Pendenza20%「飲み喰らい魔ー日記」 第2部

scalatore.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 40 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 31日

今年の目標の一つは早くも×...

昨夜の練習の首への影響が心配だったけど夜念入りにストレッチして湿布を貼っておいたら今朝の痛みは昨日よりも若干和らいだ.
日曜日のレースは首に関してはほぼ問題なく走れるだろう.
まだ後ろを振り向けないけど,レース中に後続を気にすることはあまりないから後は前だけを見ていけるとこまでがんばるだけだ.
ただ問題なのは,ゴールで後続車を確認して両手を掲げてガッツポーズできないこと(元気な時でも優勝なんてしたことないから関係ないだろ!笑)

昨夜の練習でも1km程度の坂で思うように進まず脚の重さを実感したけど,昨日届いたしらびそ峠のレース写真を見て納得.
b0047100_22515747.jpg

どうみても太ももがムチムチ...(笑)
これからどんどん走り込んで脚を絞っていきたいが,下半身デブは生まれつきだからしょうがないんだよな(泣)

今日は天気予報通り夕立で,昨日の夜練の疲れもあったし予定通りローラー1時間.
今月は昨日の60kmでギリギリ900kmに達したが,1月から3月に月1100~1200km走り,今年は年間通して月1000kmを目標にしてたのに...
[PR]

by taka-taca | 2007-05-31 22:38 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 30日

今日の気分は53×16

この首のせいで熟睡できない日々が続いてさすがに寝不足.
昨夜のジロはガルゼッリの爆走を最後まで見ずに12時前に寝た.(ゴールシーンは録画して今朝見たけど)
そして今朝も4時に首の痛みで目が覚めたが,昨日までの5段階に対して今日は3段階で寝返りを打てたし,痛みも我慢できてその後うとうとではあるが少し眠れた.

さらに朝イチでリハビリに行き,いつものように激痛指圧&電気治療で首の可動域もだんだん広がってきた.
今日も指圧があまりに痛くて涙目になりながら医師に“こんだけ痛いってのはやっぱりこってるからですか?”と聞くと彼は“いや,こってるんじゃないね.ていうかこってるっていうレベルじゃないよ.ガチガチに凍ってるって感じだな”と笑いながら答えた...

何はともあれ回復には向かっているようだ.
今日は雨模様だったし,Tip行くかローラー乗るか迷いつつ,“Tip行ってもステップみたいな激しい動きはできないし,筋トレも肩周りはできないから行っても意味ないしローラーでも乗るか”
と思ってたら,夕方一瞬強い雨が降った後いきなり晴れて蒸し暑いほどになり,“これは夜練できそうだな”と思い,日曜のレース前にやっぱり一度はちゃんと走っとかないと不安なこともあり,夜練に決定.

首はだいぶ楽になって,何とか左右は見れるけど,まだ後ろは振り向けない.
それよりも,走り出すとやはり練習不足なのか体が重い.
でもアップ区間10kmを過ぎると少しずつ脚が回りだし,そこから40km余りを心拍数170以上をキープすることを心がけもがいた.
その区間の平均時速34kmは好調時より1km低いものの思ったよりは走れた.
でも坂が思うように登れない.脚が重すぎる...

まあ何はともあれ61kmを2時間弱,久々に追い込んで気持ちよく走れた.
というわけで今日の気分は早くもアウター,53×16なわけさ.
“アウタートップな気分”まではまだまだだけど,復調の兆しが見えた気がする.

とりあえず日曜日のスバルラインはサイクリングは返上.マジで攻めるよ.
まあ自己記録更新は無理としても次のレースにつながる何かを掴めればいいかな.

さあて後は食うだけ!
[PR]

by taka-taca | 2007-05-30 22:11 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(3)
2007年 05月 29日

気分はインナーロー

今朝も4時に首の激痛に目が覚めた.昨日のリハビリで和らいだかと思った痛みがむしろ悪化している.
それでも午後になると薬の効果もあってか耐えれる程度の痛みに落ち着く.
さすがに今日の痛みでは夜練はおろかTipで筋トレも無理.何しろ腕が肩より上に上がらない.
それでもローラーくらいはできると思っていたら,一難去ったはずの仕事でまた一難...
仕事が終わるともう気力のかけらもなかった.
体調がいいときなら9時スタートで夜練なりTipなり行って晩飯が11時になっても構わないけど,この体調では仕事するだけで疲れきってしまう.

とにかく3月半ば以降,仕事は忙しいし,体はあちこち痛み出すし,春になってこれから夏の乗鞍に向けて調子を上げていきたいときなのに,真冬の方がずっと走れたなんて...
おまけに修理したホイールもやはりしっくりこなくて,思い切ってキシリウムESを買おうと思ったら品切れ...
こんな時って何やってもうまくいかないんだな.

そんなわけで気分はインナーローなのだ.
つまりもういっぱいいっぱいってとこ.でもこんな時こそギアかけて,ダンシングで激坂をクリアしなければ.
でもその前にハンガーノックになったら元も子もないよな.

というわけでまずは水分&栄養補給からだ.
今更日曜日の富士山ヒルクライムに向けてダイエットもくそもないし,ただでさえ体調悪くて気分悪いのに飲み食いまで我慢したら気が狂っちゃうよ.

で今日のランチはジェノヴェーゼのリングイーネ.
b0047100_225319.jpg

一応オリーブオイルとパルミジャーノは“気持”控えめに入れた.

夜は今日も何にもしなかったしサラダと豆類だけにしようと思ったけど,せっかく美味い日本酒仕入れたばかりだし,念のためスーパーに行ったらイナダの刺身がうまそうだったので...
b0047100_2264848.jpg

おまけに我慢するつもりだった玄米ご飯に味噌汁で腹いっぱい

ああ,早く思いっきり走って思いっきり食えるようになりたい(泣)

さて,そんなことよりジロだジロ!
それにしても,ツァベルやリースのドーピング告白.“みんなやってるからやらなきゃ勝てない”って言うし,リースは1996年のマイヨジョーヌは返上する覚悟みたいだし,こうなると去年のツールもそうだけど誰が真のち勝者なのかわからないね.
でもやっぱり選手を信じて今日もジロに没頭するのさ(没落する方が多いが...笑)
[PR]

by taka-taca | 2007-05-29 22:15 | 日常 | Trackback | Comments(2)
2007年 05月 28日

今日はホントに休養日

今朝も4時ごろ首の激痛で目が覚めた.丁度その頃に夕食後に飲む痛み止めの効果が切れるんだろうか?
とにかく寝返りを打つのに両手で首を支えて少しずつ回しながら5~6回かけて体を回す始末.
上向きで寝た姿勢で首だけでは頭を上げれない状態.人間の頭の重さを実感する.
とにかくあまりの痛さに昨日のレースで無茶したことをちょっと後悔し,“今日こそは絶対安静しよう”とその時は誓ったが...

朝,昼食後に痛み止めを飲むと痛みは和らぎ,午後にリハビリで指圧を受けると何とか首が周るようになった.
30分のリハビリで,まずは頭を前後左右にゆっくり動かし,少しずつ可動域を広げる.そして激指圧.それにしてもこの指圧マジで痛い.ウトウトするような指圧マッサージを想像してはいけない.
足裏ツボ刺激みたいに脳天に突き刺さるような痛みに歯を食いしばり,手を握りしめ必死にこらえるが,冷や汗はでるはしまいには吐き気がするほど痛いのだ.
もちろん凝り固まってるところが痛み,指圧後にはすっきりして楽になる.
でもここまで痛いと,元々の痛みを我慢するか指圧の痛みを我慢するか悩みだす.まるで歯医者に行くのをためらうようだ(笑)

リハビリ科の医師に“レースどうだった?”と聞かれ“最後はリタイアしました”と答えると医師は“あはは,やっぱりね”と笑った.
この体でレースなんて走れるわけがないとわかっていたのだろう.
でも2時間半走ったけどね.

今日は運動しないでサラダと枝豆だけにしようと思ったが,首が楽になると動きたくなる.
それに昨日何だかんだ言って2時間以上追い込んだわりには脚にあまり疲労感がない.
最後の1周を超スローできっちりクールダウンしたのがよかったんだろうか!?
それでもさすがに自転車に跨って夜練しようとまでは思わないが,ローラーなら問題ない.
でもだらだらローラーに乗るくらいならジム行ってマシンで腹筋背筋スクワットでもした方がいいような気がして結局Tipへ行こうと思ったが,今日は仕事が“耐久”となりTipに行く時間もなくなり結局休養日となった.
ある意味これでよかったのかもしれないな.

そういえば,今仕事で作ってるブツが数日後に自分が自転車で走った竜洋テストコースでテストされてるかと思うとちょっと不思議な感じだ.

夜に最低限の運動はするつもりで普通に食った昼のパスタはドライトマトとアスパラガスのペストジェノヴェーゼ
b0047100_2394474.jpg


そして何も運動しなかったけど,晩飯にはイサキの刺身に納豆腐
b0047100_2312439.jpg


今日は長珍のうすにごりを開けた
b0047100_23134529.jpg

微妙な甘味がありながらさっぱりとした味わいで超うまい!

昨日のレースに参加していた方が撮った写真を送ってくれた.
まずはスタート
b0047100_2319501.jpg


そしてレース中
b0047100_23213225.jpg

後ろにこんな大集団がくっついてるとは知らずひたすら先頭付近で引き続けた.

さて,今日はジロもないし早めに寝るか.
[PR]

by taka-taca | 2007-05-28 23:23 | 日常 | Trackback | Comments(5)
2007年 05月 27日

竜洋3H耐久レース

今日は珍しくかなり凹んでます.
レースの結果とか内容がどうこうではありません.
首が痛くても,腰が痛くても,練習不足は別として,現状の力はそこそこ出せると思ってた.
でもそれは“根拠のない自信”でもなく単なる慢心だったようだ...

でも,レースも前半は先頭付近で楽しめたし,久々にトライアスリートさんと秋葉山で会ったチームの仲間や,春野の練習でたびたび会っていたスペードエースのTもとさんにも会って話せたし,O田さんまでチームの応援できていたのにはびっくりしたが,おかげでレース前も後も一人寂しいことはなく楽しい1日を過ごせた.

しかし,このブログを見てくれてるみんな,当然自転車乗り,そしてこのブログは“一応”自転車ブログ(本人はそのつもり)なのに,みんな口を揃えて“ブログ楽しみに見てますよ.いつも美味しそうでいいですよね!”と言う...(笑)

それはさておき,現状に落ち込んでてもしょうがないし,“自転車ブログ”なので今日のレースレポートを簡単に書いときましょう.
久々の平地レース,というか3時間耐久なんて初めてだ.
まあ3月に修善寺CSCを2時間40分,80km余りのレースを無事走ってたから,今回は平地ということもあり不安はなかった.
ただ,首の状態だけが心配だったのと,海沿いのサーキットだけあって予想通りの強風に苦しむことになった.

レースは2周目,超向かい風でまったり進む集団から一人レベルが違いそうなBR-1の外人選手が飛び出してすぐに見えなくなった.
その後も集団は毎周小刻みなアタックらしきものはあるが,あまりの向かい風にすぐに集団にもどってくる.
集団内にいれば向かい風の緩い登りも本当に楽なんだけど,今日はレースというよりも練習したい気持が強かったし,レースとしてもとにかくアタック集団に喰らい尽きたかったのと,大集団はいろんな人が混ざり合い,斜行や蛇行で危険なので常に先頭位置をキープした.
案の定集団中ほどで落車が発生して,道路には血の池,救急車もすぐに入った.怪我の状態が心配だけど,レースはそのまま続行されたから大事には至らなかったのだろう.

集団先頭は常に数人が入れ替わり立ち代わり引くが,何故か気が付くと向かい風のバックストレートを自分が引いてることが多かった気がする.
引いてる意識ではなかったんだけど,誰も出てこないし,何しろ後ろを振り向いて確認しようにも首が痛くて回らず後ろに誰がいるのか,アタックしようとしてるのか,ただ付いてるのか,全くわからず,このことがかなりのストレスだった.

そんな感じで1時間過ごすと,沿道から“トップと30秒差!”という声.
“意外と開いてないんだな”と思ってたらその外人選手が落ちてきた.やはりあれだけの脚をもってしてもこの強風の中での単独走行はきつかったんだろう.
集団にもどってから彼は決して前に出ることはなく,ずっと“いい位置”をキープして次のアタックの機会を狙っていたようで,1時間半が経過したころまた一人で飛び出して行った.

その頃自分はというと,やはり長時間の前傾姿勢がたたったのか,首の痛みに加えて腰痛も出てきてだんだん脚に力が入らなくなってくる.
それに前半先頭に出すぎた疲れも出てきてもういっぱいいっぱいで,たびたび小集団から遅れだした.
しかし,そのたびに後ろからスペードエースの人が飛び出してきて,“着いて来い!”というジェスチャーをして鬼引きしてくれた.
何度も遅れる自分をそのたびに救って集団へ戻してくれて感謝感激.
“さっきから引っ張ってもらってばかりですいません”とお礼を言うと彼は“いいよいいよ気にすんな!”としびれるお返事.
そして俺はそれに甘えて再度後ろについた(笑)
でも実はこの引きに着いてくのは今日のレース中で一番きつい時間帯だったかも!?

もう腰も首もどうにもならなくなってきて,スペードエースの救世主にも着いていけなくなり,切れた集団の間に入ってしまい,向かい風を受けっぱなしでどんどんきつくなる.そうこうしているうちに2時間20分が経過する頃にはついに両手足に痺れが出始めた.
痛いのは我慢すればいいけど,この痺れが出るとやっかいだ.
脊椎や頚椎の検査の時も医師が必ず“手足のしびれはありませんか?”と聞くように,骨や筋肉が痛むよりも神経が痺れだすと脊椎系の病気は危険ゾーンに入ってくるのだ.
さすがの俺もこんなとこで“全て”を終わらせたくはないので,即座にペースダウン.
そのままサイクリングしてゴールしようとも思ったけど,無意味なことは止めて,クールダウンがてら1周流してリタイヤした.
この1周がそれまでの14周よりもずっと長く感じた...

リタイヤと言ってもリザルトでは2LAPの38位でゴールしたことになっている.
レースを途中で止めるのは本当に悲しい.
でもレースはこれだけじゃないし,とにかくまずは療養することが大事なようだ(と今頃気づいた)

そして,レース並みにつらかったのが帰りの運転.
朝飲んだ痛み止めがとっくに切れたのか,レース後痛みは増すばかり.
アクセル踏んで加速するたびに首が痛み,合流するために右後ろを振り返ることができず,一旦停止して確認するほどだった...

うちに帰り,買い物に行くとモニカが“何か歩きかたがロボットみたいだよ”と笑いつつ,“もうこんな無茶しないでよ!”と釘をさした.

最後の秘薬はやっぱ酒だな♪
[PR]

by taka-taca | 2007-05-27 21:52 | レースレポート | Trackback | Comments(6)
2007年 05月 26日

リハビリ&ダイエット!?

月曜日からのスーパーダイエット(自分的には)にも関わらず,結局体重は1gも減らず,体脂肪率ぎりぎり10%を前後するようになった程度.
一体何がいけなかったんだろう!?
まあ運動強度が落ちてるのも確かだけど,晩飯をシンプルにしたわりには,やはりいくら豆類とはいえ量が多かったのか,それともやはり夜遅くのご飯がいくら玄米とはいえマズかったのか.
それに一番の問題は昼のパスタのソースをたっぷりしみこませたパンだろう.
パンを食うためについついオリーブオイルもたくさん使っちゃうし,パンだって食いすぎちゃう.
来週は晩飯は普通にもどして(ただし魚や肉は欲張り過ぎない),昼のパスタの後にパンを食うのを止めた方がよさそうだ.
それよりも元通りしっかり夜練することが先決だよなぁ...

今日は朝から晴れて自転車日和!だけど朝から仕事...(泣)
でも11時にリハビリ行かないといけないからどっちにしても乗れなかったけどさ.
ここしばらく土曜日が休めないけど,日曜日はちゃんと休めてるし,残業もさほど苦にならない.
それよりも頭の中はもう来年のゴールデンウィークでいっぱい.
ジロを見るたびすぐにでもイタリアを走りたくなる.
いっそ盆も正月もいらないから5月に1ヶ月休めたらいいのになぁ...(笑)

思えば5年前に自転車に乗り始めた頃の前後2年間は週7日働いてたっけ.
その頃原因不明(というか病名不明で,原因は明らかにストレス&運動不足)でひどく体調を悪くしたことを思うと,
今の体調の悪さは痛みがあるとはいえ原因や病名がはっきりしてるだけマシだ.

とはいえこのままじゃまともに走れないので,首だけでも一日でも早く痛みを取るために今日も昼前に一旦リハビリに行った.
テーピングをしてもらい,またも超痛指圧に今日は超音波も当てられた.
なんだかすっかり怪我人気分.
ともあれ昨日よりも痛みは和らいでるし,これで明日のレースはなんとか走れそうだ.

昼過ぎまで仕事をして,なんだか体がダルいけど,明日に備えて脚をほぐすために午後軽く35kmを1時間半かけて走った.
テーピングが剥がれるから汗をかかないようにマッタリ走ったけど,この暑さじゃ歩いたって汗が出る.
とりあえず,ブラケット持って首を動かさないようにしてゆっくり走っても1時間を過ぎると痛みが気になりだした.
下ハン持ったらもっと痛むだろうし,ましてレースペースでどこまで走れることやら.
それに明日は暑くなりそうなうえに風が強く吹きそうで,サーキットの周回には過酷な条件になりそうだなぁ...

あとは明日に向けて体力気力を充電するために晩飯.
今日は久々に中華で超高カロリー&脂ギッシュ.
いつもより少なめに注文しようと思ったのに,結局いつもと一緒...
写真はサイズ修正してアップするの面倒くさいし,もうジロが始まるので今日はここまで.
[PR]

by taka-taca | 2007-05-26 22:04 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 25日

我慢強いのか弱いのか!?

今日も早朝に寝返り打つたびに激痛が走り目が覚めた.
痛み止めの薬を飲めば痛みは和らぐが,薬で症状がよくなるわけではない.
こうして首の痛みが出るといつも1週間は寝返りも打てないほど痛むし,完全に痛みが消えるまで2~3週間かかる.
今回は初めて薬を飲んでるが,とりあえずこれで仕事や自転車もごまかしごまかしできそうだ.

しかしこうしてたまに薬を飲むくらいならいいけど,腰にしても首にしても,仮に手術や治療で治ると言われたとしてもできる限り手術なんてしたくないし,通院もゴメンだ.
脊椎分離すべり症に関しては去年の春に医師に“2週間おきに通院するように”と言われたが,年に3~4度行っただけ.
痛み止めの薬を2週間分しか出してくれないんだけど,薬に慣れるのも嫌なので,長距離走る前後やレースの前しか飲まないから2週間分の薬が3~4ヶ月はもってしまい,それがなくなるころに一応検査してもらいつつ薬を出してもらいにいくだけ.
医者を信用してないわけではないけど,治りもしないのに通院する暇はないし,根本的に病院が嫌いなんだな.

こんなことを最初に悟ったのは小学校2年の時,学校の集団検査で鼻炎と診断され通院を余儀なくされ,毎日学校帰りに耳鼻科医に寄りチューブを鼻に差し込みメンソール系の蒸気を吸わされたが,その場は鼻がすっきり通るもののまた詰まる.
結局3~4日で飽きて,子供ながらに“こんなの意味ないよなぁ..”と思い通院を止めた.
今でも慢性的な鼻炎で,鼻炎カプセルは常備薬となってるが,あの時治療を続けて治ったものではないだろうからしょうがない.
手術でもすれば治るのかもしれないけど,手術なんてまっぴらごめんだ.大体注射すら嫌いなのに(笑)

以前にも書いたが,歯医者なんてのは最悪で,虫歯はいつもギリギリまで我慢してしまう.
その痛みを我慢するか歯をガリガリ削られる痛みを我慢するかは究極の選択だ.
痛み止めも薬だから飲むが,注射だとしたら痛みを我慢するか注射をするかかなり悩むだろう.

一度親知らずがひどく痛んだときも,“しばらく様子みましょう”と言う医師に“通院したくないから今すぐ引っこ抜いてください!”
と言って一度で治療を済ませたこともあったし,虫歯を完全放置して,神経すら食われて痛みも感じなくなって,そこにでっかく空いた穴を塞いでもらうために歯医者へ行ったときはかなり呆れられた...

それに幼い頃から“自然治癒力”を唱え,ちょっと怪我しても道端のアロエを折って塗りたくって放っておいたり,高校の時には,これは今考えるとかなり無茶したが,野球の硬球を脛に当て直径20ミリほど陥没してプヨプヨし,その周りが10ミリくらいの幅でドーナツ状に盛り上がって歩けないほど痛かったんだけど,何とその盛り上がった肉を陥没した中心部に自分で無理やり押し込んで,それを厚手の固い布包帯でガチガチに固めて数日放置したら治ってしまったこともあった.

これほどまでの病院嫌いは祖母譲りなんだけど,その祖母ときたら2年前にそれまで痛いのをずーっと我慢してた喉に悪性の腫瘍があることがわかったもののとっくに手遅れで,2週間ほど入院したあと医師にも“もうここでできることはありませんから”と入院拒否され強制的に自宅に帰された.
もっとも祖母は“やれやれうちに帰れるよ”と喜んで,顔色も入院中よりよくなったが...
さらには,“せいぜいあと3ヶ月くらいでしょう”とまで宣告されたのに(本人は知らないが),あれから2年経った今,嫌々ながら一応通院はして薬を飲んでるが(時々飲んでないらしい)以前にも増して元気で,庭仕事したり,1~2km離れたスーパーや叔母の家まで歩いて行って周囲をハラハラさせている.

そんな祖母はいつでも無邪気に笑い,“わたしゃ100まで生きて市長さんから賞状もらうんだよ”って言っている.
祖母を見るたび元気をもらうし,やはりどんな時でも“笑って生きる”ことの大事さを痛感する.

というわけで,怪我や病気を笑いで吹き飛ばすために,これからも飲んで食って楽しく走ろう!
今日は雨でどうせ自転車には乗れないし,うちでおとなしく軽くローラーと腹筋でもしようと思ったが,首のせいで床で腹筋できない.
ローラーなら首を固定してペダリングできるから問題ないし,まあやらなきゃやらないでもいいが,腹筋背筋は腰のためにも3日も4日も空けたくはない.
考えたらジムのマシンなら首に負担をかけずに腹筋背筋できそうだと思い,少し残業した後7時頃にTip行って腹筋背筋とエアロバイクで軽く汗を流した.
できればいつものように肩周りの筋トレもしたかったけど,さすがにそれは無理だった.

テーピングはもう剥がれかけてたし,明日またリハビリに行くから剥がしてしまったので夜中にまた痛むかもな.

それにしても,毎晩ここまで減食したのに体重が全く減ってない.
魚や肉の代わりに豆類にしたものの,それを腹いっぱい食えば結局同じなんだな...
それに,なんとなく口寂しいのか玄米ご飯をつい多目に食ってしまうのもいけないのかな?
でも,脂肪分を減らした分,体脂肪率は9%台で安定しだした♪

さて,今日のジロは山岳TT!
しかもこのコースもトリノから近く,来年自分で走りに行けるところ.
そのためにもコースをしっかり目に焼き付けておかねば!
[PR]

by taka-taca | 2007-05-25 22:03 | 日常 | Trackback | Comments(6)
2007年 05月 24日

首痛の原因究明

電気マッサージで一度は軽くなったかにみえた首の痛みが昨夜またひどくなって,湿布を貼って寝たものの夜中に何度も目が覚め,
寝返りを打つにも起き上がるにも手で頭を支えないといけないほど痛んだ.
くしゃみが出るときは決死の覚悟だ.
これはマッサージなんかじゃダメだ,シリアスな問題だと思い今朝ちゃんと整形外科に行って診てもらった.

痛みの原因は二つあって,ひとつは極度の首や肩のコリからくるもので,それにともない頚椎が曲がっているのがレントゲンでも確認できた.
やはり3月から4月にかけて仕事に根を詰めすぎたり,寝不足が続いたことでのストレスが要因かな.
1ヶ月も続いた偏頭痛も首のコリが原因だったようだ.

そして,それ以前の問題として,元々頚椎の1つがずれているらしく,そこに痛みが出やすいようだ.
テーピングと指圧(マッサージなんて生易しいものじゃなくゴリゴリやられて激痛)で痛みは和らいで,首もなんとか動かせるようになったが,最低1週間はテーピングが必要だろうし,痛みが完全に取れるまで2週間はかかると思われる.
痛み止めの薬は腰痛のと一緒なので,これを毎日飲み続けないといけない.
b0047100_22113876.jpg


さらに,肩こりからくる痛みとは別に,頚椎にダイレクトに悪影響を及ぼすのはやはり自転車...
長時間前傾姿勢で頭を上げることが頚椎にかなりの負荷がかかるのだ.
それは走っていても実感できるから,常に時々下を向いて首を伸ばすようにはしているんだけどそれも限界があるだろう.

確かにこの首の痛みが起こるときはひどく疲れがたまっていて肩こりがひどい時に寝てる間に起こっていた.
だから寝違えたんだとばかり思っていたけど,今回は日曜日のレースの帰りの運転中に突然痛み出したからもちろん“寝”違えたわけではない.

結局のところ,ストレスやらなんやらで肩と首が凝り固まり,疲労が首にたまってたところに,いきなりレースで追い込んで走り,さらにレース後の長い下りで前傾姿勢を長時間続けて首に負担がかかってたところへ長時間の山道ドライブと,“これでもか”と言わんばかりの負荷が首に集中したんだろう.

4月から練習の距離も強度も激減でただでさえ脚がなまってるのに,これで少なくとも来週いっぱいくらいは追い込んで走れないだろう.
もう富士山ヒルクライムは完全にサイクリングモードになるのだろうか!?
その前に今週末の竜洋テストコース3h耐久レースはどうする!?
医師からは禁じられはしなかったものの(多分3時間も走るとは思ってない),土曜日にテーピングをし直してもらった上で,“絶対に無理はしない”程度で走るよう言われた.
無理するなって言われても,レースとかになると集中して痛みを忘れてがんばっちゃったりするからその後がやばいんだよなぁ.
でもさすがに3時間の前傾姿勢にはこの首では耐えられないだろうから“1人3時間耐久脂肪燃焼サイクリング”になるのかな!?

レースは今のところ走るつもりだし,激しい練習は無理としてもとにかくこの状態でどれだけ走れるのかを確認するために,夜イチヤサイクルにホイール修理の中間チェックをしに行きながら1時間くらい軽く走ってみた.
ホントは今日しっかり追い込んで,土曜日は来週の富士山に向けて秋葉山アタックするつもりだったのに,それどころではなくなってしまった...
でも土曜日は仕事になりそうでどっちにしても走れなさそうだけど.

テーピングと痛み止めの薬のおかげもあって,とりあえず上体を起こして首を固定していれば何とか走れたが,首が上下にも左右にも動かせないから下ハン持てないし,ギアの確認もできないし,後続車の確認なんて体ごと振り向かないとできない.
やっぱりレースはサイクリングになってしまうのか?(泣)
でも日曜まで2日もあるから大丈夫だろう.

ああ,一体いつになったら思いっきり走れるんだ!?
どうも去年から何かが狂ってきてる気がするな.
というかその前に,俺の体,特に脊椎の状態からして,そもそも自転車競技には関わってはいけないということなんだろうか...

ああ,こうしているうちに薬がきれたのか,テーピングが少し剥がれたからか,また痛みだしてソファから立てない...

と“前置き”が長くなったが(笑),主題の“今日のダイエットメニュー”
まずランチはモニカが作ったルーコラとクルミのペストでペンネ
b0047100_22121319.jpg

ルーコラの苦味とクルミの甘みにパルミジャーノが絶妙にマッチ!

晩飯は今日も豆系でまとめた.
さてもう少しビール飲みながらジロでも見るか.
来年この峠を走るかと思うと興奮するぞ!
[PR]

by taka-taca | 2007-05-24 22:13 | 日常 | Trackback | Comments(6)
2007年 05月 23日

ダイエット一進一退

マジかよ!また野球延長でジロの放送に食い込んでるよ!勘弁してくれよぉ...
しかも今日は退屈な平地ステージとはいえ,いよいよピエモンテ突入なのだ.
よく行くアウトレットがあるセラバッレから,モニカ家の友達がいてよく行くピネロロがゴール.
知ってる道を通るかもしれないし,もしかしたらピネロロの友達の奥さんが働くパン屋さんの前を通ったりするかも!?
そのピネロロ,今日は町中交通規制で大変らしい.
ああ,行きたかったなぁ...
まだ野球やってるよ,誰が見てるんだよ!
(たぶん日本の大半の人はジロよりも野球を見たがる...)

さて,昨夜書いたように,肩や腕に異常に力が入ってたことに気づいたんだけど,昨夜
の夜練でそれに気づいたのはほぼ終わり頃.
そのせいかおとといのマッサージで少し和らいだ首の痛みがまたひどくなった.
おまけに肩,腕,背中の脇の筋肉が異常にだるい...
4月からずっと続く上体の疲労は週たった2回の筋トレのせいなのか?と疑問に感じていたが,それだけではなく自転車に乗ってても上体が力んでたことで筋肉疲労が続いていたんだろう.

というわけで,今日は無理して走らずTipでステップと軽い筋トレ.
平日に3回くらい夜練したいけど,毎日乗ると疲れるし飽きちゃうから,たまにはスポクラで息抜きも必要.
でもステップって,台を高くすると案外脚にくるんだよな.
下手にスクワットなんかして筋肉つけすぎるよりもステップで脚を動かす方が楽しいし,動きを覚えるのが頭の体操になってボケ防止にいいかもね(笑)
今日もTipで,しらびそヒルクライムにも出ていたSさんに,“あれ?自転車乗らないの?”と言われたが,Tip行くのもストレッチとリラックスができていいのだ.

さて,ダイエット(気持ち的には)3日目のランチは相変わらず“ズッキーニとアスパラガスとドライトマト入りペストジェノヴェーゼにドライトマトペースとも混ぜたペンネ”(長い名前)
b0047100_22321981.jpg

オリーブオイルとパルミジャーノを減量するのをついうっかり忘れてやや高カロリー(笑)
でも美味かった!

さて,晩飯は今日も刺身も焼き魚もなし.スーパーの魚売り場の人たちもそろそろ心配しているだろう(笑)
まあでもこの時期一番食いたいカツオが今年は異常に高いからまあ丁度いいかな.

と夕方まで思ってたんだけど,モニカが“豆腐も納豆もないし,ついでに刺身買ってきて!”
と言い,“俺,今週金曜までは魚も肉も食わないよ”と言いつつも,そうするとモニカが便乗して絶食ダイエットでもしかねないので,結局スーパーに行ってカツオの刺身と豆腐とキムチとシラスを買ってきた.
でも,他にもシイラとかシメサバとか真アジとかが美味そうだったのに買わなかったのはエライ!!!
(晩飯の写真を撮ったつもりが,デジカメにカードが入ってなかった...)

今日は本気でサラダと枝豆だけにしようと思ったのに,結局玄米ご飯まで食ってしまった...
とりあえず,体重は1gも減ってない.
まあでもカツオもうまかったし,おかげで日本酒もおいしく飲めたしまあいいか.

食っても食っても太らない人がうらやましいけど,太りやすい体質もウルリッヒ
と同じだと思えば納得してしまう(そういう問題か!?)

それよりも,首はちょっと動かすだけで激痛走って涙目だし,とにかくジロの放送は一体いつ始まるんだ!!!
[PR]

by taka-taca | 2007-05-23 22:37 | 日常 | Trackback | Comments(2)
2007年 05月 22日

体のメンテ&ダイエット

野球なんてどうでもいいから早くジロの中継に切り替えろーーー!!!
今日はプチ山岳ステージだから気合入れてテレビの前に座ったのに...
と思ったらやっと始まったよ.

昨夜のジロも平地で,おまけに実況&解説が最地味コンビ.
おかげでまたしてもゴール前に撃沈...zzz

それはさておき,昨日初めて整骨院なるとこへ行ってきた.
往復30kmの道のりを回復走も兼ねて自転車でのんびり走って丁度いい感じの距離にある整骨院.

4月から続く腰から裏腿にかけての張りもそうだけど,しらびそからの帰りの運転中に首の痛みがひどく気になったので行ってみた.
たぶん脊椎分離症からくるんだと思うけど,昔から時々首が寝違えたようにひどく痛んで2週間くらい首が回らないことがあり,今回は4月から痛みは軽いが1ヶ月も収まらず,それが日曜日の午後から悪化しだしたし,腰の張りとダルさもひどいから,ここらで一度整体でも試してみるか,と思ったのだ.

そういえば昨日から左の脛が筋肉痛だけど,考えたらこれは往復250kmのほとんどが山道で,頻繁にシフトチェンジするためにクラッチを踏みまくってた左足に疲労が出たんだろう(笑)
来年のしらびそ対策は“オートマの車を調達すること”から始めねば(笑)

さて,たまたまネットで見つけた整骨院.整体かと思って行ったら,いわゆるスポーツマッサージ院だった.
説明されたけど,整骨と整体の違いはイマイチよくわからん...
まあとにかく症状を説明すると,首と腰に電気を当てられ,その後ローラーマッサージをしてテーピングをしてくれた.

腰に関しては,ここでもやはり“脊椎分離スベリ症もヘルニアも治療や薬では治らないので,腹筋背筋を鍛えて脊椎をカバーするしかありません”と言われ(そんなことは医者に散々言われ百も承知),おまけに“それにしてもよくその腰で自転車乗りますねェ...”と呆れられた.
もっとも整形外科医には“自転車絶対禁止令”が出されているのだから無理は承知だけど,この整骨院でも背筋の強さに感心されたように,自分なりに腹筋背筋で支えながら痛みを何とかごまかしごまかしやっているつもり.
自分的には“あと10年もすれば自然治癒する”と思い込んでいるんだけど...(笑)

というわけで,腰痛の改善には何の意味もなかったけど,首の痛みは電気マッサージとテーピングで軽減されたし,見た限り指圧マッサージは良さそうなので,レースやハードな練習の翌日とかに腰や脚のマッサージを試してみる価値はありそうだ.

それにここへ行った理由のもうひとつが,うちから15km程度と,ポタリングや回復走するのに丁度いい距離で,しかも“あのハム屋”の近くを通って行けるのだ(笑)
昨日は店はもう閉まっていたが,今度は先にハムを買って,ついでにマッサージしに行くのもいいかも!?

今日は久々に気合を入れて夜練60km.
相変わらず腰から下が重いが,首の痛みの原因がわかった!
調子いいときは腰で自転車を支えて上半身はリラックスしてるのに,ふと気が付くと肩と腕が異常に力んでいた.
腰が痛くて力が入らないからついつい腕に力が入っていたんだろう.
これじゃあ肩や首が痛くなるわけだ.
それに,そのせいでハンドルが固定され,いくらペダルを踏んでも前進する力につながらなかったのかもしれない.
事実,シッティングでもダンシングでも肩の力を抜いた瞬間自転車がスーッと前に進む感じがした.

俺が思うに,
腰が痛くて力が入らない-上体で支える-自転車が進まない-また力んで上体がガチガチ-首が痛くなる...
こんな悪循環を繰り返していたんだろう.

とにかく今日はホントに久しぶりに自分を追い込んで走ってくたくただけど心地いい.
なんとなく復活のきっかけがつかめた気がする.
この調子で練習して体調がよくなるのを待ちたいところだけど,腰痛だけは自分じゃどうにもならない,腰に聞いてくれ!ってとこだ.
でも,体調がよくなった時にガンガン走るために今できること,まずは減量だ!

というわけで昨日からマジでダイエットモードだよ
[PR]

by taka-taca | 2007-05-22 22:50 | 日常 | Trackback | Comments(6)