<   2012年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2012年 05月 30日

ズッキーニでイタ晩飯

この3週間,毎日ランチパスタにズッキーニが入ってるがw,今日は晩飯に使った。

まずはジョグ後の1杯におつまみ
b0047100_985030.jpg


前菜は定番ツナとナスの薄焼き卵巻き
b0047100_993892.jpg


ワインはネッビオーロ
b0047100_9101593.jpg


メインは黄色ズッキーニと玉ねぎの豚肉詰め
立ってる旗はパルミジャーノと黒ゴマの薄焼き。あまり意味はないw
b0047100_911571.jpg

脂身なしのロース肉はやや薄味。
これをサルシッチャとか羊肉で作ったら美味いだろな。。。

食後酒にはバローロ・キナート
デザートはハーゲン
b0047100_9141455.jpg


シメはやっぱりエスプレッソ&グラッパ
b0047100_91521.jpg


平日はほぼ毎晩刺身か焼き魚だけど,たまにはのんびりワイン飲むのもいいな。
[PR]

by taka-taca | 2012-05-30 23:16 | ワインとイタリア料理 | Trackback | Comments(4)
2012年 05月 28日

復活の狼煙はノロし。。。

薬を服用し始めて2週間。先生からは,“そろそろ軽くローラー回してもいい”と許可が出たが,
薬の効果をみながら1か月くらいかけて徐々に馴らしてくように言われていた。

とはいえ夏日ともいえる晴天の週末,まさか室内でローラーする気にはなれず,
土曜の朝,“だったらトレランだな”と,遠くの山を眺めて“どの山へ行こうか”と考えていた。
そこで目に入ったのが信号に向かって立ちこぎでダッシュする女子高生。
なぜかそれをみて無性に自転車に乗りたくなったw

冬は乗らないモニカも最近になって自転車復活して,ちょうど出発するとこだったので,急いで着替えて
“俺も行く!”と声をかけた。
モニカは“先生はまだダメって言ってるんじゃないの?”と言ったが,
“ゆっくりならいいって”(ホントはよくなかったらしいがw)と言って付いて行くことに。

久々どころか半年以上ぶりに自転車にまたがって外へ出るとなんだか見るものすべてが新鮮。
(近所だから毎日見てるのにw)
なんといっても体いっぱいに感じる風が最高に気持ちいい。そもそも今が1年でも一番気持ちイイ時期でもあるが。

おそるおそる走り出すと,腰に違和感や痛みはないが,右坐骨の引き攣りはやはりまだあってペダルがカクンカクンする。。。
でもとにかく風を感じたくて,そんなことは構わないようにしてモニカを追走。
有酸素運動の範囲で軽快に走るモニカに付いて行く程度なら腰に痛みは出ないし,引き攣りも休む前よりは軽くなっていて,ごまかしてなんとか走れる。

決して楽しく走れる状態ではまだなかったけど,とにかく風を切って走るのが気持ちよくて,
“やっぱり自転車最高!”と自転車への気持ちを思い出せてうれしかった。
b0047100_17364184.jpg


浜名湖東岸40kmを走って帰るモニカと帰るつもりだったけど,あまりに風が気持よく,それになんとなく物足りなくて,そのまま一人で浜名湖1周して,合計97kmをave24km/hでマッタリのんびり走った。
いつもなら辛いだけの浜名湖の強風も,この日ばかりは心地よく感じた。
ゆっくり走れば向かい風も追い風もあんまり関係ないもんだな。

右坐骨のツッパリ感や引き攣りは,ケイデンスを上げれば上げるほどひどくなり,90回転なんてとてもキープできないが,60以下ならなんとか回せる。
普通に回せないジレンマと戦いながらも,とにかく気持ち良く走れる範囲で走り続けた。

ジョグやトレランも気持いいけど,やっぱり自転車のスピード感は格別。
やっぱり自転車は止められない。何としても復活したいと強く思った。

半年ぶりに走る浜名湖沿いは気持ちよかったが,気になったことが1つ。
村櫛−舘山寺道路の脇に何やら光る物が散らばっていた。。。
何と空き缶のプルタブが,数十メートルに渡ってバラまかれているではないか!
b0047100_1962177.jpg

まさか自転車乗りへの嫌がらせとは思いたくはないが。。。

おニューのシューズがまぶしい
b0047100_17453222.jpg


日曜日はトレランか,それとも自転車か。。。
[PR]

by taka-taca | 2012-05-28 17:50 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(4)
2012年 05月 19日

富幕山

薬が効いてきてるのか,ここ2〜3日眠気が強く,軽い吐き気も感じる(食欲はまったく衰えず)
今朝も8時によーやく起きると倦怠感があって,気分も体調も優れない。
かといってこの晴天の休日に1日寝てるわけにはいかない。
自転車に乗れればなにも迷う事はないのだが,選択肢がないから仕方なく身支度をしてトレラン。

走り出してすぐに気分が悪くなるが,我慢して1時間も走る(歩く)と調子が良くなってきた。
無理しないように用心しつつ,補給はソイジョイやカロリーメイトを歩きながら食べて休憩はなしで,
結局富幕山山頂まで往復21.6kmを3時間35分で走破。
でもトレランそろそろ飽きた。
やっぱ自転車乗りたい。。。

そして今日明日は,エントリーしていたスズカエンデューロ。もちろんDNS
ホントに辛いけど,自転車復帰したらすぐに走れるように最低限の体力キープのためにはトレランを続けるしかない。
[PR]

by taka-taca | 2012-05-19 21:41 | ラン&トレラン | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 17日

イタリア自転車事情

近年増え続けるロードレーサーやマウンテンバイク,クロスバイク。
そして自転車問題の発端となったノーブレーキピスト車。
以来自転車のマナーについてメディアで騒がれてきたが(最近あまり聞かないけどもう飽きたのか?),
道路を走る自転車のマナーは,以前より多少マシになったような気がしないでもないが,やはりあまり変わってない。
というか,自転車を運動として(通勤も含む)乗っている人と,近所の買い物や通学の単なる足として使ってる人の間の意識の違いはあまりに大きい。

前にも書いたけど,メディアが騒いだと思ったらいきなり自転車レーンみたいなのを作ったものの,その後取り締まりもなにもなく放置。
去年の話
もちろん今でも逆走だらけの無法地帯。
ま,自分だって高校生の頃はフラフラ適当に走ってたからあまり言えた立場でもないが(汗),
これはやはり社会の問題として根底から変えていかないとダメだろう。

本屋の自転車雑誌がものすごい勢いで増えているが(内容はどれも大して変りないけど),ついには“自転車はここを走る”とかいう本があった。
“正しい自転車の乗り方”を啓蒙する疋田氏の著書だが,考えてみると,この手の話に関心がある人はとっくにちゃんと走ってるだろうし,通学高校生や買い物おばさんがこんな本に目を止めることはないだろう。

ヨーロッパでは自転車は車とほぼ同等に扱われ,さらには自転車レーンも発達し,日本のようにドライバーから攻撃を受けることなどない。
もちろん逆に自転車乗りもきちんと交通ルールを守り,車の流れを妨げないように走らなければいけない。
車道を逆走とかかありえない。

では,イタリアの自転車事情はどんな?
[PR]

by taka-taca | 2012-05-17 09:58 | Italia2012 | Trackback | Comments(6)
2012年 05月 16日

バローロの旅

バローロの風景をアルバムにしてみました。
La gita a Barolo

こんな記事も発見した
ワイナリー・ブレッツァ
まさに俺達が行ったレストランのワイナリー
俺も訪ねてみたかったな。。。

さらにそのレストランの紹介もあったけど。。。
ristorante Brezza
でも料理の紹介がまったくないじゃん!トリュフしか食ってないのか?
やっぱフードライターはフードファイターでないと務まらないなw
[PR]

by taka-taca | 2012-05-16 09:41 | Italia2012 | Trackback | Comments(2)
2012年 05月 14日

イタリア駐車事情

イタリアの車といえばFIAT500やパンダに代表されるように小さな車が主流。
街中を歩いてみればそれはすぐに納得できる。
近年地下駐車場なんかも増えてはいるが,やはり基本は路上駐車,しかもほとんど縦列駐車。
違法ではなく,ほとんど路肩に青い線がひかれ,無料だったりパーキングメーターでチケットを買ったりしての有料駐車だ。
そしてその青いラインは車1台ごとに分かれているわけではなく,みなできる限り詰めて止めるし,ギリギリのスペースを見つければ車を“ねじ込んで”w駐車する。
日本みたいにバカでかい,しかもピッカピカに綺麗に磨かれた車ではとても走れない。
もちろんうちの車はだからというわけではないが“洗車は雨任せ”で少々(かなり)の傷も気にしないw
b0047100_2273496.jpg


その縦列駐車テクニックは見事でもあり,時には唖然とするような強引な入れ方も。。。
[PR]

by taka-taca | 2012-05-14 14:20 | Italia2012 | Trackback | Comments(4)
2012年 05月 13日

京都から再出発

土曜日,新幹線に乗って西へ向かった。

自然治癒はもちろん,外科的治療の道も閉ざされ,残された道を辿っていたら京都に辿り着いた。
この手の薬に頼るのは不安も抵抗もあったけど,意味不明な症状を持つ我がままなこの患者に,親身になって治療法を模索してくれて,
丁寧に説明してくれた言葉に安心し,信頼して最後の(と願う)藁をつかんだ。
今度こそきっと良くなる。
エントリーしていた来週末のスズカは無理だけど,夏のシマノ鈴鹿での復活が目標。
そしてもちろん沖縄。。。

診察を終え,せっかくの京都だからと街をブラブラ。
1人だし,一通りの観光地はとっくに回ってるし,特にあてもなく,人混みをさけて路地裏を徘徊。

ランチは京料理!と思ったけど,ランチメニューとはいえ京懐石は,
俺にとっては量に対してコストパフォーマンス低過ぎて飛び込む勇気(予算)がなかった(涙)
で,タイ料理にも魅かれつつ歩いていて見つけた“とろろ”の文字。
寒くてビール飲みたい感じでもなかったからヘルシーにとろろご飯にした。
b0047100_22123643.jpg


なんとご飯(玄米も選べた)ととろろはお代わり自由!
b0047100_22134589.jpg

京都らしくネギも食べ放題で,とろろご飯は美味かった!
もちろんお代わり。

3時間ぶらり散歩
[PR]

by taka-taca | 2012-05-13 22:19 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 09日

ラストデー@トリノ

朝起きると雲一つない晴天に,マッジョーレ湖へ行きたい気持ちも少し再燃したけど,最後にバタバタするのもメンドくさいと思い,結局トリノをブラブラ。
まあ今回は,去年来れなくて会えなかった友達やモニカの両親と過ごしたり,久しぶりにトリノの街をじっくり歩くことが目的だったのでこれでよしとしよう。
b0047100_20561957.jpg


ジロ色のチンクエチェント?
b0047100_20581952.jpg

と思ったら内装はキティだらけだったw

日本ではクロスバイクや小径車なんかのミーハーなイメージなビアンキだけど,
こっちで一番見るのはママチャリ,というよりパパチャリな実用車。
次いで古いクロモリロード
b0047100_211143.jpg

俺のビアンキにも早く外の空気を吸わせてあげたい。。。


トリノの街角や風景写真は後日アップするとして,
まずは最終日の飲み食い

ランチは街中,夜はうちディナー
[PR]

by taka-taca | 2012-05-09 21:27 | Italia2012 | Trackback | Comments(2)
2012年 05月 08日

ラスト2デイズ

最初で最後の週末(滞在1週間だし),マッジョーレ湖にでも足を伸ばして,
美味い魚料理でも食おうかと思ってたけど,
なんとなくメンドくさくなってトリノで過ごすことにした。

アンティーク市場に行ってみたり
b0047100_038384.jpg


ランチ最高
[PR]

by taka-taca | 2012-05-08 01:01 | Italia2012 | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 06日

開かずの輪行バッグ

b0047100_21501510.jpg

2010年8月以来トリノで眠ったままのビアンキーナ1号
バッグから出してホイールを付ければすぐにでも走り出せるのに,バッグから出してもやれない。。。

自転車に乗れなければイタリアもやっぱり楽しくない。
3~4年前にサンレモやチンクエテッレ,ラルプデュエズと,ジロやツールのコースやトリノ近郊を走り回ってた頃は幸せ一杯だった。
もちろん日本でも楽しく走ってたのに。。。
[PR]

by taka-taca | 2012-05-06 21:58 | Italia2012 | Trackback | Comments(4)