2006年 05月 03日

湿布で疾走

昨夜湿布貼るの忘れて寝たらまた腰(ケツに近いか)が熱く痛く夜中に目が覚めた.
打撲箇所もまだまだ完治じゃないのかなぁ...
朝起きるなりすぐに湿布貼って仕事して,湿布貼ったまま自転車に乗った.

今日は午前中で仕事片付けて本宮山超えて作手村にフランクフルト食いに行こうかと思ってたんだけど,仕事が10時で一旦中断し,午後3時くらいまでできなくなり,半端だけど仕方ないのでせめて浜名湖1周しようと走り出した.

昨夜からのじめじめした空気のせいか元々の腰の痛みも大きく,空もどんよりとしていてイマイチ気が乗らないけど,昨日も走ってないし,ローラーはもっとやる気ないから走ることに.
出発してすぐに雨がパラつき引き返そうか迷ったが,すぐ止むと思い前進.
したら強く降り出し路面もすぐにウェット.
たまらず高速道路高架下に避難して2,3分待つと雨が弱まったので再スタート.

相変わらず平地をゆっくり走る分には腰の痛みも大したことはなく気持ちよく走れる.
しかし,オレンジロードのちょっとした登りでは脚が重い...
帰って仕事することもあって,なんとなく消化不良で82kmだけ走った.

そういえば,明日から浜松祭りか.
例年なら4月頭からあちこちでラッパの音とかして騒がしいのに今年は何となく静かだな.
祭りに興味ないからどーでもいいけど.



元々は長男が生まれたことを祝う祭りだったようだが,近年は少子化の影響か,男女平等論の影響からか男でも女でもどっちでもいいらしい.
その年に子供が生まれた家を練りまわり,赤ん坊を放り投げて祝ったり,たくさん寄付金を出すと,大凧に名前が入って砂丘の凧合戦で揚げられるらしい.(詳しいことは知らん)

俺は長男,しかも親戚中で一番早く生まれたこともあり,相当盛大に放り投げられたらしい.
その後,小学校低学年くらいまでは親戚の地区で参加していたが,次第に行かなくなり,高校になって同級生と数年ぶりに参加して以来今まで一度も参加してない.
人ごみが大の苦手だから見に行くこともなかった.

それが,2年前,モニカの両親に見せようと久々に昼の凧揚げも夜の屋台も見に行ってみたら意外と面白かった.
写真を撮るのが趣味になってたこともあって,被写体にはこと欠かず楽しめた.
でも1回行けばしばらく行かなくていいって感じだ.いつ見ても同じだし.
でも,今年また写真撮りに行きたいな.

というわけで,見たことない人たちのために,前回撮った写真を何枚かアップします.
(写真をクリックするとイチイチでかくなるよ)

b0047100_23523421.jpgこうして子供が放り投げられる.もちろんおお泣きだ.













b0047100_0501454.jpgその凧はこんな風に各町ごとに上げられ,その糸をわざわざ絡めて互いに切り合って争う.







b0047100_23575773.jpg凧は馬鹿でかくて,数十人がかりで引っ張られる.








b0047100_23592334.jpg寄付金の額によって大きさが違うとか聞いた気がするが,その大きさは4畳半くらいからでかいのは10畳くらいだろうか.







b0047100_0247100.jpg夕方からは市街地を屋台引いたり練り歩いたりする.







b0047100_041783.jpg








b0047100_051423.jpg各町ごとに競い合うように立派な屋台.







b0047100_062447.jpg








b0047100_073864.jpgその屋台にはしっかりおめかしした小学生の女の子のお囃子部隊が音楽を奏でる.






b0047100_092041.jpg







b0047100_095477.jpg









普段は夜な夜な塾に通う子供たちを見て悲しいやら情けないやらで気が沈むが,そんな子供たちがこの時ばかりは輝いて見えてホッとする.

まあこの3日間のために生きてる浜松市民が何十万人いようと構わない,楽しいのもよくわかるが,スーパーで3日間“激練りのラッパ”を流し続けるのはやめて欲しい.頭痛くなる...
[PR]

by taka-taca | 2006-05-03 00:15 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://scalatore.exblog.jp/tb/4548697
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mamecoro at 2006-05-03 01:05
taka-tacaさんの写真は本当に美しいですね。1つづつ大きくして拝見したらカメラの腕前に本当に感動してしまいます。taka-tacaさんは長男でいらっしゃるのですね。「相当盛大に放り投げられたらしい」という文をみて、赤ちゃんの頃からアスリートになる道が定められていたのだな(笑)と思いました。腰に痛みがあるとのことで本当にお辛いですね。どうぞお大事にされ元気いっぱいのtaka-tacaさんに戻られますように。それにしても自転車が大好きな気持ちが半端でないですね(・д・ノ)ノ
我が家のmaritoは熟睡中です(笑)
Commented by taka-taca at 2006-05-03 07:35
>mamecoroさん,
写真誉めてもらえてうれしいです.腕前,というか技術的に持つものは何もなく,自己流でただ感性だけで撮ってます.
ただ,自転車と同じで“まずは機材ありき”で,撮る(乗る)のが好きなのか,カメラ(自転車)そのものが好きなのかわかりません(笑)

生まれたと同時に放り投げられてすでにスパルタ教育受けてたってことでしょうかね(笑)
だから少々の痛みにはくじけない肉体と精神が育ったのかも!?
(注射は怖いけど...)
でももう大人なので(ホントか?)本気で無理はしません.

maritoはそのまま寝かせといて,少し体脂肪率を蓄えるようにさせといてください(笑)


<< 久々の馬鹿まんじゅう      登れない,もがけない... >>