2006年 07月 01日

ツールド美ヶ原2006~レース前後~

今日から始まるツールドフランスをあれほど心待ちしていたのに,そのツールにウルリッヒが出ない.おまけに多数の有力選手がドーピング疑惑で出れなくなって興味半減...
ドーピング疑惑(今のところあくまでも“疑惑”)の行く末も見守りたいし,何はともあれツールはやはり見たい.ある意味,有力選手がいないことでこれまで日の目に当たれなかった選手たちが目の色を変えて臨んでくるだろうから,純粋に自転車レースとしては面白くなるかもしれない.と,そう期待することにでもしておこう.....

さて,そんな中,明け方の雨から一転晴れ間もさす曇り空.週末の分までにと,水木にペース上げて走り,昨日も1時間軽く走って更にTip行って筋トレにステップまでして疲れてたけど,来週の大台ケ原に向けて,秋葉山を登っておくことにした.
大台ケ原のコースは28kmと長く,しかもその中に秋葉山が丸ごと収まったようなコース.たぶん他のどのヒルクライムよりもきついコースだと思う.
そのレースを想定して,今日は船明ダムから秋葉山頂まで一気に走ってみた.
秋葉山の途中までは意外にも軽快で,35分くらいでいけそうなペース.ところが前回同様中盤の激坂で失速したまま残りは惰性.結局今日も37分台.もう今年はこのままダメかも?
まあでも今日はかなり疲れてたし,腰の痛みも少なめだったからまあ満足.
その後はいつものように横山から熊へ登る気力がなく,まっすぐ帰宅.

そして,午後はうれしいことがあった.
“元”Tip友で今や“家族ぐるみでのバカ食い仲間”である“山小屋の番人”ことトーリーノさんがついにローディデビューを果たしたのだ!
見るからに自転車,それもヒルクライムに向いていそうなその体を見て,去年からずっと“煽って”きたのが,この春ついに実を結び(?)ロードレーサー購入にいたった.

ここ数ヶ月一緒に相談したり,本人が悩んだ結果手にしたのはLOOK,それもフルカーボン!
b0047100_16414199.jpg

カーボンらしく黒いフレームに赤のアクセントがまぶしくてカッコいい.
ウエアもシンプルで自転車とも合い,しかもスキーやジムで鍛えた体によく似合う!
どっから見ても,もう何年も前から自転車でトレーニングをしているローディのようだ.
筋肉質な体はいかにも速そうで,スポーツに対する姿勢からしてもきっとすぐに速くなるだろう.
俺もウカウカしてられないな.
トーリーノさん,デビューおめでとーーー!!!
今日一緒に走れなくて残念だったけど,これからお互い自転車と楽しく付き合って生きましょう!
もちろん飲み食いはこれまでどおり,いやそれ以上にガンガンいきましょう!
走った分食えるんだから楽しいですよー!






今年で5回目となったツールド美ヶ原,レース前夜は麓の浅間温泉に泊まるわけだが,
これといった決め手となる宿がなく,毎年変えて今回5件目.
その宿はココ(携帯に登録し忘れたうえに宿の名前うろ覚えなのが浅間温泉に着いて発覚!でも電柱の看板で宿の名前見て何とか思い出した(汗))

どう見ても立派な旅館で料金も和室はそれなり.なんだけど,何故かツインの洋室があり激安だった.(レース特別料金だったのかな?)
温泉もあって,晩飯も一般客と変わりなさそうだった.(たぶん)
それに朝5時におにぎりを用意してくれたり,旅館らしく荷物持ちの人もいる.
やはり土地柄和室の方が人気があって,洋室はおまけ,ということなんだろうか?
うちとしては,そもそもベッドの方がいいし,レースで行くと部屋でくつろぐ時間なんて全くなくて,温泉入って飯食って寝るだけだから部屋が広かろうが狭かろうが全然関係ない.


b0047100_1646857.jpgそんな宿での晩飯は,部屋食とはいかなかったが(洋室なんだから当然か),その食堂がまた豪華.
しかも畳なのにテーブル&イスで,正座ができないモニカも安心♪



















この時点でほぼ満足.どうせ旅館の飯なんかは期待してないし,すでに目の前にならんだ天ぷらとかが冷めてるのは旅館だからと諦めるしかない.
後はビール飲んでご飯さえしっかり食えばいいのだ.
b0047100_16464817.jpg



だけど,おかずもなかなかうまかった.
刺身が山の宿にしては珍しくなかなかうまかったし,冷めた山菜の天ぷらもまあまあイケた.
何故か洋風(というかイタリアン?)のチキンのトマト煮は,味付けはよかったものの,これは冷めてはいかん!
と言いつつもモニカの分まで食いきった.
でも鍋(1つ上の写真の左)は火にかけてあるから熱く,中身は豚の角煮でこれはマジでうまかった.
b0047100_16473453.jpg



b0047100_16482094.jpg後は茶碗蒸しとか小皿数品.どれも普通にうまかった.
そして,この宿を選んだ理由のひとつ.五穀米のごはん.
釜飯風で,炊き上がるまでに時間がかかったが,シメの頃にちょうど炊き上がった.
味はうまかったけど,量が少なすぎ.これをおかわりでいっぱい食うつもりだったのに,残念!
でも,おかわりできるかは聞かなかった.実はそこまでにモニカの分まで食ったりしてたから腹いっぱいだった(苦笑)









ま,とにかく“宿めし”としては十分満足できた.
ビールはここで2本飲んで,部屋で缶2本で締めて2リットル.昼と合わせても3リットル.
やはりビールの量が足りなくてレースで力が出なかったんだろうか!?
レース前なんだからもうちょっと飲まないと...


そしてレースは既にお伝えしたような結果でした.
b0047100_16492464.jpg



レース後は温泉入ってとっとと撤収.

昼飯は温泉街の蕎麦屋で

b0047100_16502490.jpgもちろん蕎麦屋行って蕎麦だけ食って帰る俺たちではない.
まずはやっぱり山菜,それに蕎麦粉の薄焼き.














b0047100_1651449.jpg蕎麦の刺身













b0047100_16513599.jpgそばがき,これうまかった.
蕎麦よりうまかった(笑)














b0047100_1652434.jpgそしてようやく蕎麦.一応10割蕎麦にしてみたけど,隣で食ってた“水蕎麦”がうまそうだった.
とりあえず2枚食ってみたけど,普通の二八蕎麦でもよかったかも.











今回も2日間,自転車に飲み食いに楽しい旅だった.
ちなみに,今回の宿はホントに気に入ったので,来年の予約を入れてきてしまった.
ということで,来年もまたあの激坂に挑むことは確定(苦笑)
[PR]

by taka-taca | 2006-07-01 16:55 | レースレポート | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://scalatore.exblog.jp/tb/5158373
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 山小屋の番人 at 2006-07-05 10:05 x
デビューまでの長い道のり、色々とアドバイス有難う!!!
これだけ褒めちぎられると次に何が来るかチョッと不安です。(笑)
先ずは、楽しみながらスタートしていきます。今年の夏は山岳ツーリングが楽しめるようになればと思ってます。
レースの合間の『お休みモード』の時にアドバイス宜しくお願いします。
PS:どぉ~も、ペダルの無駄踏みが多い様な気がする今日この頃です。(笑)
Commented by taka-taca at 2006-07-05 13:21
>山小屋の番人さん,
次は秋葉山で一気に奈落の底へ突き落とす予定(笑)
なんて,その前にまず浜名湖を楽しく走りましょう.国民宿舎の坂は煽るけどね(笑)

“酒飲み自転車伝道師”として,また一人,自転車の魅力を理解してくれる人が増えてうれしいです♪


<< ウルリッヒショック...      レース遠征の本質 >>