Pendenza20%「飲み喰らい魔ー日記」 第2部

scalatore.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 18日

“4”を超えた日 ~一人ツールド天竜~

金土は午前中だけ秋葉山&熊を登る予定でいたが,今日の天気予報に雨マークがチラチラしたこともあり,昨日金曜日は少し長距離を走るつもりで5時半におきて7時前にスタート.
先月下平山の林道を初めて登ってから“スーパー林道満喫ステージ”を夏休みに走ろうと計画していたものの,連日の暑さに危険を感じ,乗鞍が終わってから実行するつもりでいた.
が,水曜日に秋葉神社と下平山を登った時に,その時間配分からしてうまくコース取りすれば昼過ぎの危険ゾーンを避けて走れるかも,と思い出発したが,爽快だった水曜日とは違っていつものような蒸し暑さに,とりあえず行けるとこまで行こうということに.

予定のコースはこんな感じ(赤線は往路,青線は復路)
走りきれれば200km超
b0047100_2242046.jpg

(クリックで拡大)

12時までに水窪に辿り着けば,昼過ぎの酷暑ゾーンを避けて走れるんじゃないか?とコースとペース配分を頭の中では完璧にイメージしていたが...


高低差はこんな感じでひたすら登って下り,平坦は皆無.
予想累積登板は4000m
b0047100_22445134.jpg

4000mなんて登ったことないのに,よりによってこんな暑い日に達成できるのか!?



水曜の疲れは,翌日の“浜名湖1周クールダウン”のおかげか(?)さほど残ってはいなかった.
秋葉神社TTは,水曜日と同じく25Tは温存して臨んだ.
腿が若干張っていたけど心拍数を180~185にキープすることだけを考えて登った.
腰の痛みもさほど気にならず,水曜日と全く同じ35分55秒でゴール.
相変わらず平凡なタイムだけど,今の体調と最近の走りからしたらここまで立ち直れただけで満足.
今週体重が69kg前後まで落ちてるのが実感できるほど体が軽い感じがするのがタイムに影響してるのかもしれない.

そのまま秋葉ダム側へ下り,パワージェル1個口にしてボトル2本補充してすぐに下平山から再度秋葉山登頂(11km弱,770m)
b0047100_22433542.jpg

いきなり10%近く一瞬めげるがすぐに平坦と登りの繰り返しで休み休み行ける.

しかし,その後に現れる10~15%のコンクリート舗装の超激坂は秋葉神社フルアタックの後ではさすがに厳しく思わず蛇行...
b0047100_22484848.jpg


ここも前回同様心拍数をやや押さえ気味の170キープで登るとタイムも前回と同じ51分台.
ほんとにペース走が得意なんだと我ながら感心.
というか,登りでは1時間もたない腰がすでに痛み出して,もうアタックする気力はなかった...
b0047100_22503010.jpg


無理そうならここで引き返すつもりだったけど,スーパー林道まで登ると暑さも和らぐし,脚はまだまだ余裕があったので,そのまま止まらずパワージェルを1個口にしながら竜頭山を目指した.
ここから竜頭山までが意外と長くきついが,思ったよりはいい感じで竜頭山頂到着.
b0047100_22551772.jpg

ここまで完璧に予定通りで,完走できるかも?と思い元気が出てきた.
気温は日陰なら30℃以下,日向は30℃強...
まだ水分補給もトイレも必要なかったから竜頭山の駐車場では止まらず山住神社を目指した.
豪快に下った後,3kmほどの登りがあり,日陰が少なくなかなかきついが無事山住神社に予定時間ピッタリの11時半頃に到着.
ここでも休むことなく,その少ししたの湧き水ポイントでボトルを補充して水窪まで全快ダウンヒル.直線部分では時速80kmを超えて爽快!

あっという間に水窪に降りるとさすがに暑いがまだまだ31℃.
店でパンを買うが,蒸しパンのわりにはパサパサして喉を通らない.饅頭か何かにすればよかったと後悔するが,ここで食っとかないと次の登りに耐えられないので,無理やり口に押し込んだ.
b0047100_2344010.jpg


しばらく下り基調の道を南下して,久々の福沢林道(13km,1000m)
すでに2000m以上登ってるだけにさすがに脚が重く,いきなりの激坂に萎えるが,前半はほとんど日陰で時折平坦もあり,休み休み(もちろん止まるわけではない)淡々と再々度スーパー林道へ登った.
登り始めでちょうど12時,これからが危険ゾーンだ.
標高が800mを超えると風がひんやりするが,背中を照りつける日差しは熱い...
b0047100_23101498.jpg


もう登るだけでいっぱいいっぱいで,ゴールが果てしなく遠く感じたが,1時間4分で,この状況でベストの52分からこの程度の遅れは予想外に健闘.
今回ばかりは途中で脚をついて湧き水を頭からかぶりたいと本気で思ったが,やっぱり登り始めた坂はトラブルでもなければ登りきらなくてはいけない.
しかし,竜頭山の駐車場に辿り着くとフラフラで,水道で頭や顔,手も足も冷やし,しばらく日陰の芝生に座り込んだ.
さっきのパンをまた無理やり口に押し込んで,15分ほど休憩して再スタート.
とにかくこれで超級は登り切って気は楽.
下界と違って気温もせいぜい30℃前後で下りはかなり涼しい.
竜頭山から秋葉山麓まで,下りは好きじゃないけどひたすら全快.
しかし,この長い下りに腰が悲鳴を上げた.登りよりも痛いくらいだった.

そして,秋葉山麓に着くと空気が明らかに熱い.
ボトル補充してふとメーターの温度計を見ると何と42℃!?
40℃超で自転車乗るのは初めてだし,ここまでで疲れきってるのに家まで帰れるか不安になった...
が,これも実は予定通りで,その時点で2時半.昼過ぎの“熱中症危険ゾーン”を標高1000mのスーパー林道で乗り切る作戦は完璧!
もうこれ以上登れないほと腰にきていたが,42℃の中,日向の平坦路を走って帰るのは自殺行為.
というとでとにかく予定通り横山から熊へ登ることに.

さすがに42℃の中走るのはめまいがするほどだったが,15分ほど耐えて横山から熊への林道に入ると渓流沿いで日陰も多く気温はすぐに32~33℃に下がり,快適とは言えないが“普通に暑い”程度.
これも完璧に予想通りで,重い足を引きずってなんとか上りきった.

そして,くんまの里につけばもちろんマロンアイス♪
b0047100_2327358.jpg

ここで時間は3時半.
ここからは下り基調で暑さはさほど気にならないが,県道9号はほとんど日向で向かい風も強くタフな道のり.
なので今回はわき道の林道を下ることにした.
この林道は何度か登ったことがあるが,道が細く曲がりくねってるから下りには向かないと思ったんだけど,思いのほか見通しがきき,対向車がこっちに気づかずインに切り込んでさえこなければかなりいいペースで下れた.
それになんと言ってもほとんど日陰で渓流沿いだけに涼しい.

我ながら完璧なコース設定だと自画自賛.後は浜北森林公園の登りだが,ここもこの時間になると日陰が多く気温も34℃程度.
しかし,問題は都田からのバイパスだった.
4時を回れば暑さも和らぐだろうと思っていたが,三方原大地に登るなり気温は38℃...
しかもバイパスはずっと日向で,すでに200kmを走った体にはこたえた.
この日一番苦しかったのが最後の10kmだった.
マジで頭がフラフラして,思わずモニカに救助を要請しようと思ったほどだ...

それでも最後の力を振り絞って,バイパスも力走し,遂に完走!
走行距離207km,累積標高は何と4600m!!!
朝7時から夕方5時まで10時間の個人耐久,走行時間は9時間で平均時速23km.
4つの大きな峠を登り,4000mを超え,気温は40℃超と何かと“4”に縁があった山岳ツーリング.

水分補給には十分に気をつけ,スポーツドリンク系,レモン系,水と合計6,5リットルの水分を飲んだ.
あ,でも水のボトル1本くらいは首からかけてたかも.
1時間に1リットルには満たないが,コースの半分が下りだったし,4つのヒルクライムの度にボトル2本を空にしていたから水分補給は十分だっただろう.
おかげでアレだけ汗をかいたわりには体重は3,5kg減にとどまった.

それにしても,前日の甥っ子の大冒険に負けず劣らずの大冒険になったとはいえ,熱中症の危険を顧みず決行したのは少々大人気なかったかも...(苦笑)
帰宅後のニュースでこの日熱中症で数人の死者が出ていたことを知りちょっと反省.
それに,登りはおろか下りでも腰がひどく痛み,5月に痛めた頚椎にも軽い痛みを感じ,後半は首や腰をストレッチしながら姿勢に気をつけて走った.
1日中走るときには鎮痛剤を携帯するんだけど,この日は忘れたのが痛い...
もう二度とこんな無茶な練習はしないと心に誓いつつ,ボロボロになった全身の筋肉と脊椎に栄養を与えるためにも晩飯は贅沢に!

筋肉に栄養といえば,良質なたんぱく質.
というわけで,無性に豚肉が食いたくなって,今頭の中は沖縄でいっぱいなこともあり(笑),晩飯は万座に決定!

ちょっと長くなりすぎたので,その様子はまた明日.
[PR]

by taka-taca | 2007-08-18 23:46 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://scalatore.exblog.jp/tb/7314497
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by curtis_01 at 2007-08-19 07:21
す、凄すぎる・・・。

この距離、この累積標高、思わず画面に向かって、
「ごめんなさい」となぜかしら謝っていました。

晩ご飯で復活したのかな?(笑)
Commented by さわや at 2007-08-19 14:19 x
やりましたね(^^;
同じような事は考えていたけど、今の弱体した身体では控えてました。去年は総標高5000m登ったとは思えない現状・・・という事で、じゃあ後はマーモットかエタップ出ちゃいましょうね~w 間違いなくこのコースよりも満足できますよ。
Commented by taka-taca at 2007-08-19 22:08
>curtisさん,
晩飯で復活どころかオーバーワーク(イート)...
でも,運動しすぎたら食いすぎないとバランス悪いよね!?(笑)
Commented by taka-taca at 2007-08-19 22:37
>さわやさん,
秋葉山&福沢林道&熊や,本宮山方面で3500mは何度か走ってるけど,これで4000mコースの完成です.
エタップなんかよりずっといいですよ!自販機はアチコチにあるし,何よりも旅費がタダ!
景色もいいし,走り甲斐もあるし,日本も捨てたもんじゃないですね.
もう少し涼しくなったらスーパー林道を春野側からもう一回登って5000mコースにもトライします.
とにかくこのコースは嫌になったらどこでも止めれるのがいいです.


<< 沖縄ブーム!?      ツールド浜名湖~甥っ子の熱い夏~ >>