Pendenza20%「飲み喰らい魔ー日記」 第2部

scalatore.exblog.jp
ブログトップ

2007年 10月 09日 ( 2 )


2007年 10月 09日

完全優勝じゃなかった...

今リザルト見たら,レース中の不可解な噂どおり,Aクラスの1人が10秒前にゴールしていたらしい.
一度周回遅れの集団と混ざって混乱したときに抜け出していたんだろう.
てっきりA,B,C,シニア合わせて400人のトップだと思い込んでたのに(泣)
おまけに,2位との差が2秒弱で10秒以内に結構な人数がいた.
やっぱりゴールラインまで後ろを振り向かずもがいた甲斐があった.
集団から逃げるって大変なことなんだと改めて実感.
[PR]

by taka-taca | 2007-10-09 23:40 | レースレポート | Trackback | Comments(2)
2007年 10月 09日

富士前夜祭

今朝は朝練するつもりがあまりの眠さと疲れになえて断念.
夜練はするぞ!と思いきや,仕事が遅くなりまたも断念...
そんなわけで仕事中にレースレポートを頭の中でまとめる余裕もなく,どっちにしても2日間あまりにも盛りだくさんでまとめようもないからとりあえず小出しに,ということでまずは100kmの前夜祭から.

沖縄がなければ今年最後のレースで,乗鞍の雪辱戦となるはずだった須走ヒルクライム.
そして,沖縄に出ることを決めたことで,その練習のために出ることにした富士スピードウェイ100km.
“元”自称クライマーとしては,4年連続の6位入賞へ意気込んでいたが,前日に100kmのレースをしてまともに走れるのか?という不安はあった.
その100km,エントリーした時点では,“あのサーキット走るのは気持ちいいし,翌日のための足慣らしと,沖縄へ向けて長距離レースや集団走行に慣れておこう”という気持ちだった.
それが,修善寺Zの入賞でちょっとやる気が芽生え,“MAXで走るつもりはないものの,あわよくば入賞”と段々意気が上がり,気がつけば秘密兵器まで購入して気合十分!?

さて,レース遠征といえば大事なのは前日の飲み食い.
金曜日は御殿場高原ビール!
それにしてもレースは小山なのに,わざわざ20kmも離れた裾野に泊まる奴はいないだろう...
しかし,その馬鹿げた飲み食いプランにブログを通じて知り合い,今回初対面となったコナさんが賛同してくれた.
レース前日に1人で飲み食いするのは今では慣れたが,やっぱり話相手がいた方が楽しいに決まってる.
店員からも不信な顔されないし(笑)
遠く金沢から駆けつけてくれたコナさんを待ちきれず,予約の時間に1人で入ってまず1杯&山盛りサラダでアップ開始.
b0047100_2281946.jpg


そしていよいよコナさんが到着して本番.
会う前まで何気に緊張していたけど,会えばすぐに話に盛り上がり,翌日のレースのためにセーブするどころかビールがさらに進んだ.
食い物も,ピッツァ,ソーセージ,大きなパエリアなどで大満足.
b0047100_22143611.jpg

(写真はコナさんのブログより借用)

ビールは大好きなバイツェン,シュヴァルツ,ピルスと,その後ホテルのロビーで飲みなおした分もいれて合計8杯飲んだつもりでいたんだけど,コナさん曰く,コナさんが8杯で俺は10杯飲んだらしい.
どーやら俺はコナさんのビールをカウントして自分のは気にしてなかったらしい...(苦笑)
しかし10杯って5リットル!?いくらビールだけだったとはいえ,どうりで翌朝酒臭いのを感じたわけだ.

ともあれ,コナさんとは自転車はもとより,いろんな話で盛り上がり期待以上に楽しい夜を過ごした.

そしていよいよレース当日,5時前にすっきり目覚め,5時半に出発して会場に6時ごろ到着.
時間があったからのんびりと自転車を準備したり,受付したりして,アップがてらコースを2周.
天気は最高で,風もその時点では弱く寒くもなく快適.
しかし,アップしながら何となく平衡感覚がおかしい気がしたのはアルコールのせいだろうか!?
まあでも100kmもあるし,走ってるうちに抜けるだろうと楽観視.
ちょうど出会ったSUGIさんと一緒に1周回り,2周目はちょっとペースアップしてどこでどのギアを使えばいいか考えながら試走.

アップも終わり,暇でフラフラしていたらタッキーさんに会った.
そのタッキーさんに“酒が目に出てるよ”と言われた...
“やっぱりビール2リットルくらいにしとけばよかったかな?”とちょっぴり後悔(いつも同じことの繰り返し...)

そして8時にいよいよレーススタート.
inoue君,O君らと一緒に最前列辺りに並び,まずは2周のローリングスタート.
耐久組も含めた全クラス一斉スタートで7~800人もいたらしく,ローリング
中はある意味レースよりも怖かった.
年齢別も耐久もごちゃ混ぜで,自分の当面のライバルが誰かもわからない状態だ
けど,とりあえず集団の先頭をキープ.
そして先導バイクがどいてレーススタート.

レースレポートに続く...
[PR]

by taka-taca | 2007-10-09 22:20 | Trackback | Comments(0)