Pendenza20%「飲み喰らい魔ー日記」 第2部

scalatore.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 29日

ツールはどうなることやら...

イタリア・ガゼッタ紙をチラッと読んだところ,ラスムッセンがチームからリタイアを言い渡されたらしい.
理由は先月2度のドーピング検査をすっぽかした時期に,チームに“メキシコにいる”と言いながら実はイタリアにいて,それがチーム規則に反するとかなんとか,ということらしい.
なんでそんなことを今言うのか不思議だけど,ドーピング検査で陽性になる前に消してしまおうという魂胆か!?
もうツールは滅茶苦茶だけど,こうなると強い選手はみんな疑ってしまうし,フランス人の近年の低迷は“やってない”からなのか?と妙に納得してしまったり...

まあこの件に関しては去年からとっくにしらけてるけど,逆に毎日意外な選手が活躍したり事件起こしたり,今年のツールはある意味ドラマティック.
ここまでレースの内容が面白かったのがせめてもの救い.
でも最後の最後でまたマイヨジョーヌ剥奪とかありそうだな.....

まあここまで来たら最後まで見届けましょう.
というわけで,もうちょっとの間,最新記事はこの下へアップします.
b0047100_8484588.jpg

ラルプデュエズの動画はこちら→L'alpe d'Huez
[PR]

by taka-taca | 2007-07-29 08:48 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://scalatore.exblog.jp/tb/7063807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by トマト at 2007-07-08 00:24 x
これこれ♪見てみたかったので動画がアップされて嬉しかったです!!
気持ち良さそう~。春はあんな感じなのですね。
すいすい登ってるように見えますが、ホントは坂はきついんですよね(@@;)
そうそう、あちらは左側通行じゃないんだってことを、これを見て初めて認識させられました。
Commented by taka-taca at 2007-07-08 17:17
>トマトさん,
ラルプデュエズは日陰がほとんどなくて,春だから気持ちよかったけど,夏だったらと思うと...ツールの厳しさは容易に想像できました.
14kmで標高差1000mってことは平均勾配7%強,気温30℃を超えるステージレースのゴールがこの登りじゃプロだって萎えるんでしょうね.
でも,美ヶ原みたいな馬鹿激坂はなくて,常に一定の勾配なので淡々と(得意技!?)気持ちよく登れました.

今後向こうで走る人たちは右側通行に気をつけましょう(笑)
車の運転よりも自転車の方が混乱しやすいかも.



<< モニカ秋葉山アタック!?      新坂探索 >>