと言う間に30メートルくらい離され,そのまま8キロコースへ分岐する坂を登っていく.
ここで遅れたら終わりだと思い先頭を追うが,他に誰も追ってこない.先頭にもなかなか追いつかず気がつくと単独2位.“やばい,また得意(?)の一人旅だ”と思い,このまま追いつくまでがんばるか,一旦集団に戻るか迷いつつ,無理のないペースで先頭を追う事にした.
5キロコースに戻り後を振り返ると数メートル後方に7,8人.何だ,全然離れてなかったのか,やっぱ戻っとけばよかったと思いつつも,このまま引き連れていくとずるずると順位を下げる危険性があるから少し人数減らそうとペースアップ.するとその中から2人が付いてきたようで,さらにその一人が並んできた.

b0047100_0122699.jpg最終周回で勝負,あわよくば先頭にも追いつきたいと思いながらモニカが待つ最後の坂を登った.そこで間抜けな事件発生.写真を撮ってくれていたモニカが何故かあさっての方向を向いていたから“Ou! Sono qui!!”(おい,こっちだぞ)と振り向きながら手を上げて声を掛けたその瞬間,コース脇の植木に突っ込んだ.なんとか転倒は免れたが脚を付いて止まってしまった.その間に2人に抜かれ,再スタートに手間取ってるうちに見る見る離された.
ホームストレートの下りでも追いつかずがっくり.その後も登りで何度か近づいたが,下りで慎重になっている分追いつけない.
そうこうしているうちにさらに一人が追いついてきた.もう4位も5位も同じだと,いつものようにあきらめにはいるところだったが,今回はちょっとがんばった.
一旦抜かれたが一番長い登りの頂点で抜き返し,そのまま5キロコースへ向かう問題の下りで今日初めて踏み込んで一気に離した.もちろんコーナーは慎重に曲がり,更に続く下りから最後の登りへ入って後ろを振り返ると十分な差がついていた.b0047100_015964.jpgでも気を緩める事なく最後の登りを立ち漕ぎでがんばり後は下って単独ゴール.(問題の植木前を通過する)







本当に情けないミスで2位争いから転落しての4位だが,今回は極力シッティングでこなすという目標をある程度こなせたし,心拍180超えっぱなしからさらにもうひと踏みすることもできた,がしかし,24kmと短いこともあり脚が有り余っているし,もう一歩追い込めなかった.やはり心肺機能と精神力が弱いのだろう.
それに,このコースで勝つにはまずコースを熟知すること,そしてある程度のリスクを負って下りコーナーに突っ込むことが必要だろう.でもさ,怖いものは怖いんだよ.あんな荒れた路面に80kmで突っ込んで曲がれるかっつーの.
下りで軽く漕いだだけで時速72kmを超えてたのに,ちょっと踏んだら80kmなんて楽に超える.そのスピードを生かして登りに入ればかなりタイムは稼げるだろうけど,家族もいれば仕事もある.やはりこんなとこで無茶はできない.
ただ,今回の展開だと駆け引きとかにこだわらずとっとと先頭にたって,自分のペースで走った方がよかったかもしれない.それが悔やまれるといえば悔やまれるが,何よりも怪我なく,しかも一応入賞したのだから満足だ.

b0047100_0192947.jpg前述の通り,表彰式も抽選会もキャンセルとなり,温泉に浸かって帰路についた.
(間抜けなコースアウトの証?自転車のブレーキバーやギアにも小枝がからんでた...)

ただ,今冷静に考えると,あのコーナーは確かに難しく危険で,こける可能性は高いとしても死ぬほどの勢いでコースから13m離れた自販機に突っ込むだろうか?勘違いして真っ直ぐノーブレーキ?それも考えにくい.こけてコースアウトしても骨折とかで済みそうな気もするが,その瞬間を見たわけではないので何とも言えない.もしかしたら意識を失って突っ込んだかも知れないし,ただ単にコースの下見不足かもしれない.運営上の問題か自己責任か,これからもめるんだろう.いずれにしてももうこの8kmコースは閉鎖されるのだろう.少なくとも一般人向けレースでは...
とにかく本当に悲しい事故で,しかも自分のレースで起きたことがショックだ.これまで以上に真剣に気をつけて練習,レースに臨もうと誓う.

温泉から出てすでに午後2時.腹が減っていたが,せっかくだから清水でいつもの回転寿司を食いたかったからちょっと我慢.魚がし鮨は沼津に本店があるのだが,やっぱビール飲みたいから高速嫌いなモニカが一般道を運転して帰れる距離ということで清水の魚がし鮨まで行く事にした.
そんなわけで昼飯(というか晩飯)が4時過ぎになってしまったが,我慢したぶん,思い切り食って飲んだ.レース中の事故が気になったり,ロメオのこともあって,入賞にも浮かれた気分にはなれないが,うまい寿司を腹いっぱい食って,しかも一応入賞の自分へのご褒美に平目のお造りも食った.寿司は二人で20皿,ビールも2リットル飲んで大満足.
帰りは悪いと思いつつモニカに運転を任せのんびり帰宅.

真っ暗なロメオの庭.ロメオがいないとこんなにも静かなのかと今日も肩を落とす.
[PR]

by taka-taca | 2005-05-31 00:25 | レースレポート | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://scalatore.exblog.jp/tb/2841097
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2005-06-01 01:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-06-01 01:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-06-01 01:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2005-06-01 01:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by taka-taca at 2005-06-01 07:39
匿名さま,丁寧なコメントありがとうございます.他にご返事の方法がないので,失礼ながらここで...
やはりお子さんもいたようでとてもショックです.当日の朝,“パパ,がんばってきてね”と送り出されたんだろうと思うと胸が痛みます.

どの新聞でも“スピードの出しすぎ”とか“見通しのよいカーブを曲がりきれず転倒”とか書いてあるだけですが,これからもっと詳しく調べられることを願います.できればきちんと公表してほしいと思います.

僕はその現場を見ていないので何ともいえませんが,あのコーナーには係員も何人かいたし,後ろを走っていたレーサーがいれば何かしら気づいているかと思うので,彼らからの証言も必要になるでしょう.
Commented by taka-taca at 2005-06-01 07:45
いずれにしても,たとえば僕が20代の頃やっていたスキーのダウンヒル草レースでも,もちろん転倒は選手の責任としながらも危ないカーブには分厚い防護マットやネットが立てられていたし,コース整備も万全でした.何しろ2本のスキーで100km以上のスピードが出て,毎年数人の骨折者が出ていましたから,それでないと滑れません.(それでも怖かったし,友人も何人か大怪我しました...)

やはり事故が起きたコーナーも60km以上のスピードで突っ込んでくることがわかっているのだからもう少し対策が練られてもよかったのでは,と思います.コケタ選手が飛んで行きそうな場所に自販機がそのままおいてあるのはやっぱやばいかと...
Commented by taka-taca at 2005-06-01 07:52
僕ら素人の1参加者が何を言っても聞いてもらえないでしょうが,あのコースは僕も好きだし,今後改善されてまたレースが開催されることを祈っています.
匿名さまのレースへのご理解もとてもうれしく思います.

あと,保険ですが,主催者が傷害保険に入っていると思いますが,死亡事故の補償がどの程度なのかわかりません.
僕もこれを機に,個人でスポーツ保険に入るべきかと考えています.

最後に,改めてご冥福をお祈りいたします.ご家族の方には言葉が見つかりませんが,お子さんのためにもがんばって立ち直ってほしいです.
Commented by kazuya at 2005-06-03 20:51 x
レース中にコース外の家族に手を振って集団落車を引き起こしたのを目撃したことがあります。
お気をつけくださいませ。

被害者にも加害者にもなりやすい自転車ですから保険は必須だと思います。
Commented by taka-taca at 2005-06-03 22:29
ご忠告ありがとうございます.知り合いからも集団落車で怪我した話はよく聞くので怖いです.修善寺は最初の登りですぐにバラけるからいいけど,群馬CSCとか西湖とかはやはり怖くて出る気になれません.今後もヒルクライム中心にレースを楽しんでいきます.


<< 検索      レースで大事故が...(俺じゃ... >>