Pendenza20%「飲み喰らい魔ー日記」 第2部

scalatore.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 03日

イタリア人も坂好き!?

イタリアからちょっと面白いモノを入手した.
ガゼッタ紙が発行したDVDで,ジロでお馴染みの峠を元選手ダヴィデ・カッサーニが実際に登りながら紹介するという内容.
b0047100_1340881.jpg

雑誌のおまけみたいなモノであんまり期待してなかったけど,これが実に面白い.
あのモルティローロやゾンコランを麓から頂上までひたすら登る姿をずっとカメラが追っていき,コース全線が見れるのだ.
しかも常時距離や瞬間勾配,自転車の速度が表示されている.
このDVDはシリーズで,ガヴィア,ステルヴィオなど有名な峠がまだまだ登場し,しかもモゼールとかサヴォルデッリ,さらにはチポッリーニも!?登場するらしい.なんとか入手しなくては.

ともかく登ったことがない峠をこれでインスペクションできるってのは面白い.
そして,こないだのジロで盛り上がったあのゾンコランでは何とバッソが一緒に登っている.
ガイド役の二人はフロントコンパクトでリア29T,バッソは39-29を付けていたが,そのバッソでも“レースなら34-28は必要だ”と言っている.
それほどまでにゾンコランは厳しい峠だということだ.ってことは,これにほぼ互角な須走あざみラインを俺が39-27で登るってのはやっぱ無理があるのかな?しかも2年前,3年前は39-25だったし...(ただしタイムはどっちでもあまり変わらない)

その3人が一緒に登りだし,最初はいろいろしゃべりながら進むがすぐに黙り込み始め,たまにハァハァと息絶え絶えにバッソに質問すると,
バッソはさすがに余裕の笑みで受け答え.
ガイドの二人がダンシングで蛇行してもバッソは微笑みながらシッティング.
b0047100_13404921.jpg

20%を超えると時速7~8km,元プロ選手でもこれなんだから,俺たちが須走で時速10km切るのは当然か.
それでも,カッサーニが“イヴァン,レースのつもりで行ってみてくれ”と声を掛けると,すぐにスピードを上げ,25%の壁を軽々と登っていった.
バッソだったら須走を何分で登るんだろうか!?
b0047100_13411021.jpg

そして,そのバッソがこんなことを言っていた.
“体重が70kgもあったら坂は登れないね.自分の場合,身長が183cmだけど,体重は多くても67~8kgが限界だよ”

ってことは,身長178cmで体重70kgの俺って...!?
やっぱり乗鞍までには68kgまで落とさねば.そして,須走をそれなりに登るには66kgくらい!?
3年前の乗鞍のとき,直前の2週間,肉も魚も食わず,毎晩サラダと枝豆で過ごして(週末はもちろん除外)66kg台にしたことあったけど(しかし乗鞍は台風で中止...涙),もうあんなことできないしなぁ...
まあでも毎年夏になると自然と体重落ちるし,今も70kgをギリギリ切って,冬から春の72~3kgに比べたら随分軽く感じる.
このまま無理しないであと1ヶ月半かけてじっくりあと1kgくらい落としていきたいところだ.
[PR]

by taka-taca | 2007-07-03 13:40 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://scalatore.exblog.jp/tb/7049532
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kona at 2007-07-03 18:34 x
ありゃ、taka-tacaさんと私は身長体重ともにほぼ同じなんですね。
私も178cm、体重69-70kg。しかし、筋肉質でないので体脂肪率は20%近いです。除脂肪体重はいつも57kgぐらい。体脂肪率10%にするときは、体重63kgです。来年はそこら辺まで絞って乗鞍に臨みたいです。
Commented by 及原ムメイ at 2007-07-03 18:39 x
雑誌のおまけみたいなものって…さすが本場!ゴージャスねー。
なんとかシリーズ入手してください!見に行くから(笑)
体重は落としたいです。夏バテすれば落ちるかなー(消極的)
まずはタカさん家行き前後は粗食に耐えよう。翌週ライブだし…
Commented by taka-taca at 2007-07-03 22:23
>konaさん,
あらま,ぴったり同じような体型なようですね.
僕も贅肉質(というか筋肉が柔らかいみたい)で見た目は柔らかーいですが,体脂肪率は8~14%と幅広いです(ウルリッヒ体質!?)
63kgなんて僕には絶対無理です.理想は67kg台かな.
でもそうなると筋肉も落とさないと...
Commented by taka-taca at 2007-07-03 22:34
>メイさん,
このDVDにはマジびっくり!
1時間延々と激坂を登るのを見てるのは,ともすれば退屈だけど,ローラーしながら見てたら結構あっという間だったよ.
特にゾンコランは須走とダブルから想像力が増すんだよな.

それはそうと,うちに来る前にマジでダイエットしといた方がいいかもよ.
相当気合入ってるからね(笑)
でもご安心,うちのメニューはいつだってヘルシー♪(?)
Commented by トライアスリート at 2007-07-04 00:32 x
メチャクチャ素晴らしいDVDですね!

羨ましいです!
僕も今度入手しようって思います。
なんて雑誌ですか?


因みに週末は雨っぽいですね?

Commented by taka-taca at 2007-07-04 08:42
>トライアスリートさん,
雑誌というか数ページのパンフレットみたいな冊子(A4)で,タイトルは“Le grandi salite del ciclismo”です.
イタリアの本屋か街中によくある新聞雑誌の売店で売ってると思うけど,数は少ないかも.

週末の天気はやばいねぇ...
日曜日の山住は無理かな.せめて秋葉山まででも行けるといいけど.
Commented by curtis at 2007-07-04 12:21 x
173cmで71kgの俺って・・・・。
Commented by taka-taca at 2007-07-04 13:26
>curtisさん,
山岳賞は諦めてスプリンターを目指しましょう!(笑)


<< 夏のパスタは魚系      白身魚のパスタ >>