Pendenza20%「飲み喰らい魔ー日記」 第2部

scalatore.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:スキー( 8 )


2017年 04月 25日

乗鞍スノーハイキング ~後半~

スキー場管理下だけど管轄外(?)の林間ツアーコースを抜け、いよいよココからは冬山登山モード
何か起きたら連絡するのはスキー場ではなく警察だ。
ヘリ呼んだら数百万!?💸💸💸
b0047100_20480197.jpg


森林限界を超えると一面真っ白と真っ青(快晴の日を選んで行った)
この位ヶ原の急斜面は難関の一つ
みんな息を上げながら黙々と登ってる
b0047100_20480273.jpg


急斜面を超えて山頂を望む緩斜面に出て一休み。
この辺りで休んでる人がアチコチにいた。
b0047100_20480274.jpg

b0047100_20480325.jpg


山頂直下の急斜面までしばらく緩斜面が続くので、ここでアイゼンを外して2度目のスキー歩行。
b0047100_20480473.jpg

前も後ろもだだっ広い雪原
b0047100_20480487.jpg


山頂直下の急斜面手前まで辿り着いた。
スタートから5km弱を4時間。
山頂まではもう一息だが、帰りの時間と運転する気力を考えると無理はできない。
b0047100_20480506.jpg


とりあえずメチャ腹減ってたのでランチタイム。
この辺りは普段は強風で寒いはずだけど、今日は奇跡的に風が穏やかで寒くはない(暖かくもないが)
予定では少し下って林間で食うつもりだったけど、この絶景をしばらく眺めていたい気持ちにも駆られ、ここに座り込んでマッタリした。
持っていた防寒具を着込み、ケツに座布団を敷いて座ると案外快適
絶景を眺めながら脳裏に浮かんだ歌は“風が吹いている”だった。
たぶん冬期オリンピックのテーマソングだったことと、風が爽やかに感じたからだろうか。
歌詞をあまり知らなかったんだけど、帰って調べると。。。
“風が吹いている”、ここまではいい。
“僕はココで生きて行く〜♪”???
さすがにこのままココでは生きていけないと思った(笑)
b0047100_20480553.jpg


ふと向こうを見ると
かつて何度も自転車で登った乗鞍ヒルクライムのゴールへの左カーブが。。。
今こうしてこの場所にいることの意味をしばらく考えていたけど答えは見つからず。
何はともあれココに、この時に来られたことが幸せなんだと思うことにしといた。
遠方の山脈は絶景ではあったが、俺の視線は“ゴール”をずっと捕らえていた。。。
b0047100_20480638.jpg


マッタリ休憩しながら、こんな時間があったら山頂アタックできたかな、とも思ったけど、ピークコレクターでもないので、この景色に出会えたことに満足しつつ下山へ。
b0047100_20480734.jpg


5kmの下りは、普通に行けば10分と掛からない。
もったいないから時折振り返って景色を目に焼き付けながらも、やっぱりあっという間にスタート地点へ帰着。
これならやっぱり山頂まで行く時間はあったと思いつつ、まあまた来るからいいかと温泉でマッタリして帰路へ着いた。

初めてのバックカントリースキーというか冬山登山。
下調べと準備をしっかりしていったし、何よりも天気予報をギリギリまで確認して安全を確信していたから楽しかったけど、状況によっては雪崩や遭難も度々起きている山なので終始緊張感を持ち続けた。
人はこうして山の魅力に取り憑かれていくのだろうか。
あ、でも俺は天気悪ければ絶対登らないけどな。それはトレランでもトレッキングでも、そして自転車でもいつもそうだった(苦笑)

さて次はいつ来ようか。
次回は山頂まで行ってみたいな(やっぱ山頂踏みたいんじゃん)

[PR]

by taka-taca | 2017-04-25 20:43 | スキー | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 24日

乗鞍岳スノーハイキングの軌跡 ~前半~

自転車で何度も何度も登った乗鞍。
まさかこの山をスキー担いでアイゼン履いて登るなんて、ついこないだまで想像すらしなかった。
なんでこーなったかの経緯は複雑で長くなるので割愛。

ともあれ直前に天気予報を確認していたとはいえ期待以上のドピーカン晴れで、終始雲ひとつない青空の下雪山ハイキング&スキーを堪能した。

本来ならこの週末から春山バスが運行され、乗鞍高原から位が原山荘までバスで森林限界を超えられるはずだったのだが、今年は雪が多く除雪に時間掛かり1週間延期となった。
だからきっと登山客が少ないだろうと思って7時過ぎに三本滝駐車場に行ってみると。。。すでに100台近くの車でいっぱい。
なのに何故かポールポジションが俺のために空けられていて?
b0047100_22544165.jpg


スキー場最上段のリフトは4月9日で営業終了でとっくに無人
すでに何人もの人がスキーで登っている
b0047100_22253573.jpg

よし俺も行こうとスキーを履いて登り出すが、いきなりの難関かもしかゲレンデをトボトボ登る。
雪は固く歩きやすいし出だしなので元気だが、いきなりの急斜面にシールなしのウロコ板ではズルズル滑って登れず
b0047100_22253711.jpg


早速アイゼンを履いてスキーブーツで歩いて登ることに。。。
スキーを付けたリュックは12〜13kgだが、スキーがグラグラしてずっと重く感じる。
b0047100_22253631.jpg


影を見ると雪山訓練の兵隊みたいだ。
b0047100_22253657.jpg


林道の除雪が進んでいて、アイゼンを外して林道のヘアピンを歩いてゲレンデの一段上まで上がる。
b0047100_22253803.jpg


ゲレンデ最上部にくると乗鞍岳山頂が遥か彼方に見える。
アソコマデノボルノカと思うと気が遠くなる。。。
b0047100_22253821.jpg


ふと足もとを見ると動物の足跡。
ウサギにしては大きいし何の足跡だ?
まさか冬眠から覚めた熊じゃねぇだろうな。。。汗
b0047100_22253919.jpg


ココからいよいよオフピステ。整備されたバックカントリーツアーコースだが、スキー場の管轄外となり何か起きたら自己責任だと。
入山届を出し、登山保険にも加入した。
b0047100_22254068.jpg


コースには番号標識があり迷うことはない。ていうか標識なくても迷いようがない。
b0047100_22544227.jpg

b0047100_22544398.jpg

b0047100_22544316.jpg

あれ?4番見逃した!?
b0047100_22544450.jpg


時折姿を見せる山頂に気持ちが高まる
b0047100_22544501.jpg


前を行くカップルは何故か両端に分かれて無言で歩く。
他のグループとかもバラけて各自のペース
ラインで自由に、そしてやはり一様に無言で進む。
なので前後に常に人がいるんだけどいように静かで不思議な世界
b0047100_22544504.jpg


ツアーコース最後の6番標識
b0047100_22544658.jpg


テント張ってる人が。。。さっきすれ違った犬連れの人だろうか。
b0047100_22544609.jpg


この先ツアーコースを抜けいよいよ本当の冬山登山が始まる。

後半へ続く。



[PR]

by taka-taca | 2017-04-24 21:40 | スキー | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 23日

ノリクライマー復活!?



2004か2005年辺りのゴール手前大雪渓下
b0047100_21573628.jpg
10年前のレースが最後の乗鞍だっただろうか。。。
夏山の乗鞍と雪山の乗鞍。
景色は全く違うけど,所々見覚えのある景色があり,自転車で息を切らしながら登った記憶が蘇る。
b0047100_22023641.jpg
自転車で乗鞍や富士山を登る気持ちよさは忘れはしない。
でも今は他人とも自分とも競うことなく,ただ静かに一歩ずつ登っていくだけ。

この夏また乗鞍に戻ってくるとしたらトレッキングか,それともまさかの自転車か。
いや,できれば自転車か。。。

結局のところ諦めきれない俺がいる。。。

[PR]

by taka-taca | 2017-04-23 22:04 | スキー | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 21日

Schi Heil !! スキー万歳!

今シーズンようやく2日目のスキー
今年は12月から雪が多く,絶好のスキーシーズンのはずだったが。。。
年末年始はなんとなく機会を逃し,トレランも楽しいし,なにより寒すぎて夜中出発の日帰りスキーに行く気になれず(苦笑)
あ,ちゅなどんスキー部の合宿の話がないのも,イマイチ気持ちが盛り上がらない理由の1つかもw

土曜の夜の段階で疲労困憊。
夜中3時にアラームが鳴った時“なんだ?なんだ?あ,スキー行くんだっけ”と思ったくらい。
かなり気持ちよく熟睡してただけに迷ったけど,“今日行かなきゃ次は当分先だぞ”と思ってベッドから這い出てすぐに出発。

こんな体調でも行ったのは,天気予報からして最高の状態なのは確実だったから。
そして予想通り天気もゲレンデの状態も最高。。。
b0047100_21323767.jpg


More
[PR]

by taka-taca | 2013-01-21 21:50 | スキー | Trackback | Comments(0)
2012年 03月 12日

やっぱり競技系

土曜日の夜,JスポでスキーWCのGSを見ていて無性にポールトレがしたくなって,岐阜の高鷲スノーパークに行ってきた。
b0047100_21304945.jpg

このスキー場,あまりのボーダーの多さ(なんでリフトの乗り降り場やゲレンデのど真ん中に集団で座り込むんだ!?“座り込み禁止”のでっかい看板とか,放送でもしつこく注意されているのに)に閉口するが,なぜか一番いいコースがポールレッスン専用になっている。
“全国でも屈指の競技専用コース”と謳うだけあって,下手な草レースやレーシングキャンプなんかよりずっと長くて急斜面なコースを占領して練習できるので,草レーサーや地元で国体を目指すシニアやジュニアの選手もくる。
有名人がコーチするとかではないから参加者も少なくてすごく効率がいい。
どうせ有名人のレーシングキャンプなんて,適当なアドバイスするだけだし参加者多すぎてロクに滑れないし。

しかし,競技スキー(草だけど)に打ち込んでたのは20数年前の俺がいきなり入るにはあまりに本格的なセット。
しかも昔と違ってカービングスキー向けのセットは,きつく振ってあって技術的にも体力的にも(10年前のスキーにも?w)厳しい。
まあでもレースに出るわけではなくて,あくまでも旗門を滑るのを楽しみつつ,規制されたコースだからこそ得られるターンの基本を思い出すのが目的。

でもいざスタートに立つとやっぱり気持が高ぶる。
そして旗門に沿って滑り降りるとやっぱり嫌でもスピードが出る。
“ひぇー!GSってこんなにスピード出るんだっけ!?”と最初はビビって次の旗門に入るので精いっぱいだったけど,何本か滑るうちに慣れてきて,考えながらターンできるように。

外スキーにしっかり乗ることを思い出しながら,昔のようにターン前半でスキーを振り過ぎずに早めに角付けするカービングも意識した。
テレテレとフリースキーするのと違って,1ターンごとに“ハッ!”と声に出したり“グゥゥ”と歯を食いしばる。
さすがに急斜面の旗門の中では難しいが,合間のフリーではその感覚がかなりハッキリと掴めた。
先週までの滑りとは全く変わったし,もしかしたら昔より速く滑れるようになるかも。
と思えるくらいにスキーが切れて走る感覚が新鮮だった。
マテリアルの進歩をつくづくと実感したが,10年前のGSスキーでこれなら今どきのならもっと。。。(ゴクリ)

コースが掘れてくると下地は固く,横にたまった雪はグサグサで飛び出したらかなり危険。
怪我だけはしたくないから無茶はしないが,溝に合わせると思った以上に加速する。
さらにインに入りポールにアタックしてみたりすると。。。
パッド入りインナーを着ていたけど腕にはいくつかのアザが(痛)

午前中は雲ひとつない晴天だったのが,昼飯食って外に出ると雪がちらつき,しまいには猛吹雪(涙)
午後はコースも見づらく変に硬くなって一層難しかったけど,久々のポール練を楽しんだ。
なんといってもやっぱりピチピチのGSパンツを履くと気合が入って気持ちよかった(笑)

その頃うちではモニカが親しいイタ語の生徒さんたちを招いて女子会wしていて,俺の晩飯はその残り物(笑)
b0047100_21362548.jpg

b0047100_21364255.jpg

b0047100_2137226.jpg

b0047100_21372754.jpg

b0047100_2137438.jpg


今朝はいただき物のフルーツで華やかな朝食
b0047100_213826.jpg


晩飯はチーズの山。。。
b0047100_21382589.jpg


そろそろちゃんと運動して体重落としたいけど,自転車乗らないからまだいいかと思ったり。
[PR]

by taka-taca | 2012-03-12 21:41 | スキー | Trackback | Comments(2)
2012年 03月 04日

シーズンオフ(&イン)間近

土曜日はトレランの予定だったけど,どーにも眠れなくて夜中2時半に出発してスキーに行った。
睡眠1時間半で往復580kmの日帰りスキーはさすがにキツかった。
b0047100_214250100.jpg

数日前の雨のおかげで朝イチはツルツルカリカリ。
昼頃にはザクザクで春スキー。
午後はザラメが剥けて日陰はカリカリ。

ココ(富士見パノラマ)は今シーズン終了だな。
できればもう1回どっかで滑りたいけど。

睡魔に襲われることを恐れた帰路は,思いのほか元気で,問題なく帰宅。
しかしビール1リットル&ワイン1本でさすがに撃沈zzz
b0047100_2264210.jpg

b0047100_2265511.jpg

b0047100_22762.jpg

b0047100_2272132.jpg

[PR]

by taka-taca | 2012-03-04 21:43 | スキー | Trackback | Comments(2)
2012年 02月 22日

ちゅなどんスキー部 志賀合宿

b0047100_1338961.jpg

死んだように過ごす平日から解き放たれるために22~3年ぶりの志賀高原へ,チームちゅなどんスキー(デ)部のメンバーと行ってきた。

“志賀集合!”と言われ,志賀かぁ,ちょっと遠いなと思ったが,年末の白馬がさほど遠いと思わなかったし,昔大好きだった志賀のゲレンデを思いっきり滑りたいと気持ちは高ぶり,もちろん即答で飛んで行った。
問題は,大寒波で特に土曜日は大雪な予報だったこと。。。

案の定土曜日は猛吹雪の中,アキラ&カオリンと,寒さに震えながらもそれなりに楽しくフリースキー
一の瀬の猛吹雪から逃げてきたアキラたちと,俺がいた比較的穏やかなジャイアントで合流して,そのままずっとジャイアントを滑り続けた。

視界不良で降り積もる新雪でボコボコの急斜面を滑るのは,ポジション確立にはそれなりに練習になったか。
何とか気力を振り絞って滑るのに集中するあまり,写真撮るの忘れた。
撮ってもも真っ白でなんにも写らなかっただろうけど。
吹雪の中のドライブのBGMはもちろんブリザードだったけど,ジャイアントのノロいリフトに脳内BGMはカールおぢさんで“おらが~にゃあドカ雪が3日も続き~♪”に。。。笑

土曜の夜は仕事を終えて駆け付けた部長,ドラゴン先輩,タカオさんが合流して,焼肉屋で“デ部”w合宿
さすがのちゅなどん部長御用達。超久々の焼肉は最高に美味く食いまくり,みんなでシメにラーメンまで食って,“デ部”の部活動は完璧(汗)

予報では日曜日の天気は曇り。
それでも土曜日の吹雪を思えば十分だと思いきや。。。
起きたらなんとドピーカンの快晴!
b0047100_13354283.jpg


晴天となればやはり標高の高い奥志賀
ということで焼額にPしてヤケビから奥志賀を横に移動しながらエンジョイスキー!
期待したほどの新雪や圧雪の一枚バーンはなかったが,ボーダーのいない奥志賀のコブは普通にスキーコブで,しかも新雪で柔らかくて滑りやすくて楽しいし,何よりも降雪あとのピーカン晴れの奥志賀の景色は最高!まさにスキー天国!
b0047100_1336864.jpg


どのコースも後半のド緩斜面が長~いのが残念だけど,長い急斜面は楽しいし,人も少なくて気持ちよく滑れた。
スキーブームの頃なら晴天の日曜日のゲレンデがこんなにガラガラでリフト待ちゼロなんて考えられなかったな。。。
b0047100_13362893.jpg


そして昼は,ちゅなどん部長おすすめのレストランで優雅なランチタイム♪
b0047100_13364581.jpg


俺が食ったのはチキンカレー
b0047100_13365752.jpg


あまりの天気の良さと最高のゲレンデに,まったり休む気持ちにはならず,食後のコーヒータイムは後回しにして滑りだし,3時頃コーヒータイムをとって(誰かカレーライス食ってたがw)
ゴンドラ終了の4時15分に乗って,最後の1本は噛みしめるように滑り下りた。
b0047100_13373320.jpg


帰りのドライブも考えて,昼過ぎに上がって帰るつもりでもいたけど,この天気にもちろんそんな思いは消えさり,丸1日スキーを楽しんだ。
志賀からの山道の下りは夕方になるとツルツルで,時速20kmくらいで渋滞していて,ところどころツツ~っと滑るタイヤに冷や冷やしながら何気に楽しい雪道ドライブ。

中野の町でみんなと別れてからは,360kmの高速道路を睡魔と闘いながらも,事故も渋滞もなく順調に帰宅。
ものすごく遠いイメージだった志賀高原は,長野オリンピックの道路開発のおかげや,スキー人口の減少もあって,スムーズに往復できて,思いのほか近いのだとわかった。
気軽に日帰りで富士見や岐阜へ行ってガッツリ滑るのもいいが,こうして仲間と志賀や白馬へ遠征するのはやっぱり楽しい。
スキー復活してホントに良かった。

あとは春以降に自転車復活できるかどうか。。。
[PR]

by taka-taca | 2012-02-22 13:38 | スキー | Trackback | Comments(0)
2012年 01月 09日

平成仮免!?

日曜日はドラさんと2人で富士見パノラマ。
チームちゅなどん北海道スキーツアーに置いてかれた男2人(涙)で朝イチから練習モード。

こないだ9990円(定価38000円)で買った2年落ちの真白なジャケットで爽やかに変身w
b0047100_16154647.jpg

大きく見えていた富士山は,写真では豆粒のよう。

どらさんはゴーグルがおニュー
b0047100_16134144.jpg


富士見パノラマの何が楽しいかって,朝イチのガラガラでコブ1つない硬くしまった3kmのコースを高速ロングターンで一気に滑り下りる快感に尽きる。
そのためにGSレース用のスキーを履いてゴンドラ3本をノンストップでカッ飛んだ。
小回り用スキーのどらさんは,俺の3倍くらいターンして疲れ果てていたようw

日曜日で,家族連れやら修学旅行らしき団体やらでゲレンデは込み始めたので,スキーを短いカービングスキーに履き替えて何本か滑り,時間をずらすために11時に早めのランチタイム。
昼ごろになるとレストランも込みはじめ,そろそろゲレンデが空くだろうと滑りに行くが,どらさんはもう少し休むというので1人で滑り始めた。
が,なかなかどらさんが来ない。。。でその間に10本リフトに乗って単独練。

1時間ほど経って,やっとどらさんが帰ってきた。どうやらうたた寝していたらしい。。。
込み合う麓を避けて山頂のリフトで中回りのカービングターンの練習。

最近雑誌や付録のDVD,それにネットでカービングターンの理論なんかを頭にたたき込み,イメトレした成果があったのか,両スキーのエッジを立てて,スキーがたわんで自然にカービングターンするのに体を預けるという感覚が少しわかってきた気がする。
上半身で大袈裟な抜重をするのもやめた。というか我慢(笑)
とくに中斜面の大回りで,切れて加速する感じが気持ちいい。

がしかし,中回りになると,ついつい外手で先行動作を起こしたり,ポールをアタックするような動きをしてしまう癖が出てしまう(苦笑)
でも以前のように内スキーが浮かなくなって,外スキーの角付けも良くできているのではないだろか。
と,たまたま撮れたこの1枚の写真ではそう見えて自己満足(笑)
でもようく見れば,得意の(?w)シェーレンや,両スキーの前後差はまだ治っていない。。。orz
b0047100_16181198.jpg

b0047100_1620853.jpg


寝起きのwどらさん
b0047100_16221238.jpg

どらさん,よく見るとバックル外してる?何気に練習モードだった?
まさか寝ぼけてて忘れた?w
b0047100_16223452.jpg


ランチ後もまた人が増え始めたので,下まで降りてデザートタイム。
ソフトクリーム食ってまったりしてたら上まで戻ってガツガツ滑る気がなくなり,無理して滑っても意味無いので,下の緩斜面が空くのを待って,最後に3~4本,カービングターンの基礎を叩きこむように丁寧に滑って終了。
新しい道具で新しい滑りにトライしてみると,スキーってやっぱり難しいし面白い。
ポール練を始めたころの新鮮な気持ちが蘇るようで楽しくなってきた。
ただ問題なのは,スキー場が遠いということ。
片道3時間のドライブ(しかも日帰り往復6時間)は,腰にひどく負担がかかる。
途中1度は止まってストレッチしないと腰が痛くて運転し続けられない。

腹が減って死にそうな帰路,どこかのSAでソースかつ丼でも食いたくなる気持ちを抑えてうちへまっしぐら。
そんな俺を待っている晩飯
b0047100_1623645.jpg


かぼちゃのスープ
b0047100_16231973.jpg


ワインは980円だけど美味いキアンティ(安いけどD.O.C)
b0047100_16233024.jpg


メインはローストポークの何ソースだっけ?
b0047100_16234168.jpg

それにしても山盛りすぎ。。。
スキーって,筋トレにはなるけどカロリー消費は高くない。
なのにやたらと腹が減るんだよな(苦笑)
滑ったあとに5kmジョグくらいする余裕があるといいんだけど。。。
[PR]

by taka-taca | 2012-01-09 16:23 | スキー | Trackback | Comments(4)