Pendenza20%「飲み喰らい魔ー日記」 第2部

scalatore.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 29日

乗鞍~前日からスタート前~

“夏が終った”のは気のせいだった,というか乗鞍限定だったようだ...
冷房もない作業場は相変わらずありえない暑さ.午後はついに機械の基盤がオーバーヒートでダウンしたほどだ.
俺自身も朝から目まいと吐き気,頭痛腹痛に悩まされ,ただでさえ形状変更とかで遅れてる仕事が全然はかどらずイライラ

苦しくも楽しかった乗鞍の思い出を忘れる前に(レース内容は忘れたいけど)書き残さねば.
b0047100_22323679.jpg


というわけでまずは結果報告.
タイムは1時間10分57秒,チャンピオンクラス84位,総合145位だった.
去年(8分15秒)はおろか,おととし(9分47秒)よりも遅かった.
2002年初出場(13分15秒)よりはマシで少しホッとした...
ゴールでは何の感動もなかったし,途中でやめようと思うくらい一旦ペースダウンしたのに,後半気を取り直して最後までがんばった甲斐があってかこの程度の遅れですんで,今冷静に考えるとこの体調にしては上出来だったと思う.
とにかく,照れ隠しみたいにわざわざ遅く走るのは自分の本意ではない.だから,遅いとはわかりつつもギリギリまでがんばった.

b0047100_22333162.jpgそんな自分のがんばりへのご褒美に日曜日の夜は馬鹿食い&ビール4リットルで心身ともに癒し,昨日の昼はモニカがベルナールのケーキを買ってきてくれて糖分補給.


さて乗鞍遠征レポート,まずはレース前の様子から.

乗鞍のレースが終ると夏,というか自転車シーズンが終ったような気分になる.
まだレースはあるのに“来年へ向けて何をするべきか”と考えてしまう.
まさに“一年の計は乗鞍にあり”って感じだ.
きっと多くの人が同じように思っているだろう.
なんだかんだ言ってそれだけ乗鞍は特別なのだ.

今年は腰の状態が悪く不安ばかりが募っていたが,やはり思い通りに走れず美ヶ原同様悔しい結果に終った.
とにかく脚にまったく力が入らず,気持ちが切れて集中できず,“今後のレースへの取り組み方”とかを考え込んだりして頭の中がモヤモヤしながら走り,苦しいだけのレースだった.

“腰の状態がよくなって,もっと上を目指してがんばれるのか,このまま痛みをごまかしながら中途半端に続けるのか,それともあきらめてエンジョイレーサーになるのか,もしくはいっそレースに出るのをやめて普通のサイクリストになるのか,来年の乗鞍はどうするのか...”
と自問自答を繰り返していた.

“そんな大げさな”って思う人もいるだろうけど,あくまでも自分なりに腰痛に耐え,個人的な達成感や満足度とか楽しみ方についての想いなのであしからず.


さて,苦しかったレースはひとまず置いといて,今年は新しい出会いもありレース以外ではいつも以上に楽しめた.




金曜日の夜,疲れ果てながらも慌ててレースの準備.とにかく疲れた体を少しでも休めるために12時には寝て,朝はゆっくり起きて9時ごろ浜松を出発.
松本まで高速で行けば4時間程度だが,あえて中津川からは国道19号,乗鞍スーパー林道を走り乗鞍へ.
高速料金の節約もあるが,スーパー林道沿いの蕎麦屋に立ち寄るのが目的だ.
b0047100_2221084.jpg

そのために1時間以上ロスするのは大きいが,ひなびた店内で食べる石臼で挽かれた手打ち蕎麦はなかなかうまいし,山菜も楽しみの一つ.
ところが今年は単品の山菜がなく,蕎麦類しかなく残念.国道19号の渋滞にイライラしたり,スーパー林道をクネクネ走るのも疲れるから来年からはもう来ることはないだろう.
ここのおばちゃんに毎年言われる“運転手さんは飲んだらダメ”も,もう聞くこともないだろう...
(もちろんそこからはモニカが運転するのにイチイチ言われるのがコウルサイけど,最近飲酒運転の死亡事故が多いし,店側のこういう態度は必要だろうとつくづく思う)


予定通り2時ごろ乗鞍に到着.
宿に車を置いて,まずは足馴らし.ここはコース内の試走はできないから毎年付近を上ったり下ったりして流す程度しかできないが,今年はとにかく疲れを取りたかったし,モニカも自転車に乗りたがってたので,モニカのペースで小1時間ていどのんびりサイクリング.と思ったらいきなりパンク.
b0047100_22212872.jpg

大台ケ原でスローパンクした後輪は換えたが,換えてなかった前輪がパンク.まだ大して減ってなかったけど2年間付けっ放しだったからそろそろ潮時だったんだろう.

モニカに付いてのんびり走っただけで,なんの練習にもならないけど,リラックスして疲れた体をほぐせたかな.
で,高原と言えばとりあえずソフトクリームだ.ブルーベリーと抹茶味を食べ,黒ゴマと生乳も食べようと思ったが,列が長くなっていて,受付時間も気になりだしたので会場に向かった.

tinoueさんには,乗鞍についてすぐに会えたけど,今回会えそうな他の人たちにも見つけてもらいやすいようにイタリア国旗カラーのジャージを着ていたからかどうかわからないが,モニカが一緒だったこともあってか,すぐにvitamontetsuさんに見つかった.
b0047100_22381280.jpg

初対面ながらブログの話とかで盛り上がり30分ほど立ち話.受付終了時間がせまるアナウンスにハッとして,vitamontetsuさん夫妻と別れ受付を済ませた.
その後マリアローザのF海君,T松さんと会うが,あまり話をする時間がなく残念だった.

5時過ぎにようやく宿にチェックインし,すぐに温泉に入り,去年もここで会った人たちと再会しのんびりと湯に浸かった.
6時半の夕食までまだ少し時間があり,喉が渇いて待ちきれず缶ビールを一本.tinoueさんから渡された子供たちからのプレゼントはホットビーズ,自転車乗りとピッツァだ!
b0047100_22251732.jpg

なんと自転車のフレームがビアンキカラーなのが泣かせる.そしてピッツァが一切れ切ってあるのは子供のこだわりだった.このセンスにはモニカも驚き.
それまで気分が乗らずにいたが,これで勇気がわいてきた.ありがとMちゃん,Aちゃん!
“たかおじちゃん”はがんばったよ!

よーやく(といっても6時半)晩飯の時間だ.
この手の宿にしてはまあまあな晩御飯.馬刺しも天ぷらも肉もモニカが食べないから二人分食えば量も満足.
馬刺しは新鮮で,特に外の炉辺小屋で焼かれる岩魚は美味♪
馬刺しのタレのニンニクが効きすぎたのか,夜中に目が覚めたとき自分がニンニク臭いのに気づいた...
ビールは夕食にビン3本,部屋で缶3本,結局3リットル飲んでやめといた.もうちょっと飲みたかったけど,つまみもないし,あまりに疲れてたから9時半に就寝.

翌朝,というか早寝しすぎたせいでまずは夜中の2時半には起きてしまい,それから3時半までウトウトするも3時半には完全に目が覚めたけど,少しでも体をやすめようとベッドに横たわって4時すぎまで我慢.
朝飯は5時なので,その前に体を目覚めさせようと,真っ暗闇のなか4時半ごろからローラー20分.
朝食は食いすぎるとレース中吐き気がするからご飯は茶碗2杯程度でやめた.
身支度をしてローラーでアップ.疲れるといけないから15分でいつものように軽く汗がにじむ程度にしておく.
ホントはもっと心拍あげたり筋肉を暖めたりしたほうがいいのかな?でもそれは怖いんだよな.

前日のんびりして早く寝たおかげか,温泉の効果か,疲れがかなり取れて思いのほか体が軽く,薬が効いて腰の痛みも気にならない範囲.
ただ,ヘルニアからくるアキレス腱のシビレは相変わらずでフクラハギから下に違和感.これが後で重くのしかかることに.....


今回はチャンピオンクラスも288人ものエントリーがあるらしいので,ちょっと早めに集合場所にに自転車を並べに行くが,暇なので一旦ホテルに歩いてもどり,7時前に集合場所にもどると結構前の方に置いたはずなのにいつのまにか,前に自転車がかなり増殖している.こういうところで要領の良し悪しが出る(苦笑)
b0047100_2227512.jpg

そこでvitamontetsuさんやtinoueさん,そして昨日会えなかったチャリダーさんや,来てると思わなかったYさんと会いチャンピオンクラスのスタートを待った.
スタートラインまで移動すると,なんだかさらに前方に並ぶ自転車が増えている.例年のことだが,あらかじめスタートラインの横にいて,割り込んでくる人たちが年々増えているようだ.
前日の試走禁止は厳しいのに,こういうところは甘い運営側にちょっと文句を言いたい...
毎年このスタート前のストレスにエントリーを迷ってしまうほどなだけに,何とかいい方法はないんだろうか.
たとえば自己ベスト順に並ぶとか.
初参加の人は後方から来年のジャンプアップを図る.俺も最初は一般クラスのかなり後ろに並んで1分以上ロスしたし.

まあしょうがない.俺程度の“以下同文”の選手は後ろでマイペースに走るしかないということだ.それもまた乗鞍...
今回はまわりに知り合いが数人いて,いつもよりリラックスもできたし,みんな持ちタイムが近いこともあり,逆にプレッシャーも感じつつスタートを待った.

レースレポートはまた後日
[PR]

by taka-taca | 2006-08-29 22:28 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://scalatore.exblog.jp/tb/5581588
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ハハ at 2006-08-30 00:11 x
ciao~!ハハですよ (笑
今日は元気そう(?)なタカさんに会えて良かったです。
実は結構気になっていたのに、パソコンのHDDが頓死してしまって、ウェブチェックするとか以前の状態でした。ようやく今日になってゆっくりレポートが読めました。ビーズすごいカワイイね。
レース結果には満足してないかもだけど、あれだけ色々な悪条件を背負い込みながら、そのくらいのタイム差をキープできたっていうのは、絶好調のときにベストタイム出すより、ある意味すごいことだと思うなー、、、ってなんかちょっとわかったようなコト言ってごめんなさい。
とにもかくにもお疲れ様でしたっ。今度またどこかで乾杯しましょう♪
Commented by Taka at 2006-08-30 07:55 x
>ハハ(笑)
昨夜はやっぱり体調イマイチでパワーラッシュはやらずにとっとと帰りました.
今年は毎レース“耐えて完走”がテーマみたいになってる.
でもこれがいつか腰痛が治ったとき(治らないと言われてるけど)に大きな自信につながったり,力が付いたりすると思って今回もはがんばってきました.

そんな息子を称え,親子の絆を深めるために乾杯しよう!(笑)
さて,仕事行ってきます.
Commented by ひでジイ at 2006-08-30 22:01 x
たかさん、乗鞍お疲れ様でした。
自転車は苦行ではなんだから気楽に行きましょう!
楽しんで乗りましょう。すべて酒の肴にしましょう。
おいしいピッツァとビールで洗い流そう。
その時は仲間に入れてね。なんちゃって!!
Commented by taka-taca at 2006-08-30 22:24
>ひでじいさん,
もちろん楽しんで走ってますよ.
レースだけはいつも苦しいですけどね(笑)
ひでじいさんの根性&体力にはいつも感心するしとてもかないません.僕にはとても月に2000kmなんて乗れません.

でも酒の量なら絶対負けません!(笑)
って,こんなこといばってどーする...

それより来年はチャンピオンクラスで勝負しましょうよ.
Commented by ひでジイ at 2006-08-30 23:01 x
たかさん、乗鞍お疲れ様でした。
自転車は苦行ではなんだから気楽に行きましょう!
楽しんで乗りましょう。すべて酒の肴にしましょう。
おいしいピッツァとビールで洗い流そう。
その時は仲間に入れてね。なんちゃって!!


<< 乗鞍レースレポート      終わっちゃった... >>