Pendenza20%「飲み喰らい魔ー日記」 第2部

scalatore.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 11日

登れない...

7時過ぎにスタートして昨日と同じコースで今日は秋葉山2本登って昨日は106kmで今日は122kmを走った.
昨日の疲れが残り,秋葉山アタックも序盤から脚が重い.昨日は温存した25Tだけど,序盤から終始39−25で登った.昨日よりも暑く心拍も上がらず苦しい.
それでもそれほど遅い感じはなかったのにゴールするとタイムは39分41秒.
とにかく異常な発汗でぐったりして,2本目いく気力はなかったが,下山してララバーをかじりながら迷ったあげく,とにかく今日の目的は達成するべく2本目へ.

もうアタックするどころかヒルクライムLSDって感じで心拍は150前後で時速10km以下でヨロヨロ進んだ.
このペースだと50分はかかるぞと思い終盤ちょっとペースアップして,2本目のタイムは47分44秒.笑える...
下山して,もう走る気力がなく,最短距離で帰ろうかと思いつつ,やっぱり今日はとにかく予定コースを走りきろうと熊へ登る事に.
茶屋が休みで饅頭も冷やしうどんも食えないからララバー食いながら横山へ移動.

熊まで淡々と登り,あまりの暑さに五平餅は食いたくないし,口の中が甘ったるくてマロンアイス食う気にすらなれず休まず下山.
しかし,登りで追い込みきれなかった分,下りと平坦でがんばろうと,熊からの緩い下りから浜北までの平坦は向かい風にめげず踏み続けた.
登りであれほど苦しんだわりには向かい風の平坦も30〜35kmをキープして走り,ハンガーノックを覚悟しつつも浜北森林公園の短い登りもこなし,都田から3kmほどのバイパスは2〜3度信号に引っかかりながらも40km/h弱で走り,最後の200mほどはスプリントして50km/hまで上げてもがいた.
ハンドルを揺さぶってもがく姿は,車からは異常な姿だっただろう...

登りの弱さには正直ガッカリしたものの,終盤の平坦でがんばれたのは収穫か.
しかしいくら暑いといえ,走れば走るほどタイムが落ちるのは情けない.
いつも思うんだけど,強い人はたくさん走り込むから速い,という前に,それだけの距離や強度の練習が続けられる時点で強いのだ.
1週間の休みで走り込んだところで疲れるだけで身にならないと思うと悲しい...
でも,少なくともここで一気に減量しておきたい.

今朝の乾燥重量は何と69.7kgと久々に70kgを切った.
昨日の大量の汗で余計な水分や老廃物を排出した感じもあるし,昨夜はうち食でヘルシーだったのがよかったんだろう.
それと,練習から帰って計ったら異常なまでの発汗だったわりには67.6kgと思ったほど減ってなかったのはよかった.水分補給をしっかりした証拠だ.

1時過ぎに帰宅後,ビール飲んで昨夜の残りの高菜炊き込みご飯や野菜を食って昼寝.
で,何を血迷ったか夕方Tip行って筋トレ.
まったく行く気なかったけど,明日はモニカとサイクリングしたり,甥っ子が来たり,木曜日には某秘密基地へ逃亡したりするから今日行っておきたかったのだ.

晩飯はモニカが仕事で1人だったし,料理する気力はなくイナダの刺身とかで簡単に済ませた.
明日はまた6時起きだから早寝しないと.
[PR]

by taka-taca | 2008-08-11 21:47 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://scalatore.exblog.jp/tb/9273510
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by curtis at 2008-08-11 23:54 x
今の俺だったら、このスピードで走れたら嬉しいかもって思うところが弱い証拠。
一緒に走るどころか、スタート時点でさようならの現状だなぁ。
いかん、もっと練習せねば!

いつもヤル気をありがとうございます!



Commented by taka-taca at 2008-08-12 19:52
>curtisさん,
やる気ってのは“走る気”?それとも“食う気”!?(笑)
まあどっちもがんばってもらえるように俺ももっともっと走って飲んで食わないと.
いや,せめて乗鞍まではガッツリ走って控えめに食って減量.
と言いながら今日も3段重だし...(苦笑)


<< イタリアなモザイク工房を訪ねて...      秋葉山ショック×2 >>