Pendenza20%「飲み喰らい魔ー日記」 第2部

scalatore.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:自転車~練習とか~( 604 )


2014年 11月 15日

ミカン畑をひたすらアップダウン練

b0047100_18123865.jpg

浜名湖の強風にめげず(時々めげたw),オレンジ練。
フルオレンジ+奥平山地区を往復,さらに風越峠で折り返し
147km 2700m Ave 27.8km/h

このコースをフルで走るのは5年ぶり。
たぶん無理だから途中で短縮することも考えながらも完走。

最後まで走り切りるつもりで,しかも腰の痛みと戦いながらだからペースはほどほどで,むしろ脚を温存し過ぎた感があって,最後の風越峠はアウター縛りで筋トレ走(罰ゲームか!?w)
腰の痛みと右脚の痺れで登りではまだまだ踏み切れないけど,ギリギリ我慢できる負荷でのスピードは,走るたびに上がっているし,ペダルに感じる力も明らかに強くなっている。
パワータップの数値もそれをハッキリ証明しているし。
とはいえまだまだ元の走りはほど遠いけど。特に登り。

とにかく,数行の文章じゃ書き切れないから書かないけど,やっと,やっと本当に光が見えてきた。
何度も何度もその光に向かっては後戻りしてたけど,今度こそはその光の先に道がある気がする。

この5年間の苦痛や努力を無駄にしないためにも,今ここで頑張る!
でも頑張る理由は,やっぱり“帰ったらビール!”なんだよな(苦笑)
[PR]

by taka-taca | 2014-11-15 18:13 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 07日

現状報告と,来季へ向けて

このブログを見てる人はほとんどいないと思うが,自分の備忘録として書いておく。

これまで5シーズンに渡り,冬の間3~6か月ほとんど乗らないリハビリを繰り返してきた。
鍼や薬のおかげで腰も坐骨神経も,痛み自体はかなり軽減され,右ヒザが勝手に開くような痙攣も去年あたりからかなり治まってきた。
しかし,勝手な筋収縮で右脚がペダル1回転ごとに一瞬止まるのは変わらず,強度を上げれば痛みは増すし,坐骨神経の麻痺感も強まり右足が痺れて力が入らなくなる。

冬の間はジョグやスイムで最低限の体力キープはしてきたけど,筋力はやはり落ち続け,春から夏は全くまともに走れない。
で,毎年11月の沖縄に向けて秋からの練習,そして本番のレースまで相当無理して乗り続け,ツールドおきなわ翌日から春まで走れなくなることの繰り返し。

そこで,せっかく痛みも痙攣も和らいできた今年,ここで一気に治すためにも,
迷いに迷った挙句ツールド沖縄を諦めて,このまま腰に無理のない強度で春まで走り続けながら,
麻痺感のある右脚の筋肉をかばう,もしくはその麻痺した筋肉の力を少しでも取り戻すような脚の使い方を見出せるようなリハビリ走をすることにした。

今までは痛む筋肉を弛めることばかり意識して,痛みが和らぐのはいいけど少しかばい過ぎて筋力が低下して,動きが鈍くなる右脚をさらにかばって腰が痛むという,
完全な負のスパイラルに陥っていたように思ったのだ。
なので少し鞭を打つように,痛み痺れるところをあえて動かしてみようかと。
これが正解なのかどうかはわからないけど,もう他のことはやりつくした感があるので,今度は逆療法で。

今年夏前からすでに,基本的な筋肉の反応を確認するように,麻痺する右足親指を普段歩いてる時や座ってる時も常に意識的に動かして,
フクラハギの地味な筋トレみたいなことを続けていた。
もちろん腰回りの,特にインナーマッスルの筋トレは昔同様欠かさない。
時には片足ペダリングで,あえて上手く動かない右脚だけで踏みながら,麻痺して力が入らない筋肉以外の使える筋肉を探したり,逆に力が入らない母子球に力を入れる努力をしたりしてきた。

その甲斐あってか,最近になって右脚でも踏める感覚が出てきて,少しずつ力強く踏めるようになってきた。
ただ,そのために自分の本来のペダリングからはガラリと変えて,やや内股だったのを,未だに勝手に開き気味な右ヒザに左脚も合わせるために,
クリートをずらして両つま先とも若干開き気味になるようにした。
ものすごい違和感だ(汗)

どうしても硬直する梨状筋のせいで右脚が1回転ごとにちょっとつまるから,以前のようにスムーズに回すことはできない。
その代わりに踏み込む時間を短く強くしてメリハリを付けるようにした。
ケイデンスは平均10回転くらい落ちたけど,その分瞬間出力を上げてスピードを上げるように意識している。

8月9月は慣れないペダリングにただただ疲れ,腰回りの痛みも激しく萎えるばかりだった。
ホントに何度も何度も“もう自転車止めよう”と思ったほどだ。
でも我慢して続けてるうちにだんだん筋力が付いてきたようで,10月に入ってからは走るたびに力強くなっている。
1時間くらいで腰の痛みと右足の痺れが強くなるから,高強度なロング練はまだ無理。
でも平地のスピードは,短距離に限れば普通に走れてた頃の1割減以内まで戻ってきた。
むしろ平地は今の踏み方の方が以前より速く走れそうな気がするほどで,最近夜練が少し楽しい(夜はスピードが速く感じることもあるけどw)

しかし,悪く言えばガチャ踏みペダリングで,ギヤも1~2枚重いから登りはキツくスピードが上がらない。
ギヤを軽くして回しても逆に遅くなるから,やはりペダリングの質に問題があるんだろう。
まあでも緩い登りは筋力さえ付けば勢いで登れるし,ヒルクラはとっくに諦めてるからこのまままずは平地のスピードアップから。

こんな走り方をするようになって気になるのは引退したばかりのフォイクトの走りだった。
彼がツールで独走しているフォームやリズム感が何となく今の自分に合っているような。
かつてはウルリッヒのフォームしか目に映っていなくて,あの静かに流れるようなスムーズで,かつ力強いペダリングに憧れた。
だから今までは上体を固定する意識が強かったけど,今はペダルを瞬間的に強く踏むために状態が多少揺れていると実感する。

こうしてペダリング大改造するためにポジションの微調整(サドル高とクリート位置)に夏からずっと悩んでいたけど,それも最近ほぼ固まった。
もし右坐骨神経の感覚が戻れば,また元の位置に戻すかもしれないけど,現状ではかなりいい感じのポジションが出ている。
坂を登るにはまだまだ問題が多いけど,とりあえず平坦基調のロングを気持ちよく走れる状態になればいい。

一番重要なのは,

今5年ぶりに,自転車に乗るのが楽しい,ということだ。
この気持ちを冬中キープできれば,来シーズンはきっとまたレースを楽しめるはず。

ツールド沖縄まであと1年。
[PR]

by taka-taca | 2014-11-07 13:45 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(2)
2014年 08月 02日

痕本からリハビリ

b0047100_1317833.jpg

腰痛,坐骨神経痛に伴うように,右足の親指が麻痺する感じで上手く動かせない。
おかげで母子球でペダルを踏もうとしても小指側に力が逃げてしまい,まともにペダルが回せない。
それでも無理して動かすと,自転車で1時間,ジョグで30分もすると親指が痺れて全く力が入らなくなる。
それを他の筋力とかでカバーしようとすると腰と右梨状筋の痛みに耐えられなくなる。

そーいえば10年くらい前,中学から抱える脊椎分離すべり症の検査に行った整形外科で医師に,
“右足の親指の力が弱い。ずれた5番腰椎が神経を圧迫しているのだろう”と言われた。
それが5年前の落車で坐骨神経痛を煩ったことで悪化してきているということもありえるのか?

実際に,自分で親指を上げ下げしてみると,スムーズに動く左足の親指と違って動きが酷く固く,
可動域も左より少ない。
しかも親指を動かそうとすると小指まで連動し,さらに脚から臀筋まで力が入ってしまう。
左は親指だけが軽く動き,脚はリラックスしたままだ。

親指を動かす筋力がないのか,腰椎や坐骨神経が邪魔して,親指を動かす神経の伝達が上手くいかないからなのか。。。

なんどもアチコチの病院でMRIやCTで検査をしても,ハッキリした原因はわからないまま。
ある医師には“切ってみないとわからない”と言われたけど,試しに切ってみるのはちょっと。。。

今できることは,地道に乗り続け筋力を落としすぎないようにしつつ,体の内部に神経を集中して,自分なりに解決策を見出す努力をすること。
まずは,右脚の感覚を取り戻すために,右足親指を動かすトレーニングを諦めずに続けてみる。

腰と坐骨神経の痛みにどこまで耐えられるかが問題だけど。。。
[PR]

by taka-taca | 2014-08-02 13:16 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 18日

現状の体調とペダリング

これまでの4年間,腰痛はさておき,右坐骨神経の引き攣りを治して自分のペダリングを取り戻そうと努めてきたけど。。。
ここまでくると,少なくともすぐに治る見込みはなさそうだと,ようやく諦めがついた今日この頃。
自転車に乗るたびに悲しくなって,何度も止めようかと思ったけど,楽しく走っていた頃を思い出すとやっぱり止められない。

この右脚の奇妙な引き攣りと共存していく覚悟ができたわけではないが,乗り続けるためには誤魔化してペダリングする方法を見出すしかない。
今までは引き攣りを抑えることばかり考えていたのを,引き攣りは放置して,というかむしろ引き攣りに合わせるように,
自分のペダリングのタイミングをずらすことをアレコレ試している。

右脚の引き攣りは,9時から12時辺りで起こり,坐骨神経に沿ってケツからハム,ヒラメ筋が瞬間的にビクンっと固まってペダルが止まる。
ビンディングペダルでないママチャリやエアロバイクだと,時にペダルから足が外れるほど引き攣ることもあるほど。決して大げさではない。

最近ペダリング中に試していること。

かつての自分のペダリングは,2時から5時くらい(な意識)にかけて下に踏み込む感じだったのを,1時から4時と,少し早めに前に踏みこむようにしてみた。
ヒルクラでは元々そんな感じで回していたんだけど,それを平地や緩い下りでもやってみたところ。。。

引き攣ってから踏みこみ始めるまでの間隔が短いからか,ペダルが止まる時間が短くなり,多少はスムーズに回る感じ。(あくまでも感じ。)
実際これまでも登りでは引き攣りでのギクシャク感は控えめだったけど,それはケイデンスが50~60と遅いからだと思っていた。
逆に全力で高回転で回す時も引き攣りは少なめ。というか感じてる暇がないってとこか。
で,もしかしたら引き攣ってタメができる前に踏み出せば,引き攣りに負けずに回せるかもしれない,と少し感じた。(気のせいかも)
まあ日々の体調の変化とかもあるからまだ何とも言えないけれど。。。
実際先週の土曜日には少しいい感触があったけど,それ以降はどうやっても引き攣りも痛みも酷い。

こうしてペダル1回転ごとに集中しようとするあまり,精神的に疲れるし,無理矢理踏んでるからすぐに右の坐骨,フクラハギ,アキレス腱まで痛くなる。
それに,筋肉が勝手に引き攣って体がブレるのを抑えようと腰で踏ん張るから腰痛も悪化する。
レースになるとレース自体に集中するし,アドレナリンとかで痛みや引き攣りにそこそこ耐えて走れるんだと思うけど,
練習がままならないから年々体力が落ち,去年のオキナワでの落車も,後半疲れて集中できずにペダリングも酷くギクシャクしてたところに,
ストレッチしながら立って後ろを振り返った瞬間に,坐骨神経が引き攣ってバランス崩したんじゃないかと思う。
いつも普通にしてる動作なのに,あんなコケ方するなんてそれ以外に考えられない。

今年は,まずは長距離レース,というかもうレースの事は考えないようにして,まずは30~40kmの短い距離の中で,さらに数百メートルを集中して漕いで脚を止めて,
の繰り返しから少しずつ走れる距離を伸ばしていきたい。
まずは週に2回は30~40kmの夜練,週末は80~100km,できれば少しずつ延ばして以前のようなロング練ができるように。。。
[PR]

by taka-taca | 2014-04-18 22:26 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(2)
2013年 05月 27日

今年初200km&モニカ今年初ライド

今日のテーマは,夕方5時まで走る(朝8時スタート)or 200km走る,だった。
結局5時ギリギリまで走って 201kmだん。
獲得標高 2275m Ave 25.8km/h

More
[PR]

by taka-taca | 2013-05-27 14:44 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(2)
2013年 03月 30日

桜サイクリング

久々な土曜休みにも自転車乗る気は大してなく,今日明日が浜松の桜ピークなのを理由に自転車に跨がって外へ出た。
今日もギリギリ痛みと引き攣りに耐えられるペースで我慢の走り。
あまりの遅さに気が萎えるが,6月まで乗らなかった去年よりはいいスタートが切れてるはず。
“焦らない。ゆっくりでいいから”と自分に言い聞かせながら,何度も折れる心を繋ぎながら走った。

もう少し走るつもりだったけど,痛みも気持ちも持たず
119km Ave 23.6km/h


毎週浜名湖も飽きるから方向換えて初くんま行こうかと思って家を出たが,
すぐに引き攣る右脚に萎えて方向転換して浜名湖へ。

とりあえず桜と言えばここ細江の桜並木
b0047100_1611261.jpg

例年満開の桜のもと行われる祭り“姫様道中”は来週末。
開花が早かった今年,来週末は葉桜なんじゃないだろうか。。。

More
[PR]

by taka-taca | 2013-03-30 16:30 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(0)
2013年 03月 17日

もうすぐは〜るですねぇ。。。

泣いてばかりいたって,幸せは来ないから〜

ってことで,リハビリライド始めます。

伊豆以来5週間ぶりの自転車。
どれだけ走れるかまったくわからないけど,天気がいいし,ちょっと散歩してみる気持ちでサドルに跨がった。

特に行く宛もなく,目的もなく,とりあえず5時間ブラブラしようと決めて浜名湖周辺をのんびりライド。
あまりにゆっくり過ぎて,自転車乗ってるのも忘れるくらいw
でもそれくらいで今の自分にはちょうどよく,暖かいこともあって,散歩としては気持ちよく走れた。
b0047100_17265184.jpg


でもゆっくり走るのは,痛みは少ないが退屈で意外と疲れる。
まあ沖縄以来の5時間ライドってのもあって,後半気がつけば足も重くなっていた。

走行距離 126km
平均時速 24.1km/h
平均出力 145W
平均ケイデンス 66rpm

More
[PR]

by taka-taca | 2013-03-17 17:30 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(2)
2013年 02月 11日

ツールド伊豆 by パインヒルズ

パインヒルズ仲沢さん主催の伊豆一周サイクリング。
おととしと今年2回目の参加。
まずは,大失敗をやらかしてしまった反省から。。。

去年は半年間自転車に乗らなかった冬,体も気持ちも沈みきっていて参加を断念したが,
今年は“とにかくサポートカーでもいいから付いて行って,できれば気持ちが乗ったところで少し自転車に乗れたらいいな”くらいの気楽な気持ちで参加することを決めた。

やはり腰の状態から,3週間ぶりの自転車は土日とも40km程度にして,行程のほとんどをサポートカーを運転したのだが,
最後の最後の区間で,コースを少し変更するとの説明を聞いていたにも関わらず,なんとなくうろ覚えで,おととし走ったコースをうっかりトレースしてしまい,しかも道を修正しようとして方向を誤り,
さらにそれを取り戻そうと裏道を彷徨い,やっとコースに戻ったと思ったら渋滞にはまり,それを避けようとまた裏道に入り,今度は行き止まりや一方通行に阻まれ,どんどんドツボにはまっていった(汗)

今思えば“何であそこをアッチへ曲がったんだろう?”とか,“もっと集中して最後尾に付いていくべきだった”
と反省しきりだけど,今さら何の言い訳もできない。

結局相当な時間遅れてゴールの集合地点にたどり着いた。
当然自転車で最後の箱根越えが待っていた集団はとっくに出発していて最後のご挨拶もできず,
サポートカーの到着を待たざるを得なかったカツラさん,テツヲさん,カメちゃんを寒空の下延々と待たせてしまい,みなさまに多大な迷惑をかけてしまったのだった。。。

一緒に乗っていたUさんの奥さんにも神経使わせてしまったし,当然そのご主人Uさんにも心配をかけてしまいました。
この場でしか伝えようがないのですが,本当にスミマセン。

気を取り直して本編。
土曜日は三島駅付近に自分の車をデポし,集合場所の小田原へ電車で移動。
全員と合流し,下田までサポートカーを運転しながら,途中伊東辺りから下田までの40kmほど自転車に乗ってみた。

3週間ぶりの自転車は,やはり相変わらず右腰から脚の引き攣りがあり,それをごまかして走るうちに腰の痛みが激しくなって,やはり3~40km走るのが限界。
それでもトレランで最低限の筋力はキープできているようで,登りでは思ったより踏めた。
むしろ平坦で,いつものように引き攣りでペダリングがギクシャクすることが,ストレスや痛みにつながるのが辛い。

下田から宿へはまたサポートカーを運転し,まずはみんなで温泉に行って身も心も癒された。
そしてメインの晩飯!
b0047100_20232450.jpg


More
[PR]

by taka-taca | 2013-02-11 20:43 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(2)
2013年 01月 12日

初トライアスロン練(超ショート)

ジョグも水泳も腰への負担は少ないけど,楽しくはないから何時間もできない。
自転車ロング練は現状ではまったく無理。
ということで,なんなら少しずつ全部やればトライアスロンだ,と思って試しにやってみた。

まずは昼前にスイム。
腿にブイ挟んで,500mをノンストップ(25mごとに足ついて一息つくけどw)で泳いでみた。
いつも50mごとに休んで,それ以上は続けて泳げないと思ってたけど,やってみるとできるもんだ。
何でも気持ちの問題が大きいな。
その後ブイ外してキック入れて50m×10本
脚の筋肉量のせいか(テクニックの問題か)浮くことがしんどくて,キックを入れると苦しくて50mごとに1分くらい休まないと息が続かない。
キックとかブレスが上手くできるようになればスイムも楽しくなるかも。。。いや,やっぱプールは気持ちよくはないな。
でもブイを挟んで泳ぐ感覚からすると,海で泳いだら気持ちいいかも,とちょっと思った。

帰って生ハムとモッツァレッラのフォカッチャサンドを食って,一休みして車に自転車積んで浜名湖へ。

b0047100_21211428.jpg


オキナワ以降まったく走れない状態が続いてるから気は乗らないけど,TTバイクなら楽しいかもと思ってTTバイクで浜名湖沿いの平坦を走った。
昨日までとはうって変わって気温が久々に10℃に達し、風も浜名湖にしては弱く絶好のTTバイク日和。
にもかかわらず,走り出してすぐにいつもの引き攣りが酷く,それを我慢して走ると腰痛と坐骨神経痛が酷くなって耐えられない。
40kmは走りたいと思ったけど,浜名湖大橋から往復10kmを3往復,30km走って止めた。
右腰から脚が痛みでまったく力が入らず,出力は150W以下でケイデンスも70台でダラダラとしか走れなかったけど,それでもAve 32km/hはさすがTTバイク。

腰が痛くて走れないかと思ったけど,自転車から降りて腰を伸ばしてみると痛みが和らぎ,むしろジョグしながらストレッチ&クールダウンした方がいいと思い,
自転車ウエアで靴だけ履き替えてジョグ5km
初めて浜名湖沿いを走ったけど,思ったほど気持ちよくはなかった。
スタートしてすぐは“景色もいいし気持ちいい!”って思ったけど,道はまっすぐで景色は変わらないし退屈。
むしろ家の近所の方がいろんな人を観察しながら走れたりして気がまぎれるかも。

それでも思ったよりは脚が軽く,(というか自転車で追い込めなかった)
5kmと決めたからペースもやや速めの5分9秒/kmでまあまあいい感じで走れた。
10km走りたかったけど,明日,湖西連峰トレラン走行会23kmがあることを思い出して止めといた。
でもさすがに結構疲れたな。明日ちゃんと走りきれるだろうか。。。(汗)

最近プール復活したこともあって,“自転車レースできないならトライアスロンでもしてみるか”と思い始めてるけど,
考えたら自転車乗れなきゃトライアスロンはできないし,
自転車に乗れるようになったら自転車レースに打ち込むだろう。
でもダイエットや気晴らしのためにショートなトライアスロンをのんびりしてみるのも悪くないなと思う。

自転車での腰の痛みと,右脚の引き攣り,痛みでまったくまともにペダリングできないことに気は沈むけど,
スイムとジョグがいい感じでこなせたのは収穫。
とにかく今は出来ることを出来る範囲で地道に続けるしかない。
春までは辛抱して,最低限の体力をキープしようと思う。


でも,何度も何度も繰り返すけど,


やっぱり自転車に“普通に”乗りたい。


晩飯は,今日がんばったし,明日またがんばるため,そして憂さ晴らしに中華でやや馬鹿食い
b0047100_21211471.jpg



また明日からがんばろう。


でも力を抜いて。。。
[PR]

by taka-taca | 2013-01-12 21:21 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(2)
2012年 12月 15日

秘密練のお供はサンタかサタンか。。。

今朝5時ごろ寝言で大きな唸り声上げて起こされた。

夢で“あ゛ー!くそー!”って叫んでグラスとか壁に投げつけてたのは覚えてる。
たぶん,普段から腰が痛んだり右脚が引き攣ってペダリングがギクシャクするのを堪え切れずに,
“くそっ!”とか“う゛ー”とか唸って走るのが,たまに大声で爆発したくなるのが夢に出たのだろう。

昨夜,そろそろトレランの筋肉痛も楽になってきたとはいえ,ジョグはキツいからローラーに乗り,
相変わらず,というか寒くなって悪化している腰痛と,右脚が引き攣ってローラーが揺れることにひどくストレスを感じていた。
そーいえば,先週トレランしたときに,いつも付けて走ってる“熊鈴”が左足と右足の着地ごとに音が違うことに気付いた。
左の方が明らかに大きく,つまり右足で地面を蹴れていない感じ。
やはり自転車でもランでも右脚の筋肉が思うように動いてないのは確かな事実なのだ。

3本ローラーしてると,右脚が引き攣るたびに自転車が揺れて“カタンカタン”とローラーから音が出るんだけど,
今まで使ってたのは(貢物)だいぶ古くなってきたからか,剛性が弱くなってる感じで,
最近その音が大きくなってきて,時折ひどく引き攣って脚が止まったりすると“ガシャン!”と台のフレームが大きく揺れて,自転車ごとローラーから飛び出しそうになるほど。
実走では傍目からは全くわからないようだけど,引き攣るごとにペダルが瞬間的に止まり,自転車が常に前後に揺れているのだ。
その右脚を無理矢理回して,腰から脚の痛みに耐えるのは限界がある。

そこで,しばらく前から気になっていたローラーがあって。。。
それがこの ELITE E-MOTION
3本のローラーがシリコンベルトみたいなのに引っ張られて,自転車の揺れに合わせて前後に動くのだ。
“ダンシングができる”とか“ケツ上げてもがける”というのが謳い文句だが,
普通の3本ローラーでもダンシングできるし,ローラーでケツ上げてもがくことなんてしないから必要ないと思ってたけど,
考えたら今の自分のギクシャクしたペダリングにはちょうどいい機能だと思っていた。
b0047100_917776.jpg


そこへ12月なってUKサイトの限定セールで一気に値段が下がったところで思わずゲット
自分へのクリスマスプレゼントとなって届いたばかり。

で昨夜早速乗ってみたのだが。。。
やはり引き攣る右脚に合わせてローラーが前後する。
今までのように自転車がローラーに乗り上げそうな勢いや,“カタンカタン”と音がすることはない。

実走にさらに近いと言われればそんな気がしないでもない程度だが,
前後に揺れる上に,ローラーが細見になって左右にも動きやすく,なんとなく船酔いするような感覚も!?
ダンシングも,普通の3本ローラーと比べて特にしやすいとかは感じないけど,
今までよりは飛び出しそうな不安は軽減されることは確か。
とりあえず折りたたみでない分安定感があって静かなのは室内トレには最高。
古いのはまだ使えるし,折りたためることを生かしてレースのアップ専用にしよう。

これでことしの冬はローラーで何とかして,引き攣りが治る治らないに関わらず少しでもまともなペダリングができるようになって欲しいところ。

そして実は,1年半前の夏に安物のピスト車を買っていた。
理由は,引き攣って止まる右脚が,止まらないクランクに無理やり回されてペダリングできるように治るんじゃないか?という期待感から買ってみたのだった。

がしかし。。。
治るどころか引き攣って痛む筋肉が無理やり動かされてさらに痛んで,とてもじゃないが1分と耐えられず,
結局そのままお蔵入り。

それでも2年前よりは体の状態は良くなってるし,この“動く”ローラーならピストでも乗りやすいかもしれない。
普通に回る左脚に合わせて右脚も回すにはピストは有効だと思うし,せっかくあるのを使わないのも勿体ないから,新ローラーで再チャレンジしてみるつもり。
これがサンタの贈り物になるのか,サタンとなってさらに俺を痛めつけるのか。
まずは引き攣りを気にしないで無心で乗れるようになるかどうか。
腰痛はそれから先の問題。

今度こそ,春には答えが出るだろうか?
神(悪魔)のみぞ知る。。。
[PR]

by taka-taca | 2012-12-15 09:57 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(2)