Pendenza20%「飲み喰らい魔ー日記」 第2部

scalatore.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 36 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 30日

秋葉山よりキツいのは歯医者...

昨日(月曜日)は,さすがに日曜日の走り込みで腰からハムストリングスの筋が固まり,かなりの痛みになかなか起きれず朝ローラーは中止.
しかし,こんな時こそ軽く回すと楽になるから昼に回復ローラー30分.
パスタを作る時間も10分の昼寝の時間もなくなったが,モニカの試作フォカッチャを急いで詰め込んだ.それでもハーゲンダッツとチョコレートとエスプレッソは忘れずに.

夜はTipで軽く筋トレしてプールで歩いて体をほぐそうと思いつつ,まずは日曜日に詰め物が取れた歯の治療に夕方歯医者へ行った.歯医者なんて何年振りだろう.あの音と痛みを思い出すだけで寒気がしてくるが,今回は取れた詰め物を詰めなおすだけだから大したことはないだろうとタカをくくっていたら...
結局歯に詰める,と言うか被せる金属を作り直すということで,まずは余分な歯茎を切るために(?)歯茎に麻酔.これがすでに痛い(泣)
大体俺が病院に行かない最大の理由は注射が嫌いだからなのに,それを歯茎に刺されるなんて...
さらに,理由は理解不能だったが歯に麻酔をかけることなく削られた!(泣2)
医師が“痛かったら言ってください”と言うが,どのタイミングで言えばいいのかわからず最後まで我慢...
ほんの一瞬のささいな痛みだとわかってはいるが,歩けないほど腰が痛いほうがずっとマシだ.
歯の痛みは脳に直結してひびくから耐え難いんだろうか,それとも単なる思い込みなのか...

治療は続き,ガムみたいなので型を取るのに出血のせいで3度も取りなおしたりして時間がかかり,結局1時間半もあのイスに座りっぱなし.これは拷問以外の何ものでもない...

それよりもつらかったのは,真新しい院内のシンプルモダンな俺好みの内装,治療の器具までもがおしゃれなインテリアに見えるほど眩かったこと.
“こんな整然とした場所で仕事がしたい,こんな広々とした空間で生活したい...”と空しく情けない思いが募り,忘れようとしていたモヤモヤが再び頭を埋め尽くす.

結局待ち時間も合わせて2時間近く掛かり,長時間の拷問に精も根も尽き果ててTipへ行く気力もなくなったから買い物して帰宅.
モニカに頼まれた米油(ケーキ作りに合い,ヘルシーらしい)を買いに酒のバオオへ立ち寄るが,奥さんと立ち話をしてるうちに気が付くと酒やらワインやら買い込んでいた...(苦笑)
b0047100_21541364.jpg

日本酒はこないだ4合瓶で買って気に入った静岡の酒,杉錦の山廃ひやおろしを1升瓶で買い,おまけに峰ちゃんお勧めの酒の4合瓶,さらにこれもお勧めのフランスワイン.シラー種のを飲んだことなかったので試したかったところに2000円以下の値段も手頃だったので買ってみた.

今朝は何とか6時に起きて回復ローラー30分.まだまだハムストリングスが固く腰が痛み,まともに漕げない.ちょっと追い込んで走ると2日は走れなくなるのが弱い所か...
夜はTipで筋トレ.

晩飯は料理をモニカに丸投げしてイタリアン.
b0047100_2273734.jpg

ワインは昨日,酒のバオオで買ったフランスのワイン.
b0047100_2294070.jpg

この値段にしては十分以上に美味かった♪
1時間でボトルが空になった...

久々に豚肉が食いたかったのと,そろそろ煮込み料理が美味い季節,ってことで豚肉とキノコのトマト煮込みにポレンタでピエモンテらしい料理
b0047100_21583393.jpg

ランチとディナーでコースを2分割,ってわけではないが,昼に前菜,夜はサラダとメインとなった.
明日も雨で練習できないから今日は炭水化物は控えめに(と言いつつグリッシーニを結構食ったかも)

半端なワインを飲み干すために(?)チーズを少々
b0047100_22171329.jpg

フィオーレ・サルドはパルミジャーノと似てるが羊乳(山羊だったかな?)

シメは昼と同じくカボチャのクレンカラメルにエスプレッソにグラッパ
b0047100_22154828.jpg


美味い料理に美味い酒で,なんだかんだ言いつつ今日も幸せ♪
[PR]

by taka-taca | 2008-09-30 21:36 | ワインとイタリア料理 | Trackback | Comments(4)
2008年 09月 29日

ツールド阿多古160km,30km/h達成!

b0047100_2192074.jpg


日曜日の朝,空は曇り空気が冷たくいきなり秋の気配.
この日も160kmノンストップ練.コースは御前崎も考えたが,やはり先週のリベンジで阿多古周回コースへ.
かなり肌寒いのでアームカバーと薄いベストを着込んで出発.アームカバーはアップ中に脱いだが,ベストは着たままで登りはジッパー全開,下りはベスト着てても寒いくらいだった.
この涼しさだとトイレが心配だったから,3本ローラー10分漕いで軽くアップして小便してから出発.

さて,今回も目標はノンストップ(もちろん意地でも右足はクリートから外さない)160kmで平均時速30kmが目標なのでアップ区間も30kmキープ.
土曜日の秋葉山TTは流したから脚に疲れはないが,腰が少し痛むのと,先々週から痛む右手くるぶしがまだ腫れたままで,特に下ハン握ってると痛むのがちょっと不安.
それと,朝飯の納豆ご飯を食ってたら何と歯の詰め物が取れて奥歯にポッカリ大きな穴が開いて,痛くはないがかなり違和感.
最初は納豆に金属混入事件!かと思った(笑)

いつものようにパンをかじりながら浜北,天竜と走り船明ダムのあたりから徐々にペースアップ.
ボート場では土曜日に見た通りレースが開催されていて狭い沿道に車がびっしり駐車され,人も行き来したり高校生がアップでランニングしたりしてるが,レース中は道路は空いていて何とか走れる.
それでも2周目からはボート場を避けて横山まで,アップダウンがなくてスピードが上がる川向こうの国道を走ろうとも思ったが,先週より楽なコースで平均時速30kmオーバーしても達成感がなくなるからやめた.
ボート場付近のペースダウンはやむを得ないので,今回はそこで少し脚を休めてその後の登りでがんばる作戦.

横山から熊への登り(10km,4%)1本目は28分10秒と先週より10秒ほど速い.
ホイールをキシリウムSLに換えて先週よりホイールとタイヤで500g軽いわりには大差なし...
先週のきつさが記憶に新しいだけに,またここを3周するかと思うと気も萎えるが,今回は後半息切れしないように心拍数を見ながら微妙にペースを調整.
熊からの長く緩い下りから平坦はやはり向かい風でベストがばたつくこともありややきつい.
せっかくサイズぴったりのジャージを着てエアロ効果を狙ったのにベストが脱げないほど寒いとは...
踏んでも踏んでも進まないのが精神的にむしろ登りよりきつい.

プチヒルクラ2本目は29分50秒と先週より若干遅いが脚には余裕を残しつつ登った.
そして2周目も下りがきつい.
2周回終えて102kmの時点で平均時速は30.4kmとほぼ変わらず.よくもまったく同じようなペースで走れるもんだ.
だけど,ペースを微妙に調整してるのと,涼しいこともあってか先週よりは随分楽な気がした.
ただ,2本目の登りから腰がかなり痛み出し,ハムストリングスがうまく動かなくなってきた.

それでも3本目の登りは31分50秒と先週より速く,心肺的には余裕があった.
雨の心配はなく,暑くなりだしたのでベストを脱いで背中のポケットへ詰めた.
熊からの下り始めで水分補給.もちろん右足はクリートから外さず(笑)自販機補給.
しかし下りから平坦に入ると腰が痛みハムストリングスが固まり思うようにペダルが漕げず進まない.
それでも時々腰を上げてダッシュしてみると瞬間的にスピードアップはできる.
ペース走でハムストリングスは使い果たしたが,大腿四頭筋は余裕がある感じ.

向かい風がだんだん強くなっていて阿多古から浜北の平坦で失速したのか,森林公園の登りを超えて都田へ着く頃には平均時速29.8kmと先週と同じで,またアベレージ30kmには届かないかとガックリきたが,やはり大腿四頭筋には余裕があるので最後まで踏み倒す決意.
バイパスに入り4kmほどの直線を先週は力尽きていて36〜7km/hだったが弱い向かい風の中43〜4kmで巡航できる.
3度の信号ストップにもめげず,ゼロ発進からダッシュですぐに40kmまで上げて踏みまくる.
ハムストリングスは完全に終わってるのにこんなに踏めるとは思わなかった.これは別腹(別脚?別肉?)と言うやつだろうか!?
そのままゴールスプリントごっこをしようと腰を上げてさらに踏み込んだが,信号待ちの車の隊列が長すぎて不発に終わった...
そこから2kmほどクールダウンして162kmを走りきり,平均速度を見ると何とジャスト30km!
やはり最後まであきらめずに踏み込んだ甲斐があったというものだ.
それに,先週と違って最後の余力がかなりあったのが収穫.これだけ長距離をペース走してもスプリントができることがわかった.
あと俺にとって問題なのは,実際のレース中には千切りあいとかがあってインターバル的な走りが必要だけど,いつも単独で練習してるとそれについていくのが異常に苦しい.
1人だとどーしても苦しい一歩手前をキープしてペース走で終わってしまう.
課題は長距離練の中に所々スプリントポイントを入れることとわかってはいるんだけどなかなかできないんだよな...
まあとにかく調子はかなりいい気がするが,他人と比べるにはレースで走ってみないとわからない.
そんな意味でも週末のもてぎエンデューロが楽しみだ.
[PR]

by taka-taca | 2008-09-29 21:09 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(4)
2008年 09月 28日

秋葉山で回復走!?&今季初鍋!

まずは土曜日.
天気は秋晴れで最高の自転車日和!だが風強し.
思いっきり1日中走りたいところだが,午後はいろいろと用事があったし,今週は仕事とかで変な疲れがたまってだるかったから,追い込むのは日曜日にして昼まで回復サイクリング.
浜名湖沿いを流そうかとも思ったが,風が強くて楽しくなさそうだし,この秋晴れにはやっぱり山サイでしょ!ってことで秋葉山へまっしぐら.
とにかくなーんにも考えずにスイスイ走り,いつものボート場の横を通ると何やら人だかり,というかボートだかり!?
b0047100_1655595.jpg

高校生のボート大会をやっていたのだが,狭い道に人や車がたくさんいるし,ボートを積んだトラックも行き来して何度か止めさせられた.
“明日はここ通れないかもな”と思いつつのんびり秋葉山へ.

秋葉山へ着き,そのまま止まらず登板開始.
心拍を150台に抑えてインナーロー(39-25)で40分くらいのペースで登る.
中間ラップも計算どおり40分ギリギリくらいだったが,“せっかくだから40分は切っとくか”と若干ペースアップして,最後の1kmは心拍170以上まで上げてそこそこ追い込んだ.
タイムは38分50秒.
これくらいで登ると気持ちよくて楽しい.ちょっと腰の痛みが出始めて気になったが,多分仕事とかの疲れがちょっとたまってるんだろう.
昼には帰るために秋葉山から直帰して86kmを走り平均時速23.7kmとこれだけ見ればサイクリングペース.
しかし普通回復走に秋葉山登るか...!?(苦笑)

今日の2号はキシリウムSL
b0047100_1744620.jpg


ついでにコスミックカーボンを履いた3号
b0047100_1755716.jpg


晩飯は冬が待ちきれず鍋!
[PR]

by taka-taca | 2008-09-28 17:16 | 日本酒と料理 | Trackback | Comments(3)
2008年 09月 27日

ビアンキーナ3号スペック

b0047100_2251383.jpg

フレーム BIANCHI FG Lite フルアルミ 570mm(ホリゾンタル仮想C-T)
手持ちのホイールで一番軽いキシリウムESを付けて7.3kg
永井さん曰く“特に軽量パーツ使ってないのにこの軽さはスゴいですよ!”
つまりフレームがかなり軽いということ.
長年乗るためにも年間走行距離を1000kmくらいに抑えないと(笑)

2002年に1号を買って,2005年に2号,そして今年2008年に3号とちょうど3年おきのニューフレーム.
サイズは一貫して570mmのスローピング

3年前に永井さんに組んでもらった2号にサイズをピッタリ合わせてもらった採寸表
b0047100_22553519.jpg

BBセンターからサドルトップは751mm
サドルトップからハンドルトップの落差は98mm
フレームサイズもポジションも5年前に1号で試行錯誤して辿り着いてからまったく変わらず.

ハンドルはDEDAニュートン31アナトミックのサイズ外ー外440mm
ステムはDEDA ZERO100SCでサイズは120mm
カーボンは何となく不安なのでどっちもアルミ...でもこれは十分軽い
b0047100_2304797.jpg

ハンドル,ステムは今までずっとITMだったけど,どこにも在庫がなくてハンドルのリーチとアーチの数値が近いDEDAを選んだが超気に入った.
とにかく色がカッコいい!
バーテープは迷った挙げ句,気分転換に初めての黒.
思いのほかカッコいいけど,速そうに見えて逆に気恥ずかしい...
やっぱミーハーな俺にはチェレステ色のバーテープがお似合いか.

サドルは4年前からSLR一筋で,これにしてからケツの痛み知らず
b0047100_2322146.jpg

シートポストはセルコフのカーボン.
DEDAのアルミにしたかったんだけどサイズ(32.4mm)がなくて仕方なく...
折らないように気をつけないと

クランクは2007レコードカーボン175mm
b0047100_2342223.jpg

これもアルミがいいけどレコードのアルミはもう作ってないし.
ペダルはデュラエース
2号同様アルテグラでもよかったけど安売りしてたから奮発してみた

エルゴレバーは2007レコード
b0047100_2371832.jpg

去年フレームを注文する前に安いのを狙って買っておいたが,来年は11速...
まあでも形はこの方が好きだからかえってよかった.
コーラスでも何の問題もないけど,ここだけは“顔”だけに譲れず(笑)

ディレイラーは前後とも2007コーラス
b0047100_2393094.jpg

b0047100_2395088.jpg

よく言えば実用主義,悪く言えば貧乏性(苦笑)
でも値段の差というよりはカーボンの面積が少ないコーラスを選んだのが事実,
と言いつつボトルケージはビアンキのカーボン(笑)
これは3年前にイタリアのビアンキ本社に行ったときに買ったけどあんまり気に入ってない...2号のTACXと交換しようかな.

ブレーキは2号同様マビック
b0047100_23134873.jpg

重いかもしれないけど,引きの軽さが魅力でブレーキをしっかり握らない俺にはベスト

ストレートのフロントフォークが何とも言えず美しい♪
b0047100_23175612.jpg


ちなみに2号 フレッチャ チェレステ
b0047100_23432563.jpg

ハンドル ITMミレニアムSO外ー外440mm
ステムは ITMミレニアムアルミカーボン巻き120mm
クランク 2004レコードアルミ175mm
エルゴレバー 2005レコード
ディレイラー 2005コーラス
サドル セッレイタリアSLR
シートポスト セルコフ アルミカーボン巻き
ブレーキ マビック
ペダル シマノアルテグラ

イタリアに隠居した1号 Campione(フレームはSL3)
b0047100_23492142.jpg

ハンドル ITMミレニアム外ー外420から440mm
ステム ITMミレニアム100mmから110mm,そして現在の120mmに
クランク シマノ105172.5mmからアルテグラ175mm
シフトレバー シマノ105(9速)からカンパヴェローチェ(10速)
ディレイラー Fシマノ105,Rシマノ105〜アルテグラ〜カンパヴェローチェ
(フリーは常にシマノ9速で俗にいうシマニョーロで,調整には苦労したけどそれなりに変速はしていた)
ブレーキ シマノ105〜カンパミラージュ(何となく黒くしてみたくて...しかし重くて固くて効かない...苦笑)
ペダル シマノアルテグラ

キシリウムSSCを付けて9kg弱と重たい1号で,滅茶苦茶なシマニョーロ9速だったのに,実はこいつで出した乗鞍自己ベスト(1時間8分15秒)は未だ越えれず...
しかも当時はあの石畳もあったのに.若かったんだなあ...(苦笑)

なんでビアンキなのかは...色?名前の響き?多分そんな程度だったけど今はビアンキ以外考えられない.
ピナレロやコルナゴも魅力あるし乗ってみたいけど,買うならやっぱりビアンキ
[PR]

by taka-taca | 2008-09-27 00:04 | メンテ | Trackback | Comments(5)
2008年 09月 26日

from UK

b0047100_12341659.jpg

[PR]

by taka-taca | 2008-09-26 12:34 | 日常 | Trackback | Comments(2)
2008年 09月 25日

16.5kmTT平均時速37.7kmは3号+コスミックカーボン+α(?)

今朝は5時20分に起きて5時40分スタートで朝練35km
5時に自然に目が覚めたら42.5kmコースを走るつもりだったけどやっぱり無理.
ともあれ走り出し,昨日疲れてたにも関わらず夜練したわりには出足から軽快,と思ったら追い風参考(笑)
しかし,今日は3号プラスコスミックカーボンでやる気満々で16.5kmTT区間へ突入.
微風ながら後半の向かい風にもコスミックカーボンはよく進む.心拍も170前後をキープできて脚もそこそこ回り,最後の600m5%の登りも一気に登り,ゴールまで1.4kmの平坦も心拍180キープでゴールスプリントは微逆風ながら47km.
そしてタイムは26分15秒と2号にキシリウムSLで出したベストを15秒ほど更新し,平均時速は37.7km!もうちょっとで38km/hなのに惜しい!
ま,最後に登りがあるからこんなものか.
しかし,今テレビでやってる世界選手権TTの選手たちは40km以上の距離を平均時速50kmで走るんだよな.比べてもしょうがないが...

体調は昨夜と同じくらいで,2号プラス鉄下駄キシリウムエキップの昨夜より1分速いのはコスミックカーボンで30秒以上稼いだってとこか,いやもっとだな.
フレームでは登り区間でせいぜい5秒くらい?
登りではフレームの軽さも体感できるが,今日はさらに重たいサドルバッグを外していた.
いつもクリンチャーチューブラーのタイヤを入れるために大きいサドルバッグを付けているんだけど,せっかくシャープな3号にはあまりにも不釣り合いだし,そもそも重い.
というわけでタイヤをボトルケージに刺し,ポンプは背中ポケット,工具は持たずでスッキリ.
これで登りの立ち漕ぎは飛躍的に軽くなった,気がする,というか見た目かなり軽そうになって気持ちも軽くなる.
b0047100_21371835.jpg

そして,実は今日もう1つの秘密兵器を投入していた.
それはスキンスーツ.
2004年のツールのラルプデュエツTTを見て以来,いつかヒルクラでスキンスーツ着て短く切ったDHバー握って走りたいと思っていたが,スキンスーツは高く,そもそも滅多に売ってない.
ヤフオクでもこれといったのが見つからず今に至っていたが,7月にアメリカのショップサイトであのリクイガスビアンキのスキンスーツが半額の120ドルで売られていて,長袖だったのが気にかかったが,暑ければ袖切ればいいと思ったし(笑),リクイガスビアンキなんて珍しい上にサイズもピッタリで“今買わなくてどーする!?”と即注文.
1週間後にはあのUSポスタルの箱に入って届いた.が,その後TTレースがあるわけでもなく,乗鞍で着るなんて大胆な事もできず,そのまま壁にでも飾っておくしかなくなりそうだったが,ようやくデビュー.
着心地はというと,別にどーってことない.昔よく着たスキーのDHスーツみたいな窮屈さもないし(短パンだし生地も薄いからな),公道ではちょっと気恥ずかしいのが問題だけど早朝だし(笑)
しかし何だか太くて脚が短く見えるのはスキンスーツのせいか携帯カメラのレンズのせいか,もしくはホントにデブで短足なのか...

とにかくピチピチスーツはさすがにバタツキ感がなく空気を切ってく感じはあるが,ぴったりサイズのジャージを着てるときとそんなに変わりないかな.こーゆーのはやっぱコンマ何秒を争うときに初めて違いが出るんだろう.
でも気持ち的にはこれで10秒は稼いだだろう(笑)
とはいえ2号+キシリウムSL+普通のジャージ(笑)でのとのベストタイムとの差はたったの15秒.しかしそのためにつぎ込んだ金は○○万...(苦笑)
まあでも思えばスキーだって,SL用だのGS用だのDH用だのと買いそろえ,ウエアだって自転車のよりずっと高い.おまけに自転車はうちから一歩出れば練習場だけどスキーは毎回何百キロも車で移動してリフト券も買わないといけないし,おまけに冬しか使えないし,使用頻度を考えたら自転車なんて安いものだ.

さて,平地TTで平均時速40kmが見えてきて,ここからさらに平地でスピードアップするにはDHバー,エアロヘルメット,ディスクホイール,最後にはTTマシン!?
実はDHバーだけは2年前から持っている.もちろん短く切ってヒルクラで使ってみたくて買ったけど,新品を切るなんてもったいなくてできないし,結局まだ一度も使ってないが...(苦笑)
来週はこれつけてアタックしてみるかな?
っていうか,俺は何のための練習をしてるんだ!?(苦笑)

今日は仕事がちょー暇だったけど,朝からがんばったことだし夜はストレッチと腹筋だけして休養.
こんな時こそ栄養補給はしっかりと.
まずはモニカが用意した前菜.野菜の生春巻きとヒジキの煮物と生湯葉
b0047100_21481861.jpg


イナダの刺身
b0047100_2149431.jpg

酒は先日バオオさんで買った地元静岡の杉錦の山廃ひやおろし
これ美味い!山廃最高!

そして今やすっかり定番ゴーヤーチャンプルー
b0047100_215251.jpg

今日はカツオとタコとエリンギのカレー味

さて,明日は朝練もしないし,世界選手権TTをじっくり見るかな.
[PR]

by taka-taca | 2008-09-25 21:53 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(1)
2008年 09月 24日

寝坊したら夜練

昨夜3号にコスミックカーボンを付けて意気揚々に寝たのはいいが寝坊...
やはり昨日おとといの単純肉体労働が地味にきいてるようだ.
何とか6時過ぎに起きて回復ローラー30分.
ま,疲れてる時に無理に乗っても意味ないし,コスミックカーボンを履いて一層カッコ良くなった3号を眺めつつランチ♪
b0047100_20482578.jpg

今日のパスタはホタテとイナダと桜海老と野菜たっぷりイカスミソースのスパゲッティ

今日も相変わらず頭空っぽ単純肉体労働に明け暮れぐったりだけど,いつまでも疲れてられないから夜練35km.
いつのまにか6時半には真っ暗なんだな.
明日の朝練に備えて回復走程度のつもりだったが,走り出すと気持ちよく,TT区間16.5kmは2号に鉄下駄ホイールで27分11秒,平均時速36.7kmといい感じ.
何だか2号が“私もまだまだいけるわよ!”と叫んでるかのようだ.
でももうちょっとダイエットしてくれるとうれしいんだけど...(笑)

明日こそは3号にコスミックカーボンで朝練の予定.
起きれるかな...!?
[PR]

by taka-taca | 2008-09-24 21:03 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(2)
2008年 09月 23日

ビアンキーナ3号デビュー!

去年12月にオーダーしたニューフレームが9ヶ月経ってようやくデビュー
b0047100_9564420.jpg

やや興奮気味に5時に目が覚めたから42.5kmコースを走った.
b0047100_20482848.jpg

走り出しは何と言うか“普通”
永井さんが2号と寸分ん違わずポジションを合わせてくれたおかげで何の違和感もない.
もっともそのためにわざわざ永井さんに組んでもらったのだ.
新品のサドルがスベスベしてるのとシフトレバーがまだ固いことだけが新車に乗ってることを実感させる.
しかしすぐに実感したのが,2号のカーボンバックからフルアルミになりお尻に突き上げる振動がダイレクトに感じること.
アップ区間は別にどーってことない感じ.むしろすでに毎晩眺めて満足しきってるし,性能よりも見た目重視なだけに,走行中は自転車が見れないのが難点(笑)

TT区間に入りペースアップすると,踏み込むたびにダイレクトに加速するのを感じる.
平坦巡航してる限りは2号との差は全く感じない.むしろ振動が少ない2号の方が快適か.
しかし,グッと踏み込むと即座に反応して前に進むのは2号とは明らかに違う.
2号は一瞬間を置いて加速するのに対し,3号は踏み込んだ瞬間前に進み,むしろ体が置いて行かれる.
まるで自転車が“もっと踏め!付いてこい!”って叫んでるようだ.
ところが,悲しいかなそこからさらに踏み込む脚がないからそれ以上加速しない.
今日の体のコンディションもあるけど,とりあえずこのフレームは俺程度の脚にはオーバースペックなんだろう.
ま,そんなの関係ないけどね.何よりもカッコよければそれでいい.

2号よりフレームの剛性が高く,軽量なのを実感したのはTT区間最後のきつい登りを終えた瞬間.
登りも特に速い感じはなかったが,いつもなら登り切った瞬間一気に減速するのに,今日はスピードがあまり落ちなかった.
さらに最後のスプリントの伸びも体感できた.と思ったらこれは今朝久々に西風で追風だったから(笑)
とにかく,踏めば踏んだだけカチッと加速する感じは気持ちいい.

23.5kmのTT区間のタイムは38分台,平均時速36km台でいつもと変わらず,土曜日の疲れが腰に出てることもあるけど,結局のところ,この程度の距離では大したアドバンテージはないよう.
というか2号も重いとはいえ俺には十分なポテンシャルがあることもわかった.
ヒルクライムなら軽くて固い3号が絶対速いと思うけど,平地系長距離なら2号の快適性も捨て難い感じ.

沖縄には3号を輸送する気はサラサラないから2号で行くつもり.
それに秋葉山も自己ベストを2号で更新するまでおあずけ.やっぱりなんだかんだ言って最後に頼るのは自分の脚だということだ.
というわけで鍛錬鍛錬.

そういえば朝練しながら“やけに静かな朝だな”と思ったら世の中祭日だったんだな.
こんな日の仕事はかったるいがランチで気を取り直す.
b0047100_21141822.jpg

人に会ったりTip行く予定もないから思いっきりニンニクたっぷりのペペロンチーノ

昨日も今日も頭いらずの肉体労働.1日立ちっ放しで頭も使わないと時間がまったく進まず精神的につらいが,立ちっ放しは自転車に乗るより腰が痛くなる.
今日は夕方6時に終われたけど朝走ったし,立ち仕事で浮腫んだ脚をほぐすために軽く3本ローラー30分.
前からイメージはしてたが絶対無理と思った支えなしでの漕ぎ出し.
今日何となくできそうな気がして,支えなしで漕ぎ始めるのに成功!
両手放し,立ち漕ぎは簡単そうで簡単だったけど,これはイメージはしてたものの“まさか出来まい”と思ってたのに,今日は絶対出来そうな気がしてトライしたらあっさり成功.
だからどーした!?って言われたら何も言えないし,こんなことよりも3本ローラーで1時間ペース走とかインターバル練とかしないと練習としては意味ないんだろうけどね.やっぱ練習は気持ちよく外で,回復走はテレビ見たり音楽聞きながらローラーがいいね.

晩飯のメインは真鯛のお頭と野菜アレコレの味噌煮
b0047100_21321338.jpg


金沢産のブリの刺身が最高!
b0047100_2132511.jpg


明日は3号にコスミックカーボン付けて高速(?)朝練の予定

P.S
>K山さん,
差し入れありがとうございました!
というか顔も出さずにすいません...
ちょうど仕事が終わってローラー台に乗り出したとこだったんですが,うちの母親とモニカは“俺がローラー練してる時は友達以外通さないように”と躾けてありまして(笑),K山さんのことも仕事関係か銀行とかの営業か,もしくは押し売りか(笑)と思って応対したようです.
後でモニカに“あんたの友達の名前リストを作っといてよ!”って叱られました(苦笑)
とりあえず頂いたものはローラーしながらの補給食になりました.ごちそうさまでした!
[PR]

by taka-taca | 2008-09-23 09:56 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(6)
2008年 09月 22日

ルミ子の酒

昨日は昼過ぎに突然の土砂降りがあったものの,晴れ間も見えて2時間くらいは走れたけど,10時からビール飲んでる時点で終わってるよな...
午後は昼寝したりうだうだして夕方Tip行って筋トレ.とはいえまだ左手首のくるぶしが腫れて痛むからバーベルは使わず久々にマシンで筋トレ.

夜は某S社チームの乗鞍打ち上げ飲み会に参加.
“飲み会”って響きが妙に懐かしい.飲み会に誘われるのもかなり久々な感じだが,男7人の飲み会ってのもなかなか...(笑)
b0047100_21531514.jpg

6時半から11時までひたすら自転車話に盛り上がり,飲みまくり食いまくり.
生ビールは8杯くらいは数えたけど,知らぬ間に誰かが注文してくれたりして正確には把握してないから9杯か10杯か...とりあえず最後の1杯も予期せず出てきたけど,モニカがすでにお迎えに来てたから半分を若者のグラスに注いだ.
普通ならそれを一気飲みして席を立つところだけど,俺も大人になったものだ(笑)
ホントに楽しい飲み会でした.ありがとうチームS社のみなさん!
お返しに秋葉山でも山住でも引きまくるからしっかり付いてきてね!(笑)

そんなわけで昨夜は12時前に帰宅して,今朝はさすがにギリギリまで寝た.
思いのほか走り疲れも飲み疲れも少なくて,闇練するつもりでライトのバッテリーを充電したけど仕事が遅くなり軽くローラー30分でお茶を濁した.

晩飯前に酒のバオオに行き,予約していたキムチと,ついでに日本酒とワインを買いに行って晩飯.
早速買ってきたキムチをつまみにビール
b0047100_2252418.jpg

(アクトタワーでイタ語教室の仕事でモニカがいないのをいいことにビアンキーナ3号をさらに近づけてみた.笑)
定番の白菜とネギキムチはもちろん,新作のキュウリキムチが美味かった.キュウリはさておきタマネギの甘みがキムチの辛さと絶妙にマッチ,って感じか.

バオオさんで買ってきた静岡の酒は取っといて,今週の酒は三重県の女性が作る酒 
その名も“ルミ子の酒”(そのままじゃん!笑)
b0047100_2212121.jpg

うす濁りも山廃も同じ蔵の酒.どっちも俺好みで美味い.

この“ルミ子さんの酒”,こないだビアンキーナ3号を引き取りに行って,新車の最終仕上げや2号の洗車をしてもらいながら永井さんと話ていて,永井さんが日本酒好きなのを知り,たまたまその直前に買ったこの“ルミ子の酒”のことを話したら,永井さんがよく行く居酒屋にも置いてあるらしく名前を知っていてビックリ(笑)

その“ルミ子さんの濁り酒”を飲みながら,今日のメインはタコとゴーヤーのイカスミカレーチャンプルー
b0047100_22132312.jpg

イカスミとカレーって絶妙なコンビだな.

さて,この1週間ただの飾りになってたビアンキーナ3号がいよいよ明日の朝練でデビュー予定!(寝坊したら延期...)
でもなんかワクワクしないな.やっぱ週末の秋葉山でデビューの方がいいかな?
[PR]

by taka-taca | 2008-09-22 22:18 | 日本酒と料理 | Trackback | Comments(3)
2008年 09月 20日

仮想沖縄練ノンストップ163.2km,累積登板1880m

今日(日曜日)は脚が動けば秋葉山サイクリングへ行くつもりで6時半に起きると,願い通り(?)の雨模様.
さすがに昨日の今日では脚がパンパンで,雨の中登る気力なんてもちろんないから休養日
のんびり朝飯食おうと思ったが,ガチガチに固まった脚の筋肉をほぐすためにもローラーで軽くまわすことに.
3本ローラーで30分のつもりが,回し始めると思いのほか軽快で気持ちよく1時間回した.

その頃には雨はやみ,晴れ間もさしたが,今更走りに行く気もなくなり,またすぐ雨が降りそうな気配もあるからのんびり朝飯食って,朝10時からビール飲みながら昨夜のブエルタ観戦.
こんな休日も悪くない.

さて,ここまで脚を使いきった昨日の練習.
夏の間まったく長距離練をしてなかったし,そろそろ沖縄へ向けて平坦基調で160kmノンストップ練を計画.
風向き次第で御前崎か伊良湖岬往復のつもりだったが,海沿いは強風が吹き荒れそうだし,土曜日の国道はトラックが多すぎて気持ち良く走れない.
というわけで,去年の沖縄前から考えてたけど結局一度も実行しなかった阿多古ー熊の周回路をノンストップで3周することにした.
去年は沖縄130kmだったから,40kmの周回路を2周するとうちから阿多古の往復40kmを含めて120kmで,横山から熊への登りが10km,4%と普久川ダムの登りに似ていて,それを2回登ればぴったり.
しかし今年は200kmにエントリーしてるからレース時間6時間を想定して,ここを3周して160kmを5時間半ノンストップで走った.
b0047100_12123715.jpg

コースの内容は,うちから阿多古までが20kmの下り基調の平坦.
阿多古から船明ダム,ボート競技場,横山,熊を経て阿多古に戻る周回路は40km.
その周回路の内訳は,阿多古から横山までは平坦基調ながら小刻みなアップダウン(累積100m)やテクニカルなコーナーが続く狭い道の11.9kmで,わずかに登り基調ながら平均時速は30kmをキープ.
横山から熊の登りは10kmで標高差405m.
熊の暗いトンネルからは阿多古まで緩い下りの19.8km,平均勾配ー2.1%
この周回路は左折しかないから一度も止まらず走り続けられるのがポイント(今回は水分補給で2度足をついたが)

今回の練習の目標は,160kmをノンストップで平均時速30km.
平均時速アップのためにウォーミングアップ区間から自分としては速めのAve30km,
阿多古小からトンネルくぐって船明ダムへ抜け,意外と脚にくるアップダウンを越えてボート乗り場の横を通り横山ー熊ヒルクライム1本目は28分ジャスト.
日向は猛暑で日陰は完全ウェット路面だが,蒸発する水蒸気がかえって蒸し暑い.
ノースリーブジャージで正解だった.ちなみに気合を入れるためにイタリアジャージ勝手に袖カット版.

いつもは五平餅やソフトクリーム食って一息つく道の駅くんまを横目に通り過ぎ下り区間.
補給食はチョコチップパン2個,ララバー1本,ソイジョイ2本をポケットに入れて走りながら食った.

下りと言っても勾配は緩く,20kmをひたすら踏み続けないといけない.
おまけに予報どおりの強い南東の風は完全に向かい風でスピードに乗り切れない.
41.7km周回1周目は平均時速31.4kmで1時間19分と予想通り.
ここまで約60kmの平均時速は30.6km

脚はすでに重く,“あと2回も登れないよ...”と弱気になりかけたが,こんなとこで切れてたら沖縄200kmは最初の登りで終わってしまうと気合を入れ直しとにかく進む.
2回目の熊への登りはきつかったがまだ心拍は170以上まで上がり脚も何とか回る.
タイムも意外と悪くなく29分20秒と1本目より1分20秒遅れにとどまった.
思いのほか暑くボトルが2本空になり熊で水分補給.
しかし,ノンストップにこだわり右足はペダルから外さず自販機でスポーツドリンクと水を買ってボトルに入れた.これでタイムロスは信号待ち程度.
どうせ止まる事には変わりないんだからちゃんと自転車降りて補給してもいいんだけど...まあ気持ちの問題ってことで(笑)
途中モニカから携帯で“こっち土砂降りだけど大丈夫?”と知らされたが,熊周辺は晴れて暑く,むしろ雨が降らないかなと思ったほど.
結局帰る頃には浜松も晴れていて,俺の走るとこ常に晴れていて晴れ男の本領発揮(笑)

2回目の下りは風が強まり精神的には登りよりもキツい感じ.
周回2周目は1時間23分で,ここまで102kmで平均時速30.4km

心身ともにかなりきつくなってきたが,ここまできたら完走だけはしておきたい.
気を紛らわそうと水を多めに飲んでツリそうな脚をかばいながら淡々と踏み続ける.
熊への登り3本目は32分16秒とこれもおもったよりは悪くなく,何とか登りきって一安心.後はゴールまでほぼ下り基調だ.
ここで2度目の水分補給.もちろん右足はペダルから外さない(笑)

下りでパスと乗用車を追い越しながら最後の激走するも向かい風はさらに強まり苦しく,3周目は1時間27分とさすがにペースダウン.
ここまで144kmの平均時速はジャスト30km/h
阿多古から浜北までは平坦だが向かい風,さらに浜北森林公園の2km弱で4〜5%の登りがきつく,平均時速はほぼ諦め.
でもとにかく160kmを踏み切りたいし,最後のバイパスの平坦でもがけばまだ平均30km/hの可能性はなくなったわけではない.

その浜北森林公園の短くもきつい登りを越えると平均時速は29.6km/h
そこから都田までのつなぎで踏ん張って29.8km/h
そして最後2kmほどのバイパス一直線平坦路はかなり強い向かい風...
無風なら40km/h超キープは余裕だが,吹きっさらしの向かい風はきつい.
それでもめげずに36〜7km/hをキープするもこんな時に限って赤信号に5度もひっかかり,その都度減速&ゼロ発進で平均時速はまったく上げれず...
結局163.2kmを走りきり平均時速は惜しくも29.8km/hにとどまった.
しかし,肝心な下りと最後のバイパスが強い向かい風だったことを思えば上出来だ.
無風なら余裕で30km/hオーバーできただろうし,そういえばホイールも練習用の鉄下駄キシリウムエキップだったからこれをSLにするだけでも0.2km/hくらい上げれただろう.
それに考えたら累積で1880m登ってこの平均時速は自分としては記録的だし,5時間半まったくやすまず走り続けたのは自信になった.
次こそは30km/hを目指したい.

とにかくここまで練習で疲れ果てたのは去年やおととしの夏に山岳220〜230kmツーリングをしたとき以来か,むしろそれよりキツかった.
うちに帰り自転車を片付けてちょっと座ったらハンガーノックと酸欠に襲われ(?)立てなくなってたとこへモニカが犬の散歩から帰ってきたので水と梨を持ってきてもらい何とか立ち上がる気力を取り戻してようやく2階のシャワーへ辿り着いた.
b0047100_21491318.jpg


夕方豊川へ行く予定が変わって浜松東方面へ出たついでにいつものカレー屋によって晩飯.
さすがにリミッター解除して,肉料理2皿,カレー3種,ナン3枚(俺がほとんど2枚)を食って,生ビール4杯で栄養補給.
b0047100_21494163.jpgb0047100_214956100.jpg











来週もこんな練習ができるかというと疑問だが,こういう練習をしないと強くなれないだろうし,これだけ走れば思う存分食えると思えばがんばれるかな(笑)

とりあえず,今晩は某S社チームに誘われ乗鞍の打ち上げ(今更?笑)
ビール&泡盛の飲みすぎに注意!
[PR]

by taka-taca | 2008-09-20 21:50 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(4)