2006年 09月 11日

茶臼山220km

うだるような暑さの中,パンクで出鼻くじかれたり,帰宅直前で夕立にやられたりしながらも無事走りきった茶臼山山岳コース.
走行距離220km,累積標高3300m,所要時間9時間25分,実走タイム8時間19分,平均速度26,6km.
一度も補給とトイレで5分程度のストップを何度かしたものの,一度も休憩してないけど信号待ちやらなんやらで1時間程度は止まってるんだな.
最大心拍数225ってのは誤受信.ホントだったら死んじゃうよ.

b0047100_21253942.jpg


どの峠も平均勾配5~6%,最大10%程度で5km~10kmの“ほどよい”ヒルクライム.
標高1350mに達する茶臼山高原への最後の1,5kmが一番厳しく勾配10~13%が延々と続き脚が止まりそうになる.
それとどの登りも日陰が少なく,暑さがかなり堪えたが,変化にとんだ楽しい山岳コースだ.
さらにいいのは,完全に“一筆書き”だということ.
周回コースでの練習もあまり好きではないし,行った道を折り返してトレースするのもできるだけ避けたいところ.
今回は,西へ向かって出発し,東から帰るという,往復ではなくちゃんと1周するコース.
ただ,朝いったん引き返したけどね...(笑)

とにかく,自転車で遠くへ行くのは楽しいね♪





朝7時半に出発.
前述のとおり,浜名湖に出るまえにパンク.いったん帰りタイヤを交換して8時半に再スタート.
三ケ日で一瞬雨に降られつつ新城から本宮山を登る.
朝からうだるような蒸し暑さで温度計はすでに30℃を超えている...

スタートが遅れたおかげでいつもの作手道の駅に11時ごろ到着.そこまで走りながらずっと考えてたのが“フランクフルトを食うべきか?”だ(笑)
“今日は200km走るんだから食ったっていいだろう”という結論に至り,胸を躍らせ(?)道の駅到着.
すると何十人,いや百人以上余裕でいただろうサイクリストの群れに遭遇.
岡崎市のサイクリングイベントだったらしい.

不安は的中し,いつもの売店の前には長蛇の列.完全に“フランクモード”になっていただけに愕然として立ちくらみがするほどのショックに見舞われた...
b0047100_21445937.jpg


茶臼山までの道のりを考えるとこんなとこでうだうだしてられない.
それともいっそ茶臼山はあきらめて列に並んでフランクフルトを食うか,一瞬迷ったが,“今日こそは行くんだ!”という決意は揺らぐことはなく,泣く泣く出発.
すぐ先のコンビニでおにぎりを3個買い,急いで2個食って1個はポケットに入れ先を急いだ.

しばらく続く平坦でサイクリングイベントの集団をゴボウ抜きしながら快走.
いったん登って一気に下り,R257に出てコンビニでさっきのおにぎりを食い,そこで買った2個のおにぎりをポケットに入れまた茶臼山への登りに備えた.

茶臼山の麓へ向かうこの257が結構な登り,しかも日陰も少なく暑い...
県道10号へ入り,いよいよ茶臼山へ向かう.折本インターから有料道路に入れば早いし勾配も緩く気持ちよく走れるんだけど,ここは路面がひどすぎる.本宮山スカイライン同様砂利を敷き詰めたような舗装で振動がひどくまともに走れないのだ.
というわけで前回同様根羽村へ抜け,裏側から茶臼山へ登頂を試みた.

10kmで600m強の登りだと思うが,前半はほとんどアウターで行けるほどの緩斜面.ということは,後半がきついということだ...
後半は8%程度が続き,茶臼山高原への最後の登りは10%を越える.
まあこの日メインのヒルクライムなんだからこれくらいの厳しさは欲しいところだな(笑)
茶臼山到着は2時半,予定よりも30分早い.何しろトイレとコンビニ以外立ち止まってないんだから当然か.
ここでちょっと一休みするつもりだったけど,何にもすることはないし,うまそうな物もなさそう.でも観光客が結構いた.
スキー場のゲレンデではリフトに乗ってる人がたくさんいたし,ゲレンデを歩いてる人もいっぱいいた.

まさかこんなとこに観光客がいるなんて思わなかったからびっくり.
考えたら国民休暇村とかあるんだから客がいて不思議はないか.
でもそのわりにはしらけているというか,名物らしきものが見当たらない.
高原なんだからソフトクリームとかあるだろうと思ったのに...
b0047100_2282334.jpg

とにかく,まだここから100km以上走って帰らないといけないからのんびりもしてられない.
それにさすがに標高1400近いと涼しく,大汗かいて濡れたジャージで体が冷える.
というわけで,おにぎりを1個食って速攻で下山.
念のためにポケットに詰めてきたベストを着て激下り.ベストがなかったとしても凍えるほどの寒さではなかったかな.

下りきったとこの道の駅でおにぎりを1個食い,水をボトルに詰めR151を激下り.ここは踏んで下れて気持ちいい.
そのまま行くとトンネルがいくつかあるし,車も多かったから静寂を求めて山へ入り,峠を越えて東栄町へ.

そこから257へ戻って浜松へ帰ろうかとも思ったが,時間に余裕があり,腰と頭が痛かったけど脚はまだまだいける.
それに累積標高3000m達成のためにも県道9号を熊まで登ることにした.

b0047100_2224469.jpg熊到着も予想より早く4時半.
さすがに五平餅は終わっていたけど,いつものマロンソフトが食えた.
疲れて火照った体に染み込む感じ.ついでに歯にもしみた...(泣)




















なんとか日没までには帰れそうだ.
一応小さいライトをポケットに入れてきたし,この際もうヒト峠登ろうかとも思ったけど,7時までにビールを飲まないと死んじゃいそうな気がしたので,まっすぐ帰ることにした.

浜北へ下ると空がどんどん暗くなり,まず一雨.大して濡れなかったが,その後さらに蒸し暑くなった.
都田への最後の最後の登りを終えてあとはうちまで15分.とここでマジで夕立...
どうせジャージもパンツも汗でずぶ濡れだったから全く気にならない.
自転車もそろそろ洗車しなきゃな,って思ってたとこだったから気持ちよく濡れて走った.

ちょうど6時に帰宅.7時に帰れればいいや,って思ってたのにずいぶんいいペースで走ったことに大満足.
2年前に走ったコースに熊への登りを加えたのに,さほど疲れてない.疲れてないといえば嘘になるが,疲れきった感じはなく,時間さえあればまだまだ走れそうだった.
やっぱり年々持久力がついているんだろうか?
これがレースのスピードに生かされればいいんだけど,陸上の短距離と長距離のように別物なんだろうな.
まあとにかく,これだけの距離,標高を気持ちよく走りきれてただただ楽しかった.

もちろんその後のビールの味は格別だった♪

しかしこのコース,4年前まではオートバイで走ってたんだよな.
自転車って思いのほか遠くまで行けるものだと感慨にふけってみた.
[PR]

by taka-taca | 2006-09-11 22:27 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://scalatore.exblog.jp/tb/5665832
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by curtis_01 at 2006-09-12 05:55
220km?!
スゴイですね-。
もう、読んでても、ひたすら、「スゴイ」を連発してました。

此処まで走れるかどうかは別にして、
自分も長距離ツーリングに出たいです。
さて、そろそろ、ツーリング用(takaさんに比べたらお遊びですから)
バイク組んでもらおうかなぁ。
Commented by vitamontetsu at 2006-09-12 12:50
うひゃ~、220km。ツールドフランスの山岳ステージみたいな感じですね!?

おっ、グラフを見ると登りではラップをとっていますね!さすがっ!
私もここにヒルクライムのタイムを登録してモチベーションを上げることに
しました!
http://wada-climb.s184.xrea.com/
だんだんと燃えてきた・・・
Commented by taka-taca at 2006-09-12 21:30
>curtisさん,
プラス13kmですよ(笑)
登りが3300mとかなりハードなコースだったけど,世の中にはmasaさんのように300kmとか400kmを平気で(平気ってこたぁないか)で走っちゃう人がたくさんいますからねぇ,200kmなんて何てことないです.(何てことあるかな!?)

まあ距離はともかく,山を走るのって気持ちいいです!
Commented by taka-taca at 2006-09-12 21:36
>vitamonさん,
細かいとこに気が付いたね(笑)
やっぱり主要な登りはついついデータ取っちゃいます.
茶臼山は12.4km710m,熊は10,6km380mでした.
今回のコースの峠に級をつけるとしたら,4-2-4-3-1-4-2って感じかな.
次回はこれに超級を加えて4000m突破といきたいね.

峠でタイム取るとやる気出るよね.その調子で須走出ようよ!
Commented by masa at 2006-09-14 22:32 x
標高1300m超、やっぱいい景色ですね。
そして200km超え。
何だか自分で走ったみたいにお腹がいっぱいッス。
こういう皆さんのエントリーをリハビリのモチベーションにしたいッスね。

で、次はどこ?


<< 220km走っても...      茶臼山220kmプラス13km... >>