<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 08月 29日

スズカ5ステージ

3年前からチームキッズで遊びがてら参加し始め,そして去年は竹芝と連合チームでチーム総合2位を果たしたこのレース。
個人レースとはまた違った楽しさ(苦しさw)があって,今年も楽しみにしていた。
しかし,今の体では,集団に付いていけるかどうかすら不安で,直前まで出るかどうか迷っていたけど結局走ってみることに。

メンバーはキャプテンアッキーオ,エースナカツル,ツドクロフ,自分,そしてことし新メンバーのトリイさん,キッズ沖縄からはアメリカ人のレジー。
レジーは自転車2年目ということで,とりあえず楽しんで走ってもらう感じ。

朝の試走でキャプテンアッキーオが“チームTTのフォーメーションを練習しときましょう”と。
そう,このチームは沖縄&関東&静岡からの寄せ集めで,チームTTの練習など一度もしていない。。。
それでも去年はイナーメに次ぐ2番手で走れただけに,今年はもっと真剣に走ろうとメンバーに気合が入る。
しかし朝7時前からいきなり心拍180は,今年まだ心拍180なんて見たこともなかった俺には辛い。。。(涙)
みんなは4周したけど俺は“レースで走れなくなる”と思って3周で止めといた。
その間にMS97のササキさんに会ったが,TT練してたので挨拶程度しかできずすいません。

そしていよいよ第1ステージ(5周回 約30km)
今年はナカツルのアシストとかできるレベルではないことを申告し,とにかく確実に集団ゴールすることだけを考えて走った。
とにかく落車の多いこのレース,集団後方ではいつ落車に巻き込まれるか,中切れされて置いていかれるかわからないので常に前方の動きを見ながら集中して走る。
が,今年初めてのレースペースはやっぱりきつい。
気がつけば集団ほぼ最後方で,シケインの登りのたびに脚が重くなる。
さらに今年は最終コーナーがコーンでコース幅が半分にされていて(スピードを落とさせるためか),そこで集団後方はブレーキがかかり,そこからストレートの登りに入るだけにインターバルがきつい(汗)

2周目か3周目のヘアピン手前で,自分の2~3台前で落車が発生したが,ギリギリ右へよけてそのまま芝生も越えて砂利まで行って止まったが,
落車することなくコース復帰。
なんとか集団にも戻れて一安心。
そうして無事集団でタイム差なしでゴール。
と思ったら集団前方で少し間を空けたやつがいたらしくトップから12秒差になってしまったが大集団なので問題なし。
とりあえず初レースを落車なく無事終われてホッとした。

のもつかの間,昼過ぎには第2レースの個人TT(東コース2.2km)
これは距離が短くて自分には向いてないし,チームTTのために余力を残したいから全力では踏まず。
にしても115位とは。。。(泣)

そして第3ステージはいよいよ地獄のチームTT
これでチーム総合も個人総合もほとんど決まるといっていいだけに,
どのチームも気合を入れて事前から練習を繰り返しているけど,自分たちはお互いの走りもペースもわかってないままのぶっつけ本番。
これがやはり仇となったのか。。。

1周目のスプーンで早くもチームしまうまに抜かれるが,その周回で分裂した彼らをすぐに抜き返し,なかなかいいペースで走れていたよう。
そして2周目に悪夢が。。。
西ストレートからスプーンに入る登りで先頭にいた俺の後輪にツドクロフがハスって横向きに落車。
それにアッキーオが乗り上げて前転。
ナカツルがすぐに“3人で行きましょう!”と言うが,ツドクロフとアッキーオが復活できるかちょっと様子を見ていた俺もすぐに追いかけて合流して3人で走りきることに。

チームTTは3番手のタイムがチームタイムとなる。
つまり,もう俺は絶対に千切れることはできなくなってしまった(大汗)
本来は最悪自分が千切れても4人で回るだろうと思っていたのに。。。
向かい風区間では3人ではきつく,2人に付いてくのに必死。
そして俺がどんどん遅れだし,ナカツルとトリイさんは俺を見ながら引っ張っていってくれる。
完全に足を引っ張っている状態に情けなくて泣けてくるし,あまりの苦しさに泣けてくるし,腰と坐骨神経の痛みにも泣けてくる。
その顔はナカツル夫人あいちゃんにして“たかさんのあんなに苦しそうな顔初めて見た”と言うほどだった。

走りながら“去年の富士チャレ200は途中でなべっちと長~い2人TTをしたっけな”と思い出した。
そのなべっちは個人TTで凄いタイムを出し,パンクがなければ総合上位5人に名を連ねたはず。
なべっちと話しをして,俺もがんばらなきゃな,と刺激をもらった。

なんとか3人で4周を終えると,それでも8位/40チームのタイム。
落車がなければと悔やまれるが仕方がない。
それよりも落車で怪我をしたツドクロフは翌日走れず,
キャプテンアッキーオはすぐに帰宅して,結局なんと肋骨が3本逝っていた。。。
レースの結果よりもやはり仲間の怪我は本当に心苦しいし痛い。
今年は“打倒イナーメ”に気合を入れていたアッキーオだけに悔しかっただろう。

それでもチーム総合は6位に付け,なんとかその位置をキープするためにも,
2日目も俺は何がなんでも集団ゴールが使命。
ていうか,今までならただ集団ゴールするだけなんて考えたこともなかったのに、それすら必死でないとできない状態に情けなくなる。

そして2日目の第4レースは東コース5周のたった11kmのクリテリウム。
シケインの登りもないし楽に思えるが,スプリントにいきり立った集団のスピードは上がり,危険いっぱいのレース。
最終回の最終コーナーで案の定コーンにぶつかって落車する選手がいて,それがまたしても自分のすぐ左前。
しかもコーンをつないである棒が自分の方に飛び出してきた(汗)
前の選手はそれを乗り越え,自分は右に避けてなんとか通過。
常に目の前で落車が起こることを想定しながら走ってるから,
いつもわりと冷静に対処できるけど,でもやっぱり落車は見たくない。

とにかく集団後方で無事レースを終えた。
これでチーム総合も6位をキープ。
と思いきや,トリイさんが何と最周回を1周間違えて流して集団から遅れてゴールしてしまい1分のロス。
これでチーム総合は16位まで転落。
まあしかしそこまで前方でがんばっていたし,チームTTで引っ張ってくれていた彼だけにしょうがない。

しかし今回こうして集団後方から見ていると,例年よりも集団に残る人数がかなり多いし,落車もいつもよりはずっと少ない感じ。
やはりエントリーが抽選になるほどの人気なだけに,全体のレベルの底上げがされているのだろうか。

そして最終第5ステージ(フルコース7周 約40km)
これは距離は長いが,みんなが疲れていることもあり,序盤からガシガシとペースが上がることはあまりない。
が,今年の自分には7周を集団で走りきれるかまったく自信がない。
かなりの選手が疲れていることや,先頭では逃げに出る選手も出てくるから集団後方は伸び縮みが激しくなって中切れしやすいので,今回は中盤より前に出ることを考えて走った。

集団にいる選手はやっぱり疲れてるのか,先頭も逃げが決まらず牽制はいってるのか,思ったほどペースは上がらず,3,4周目のシケインでかなりきつかった以外にはわりと余裕を持って付いていけた。
やっぱり集団後方よりも前方の方がペースが安定して楽なのだ。

どんなレースでも右端を走ることに慣れているから何となく左側は怖くていかないんだけど,スプーンからヘアピンで右前方から強い風が吹いていて,第1ステージは人の後ろに付いても風をうけてきつかったから,今度は左側をキープして少しでも脚を温存することに努めた。
登りではやはり遅れがちになるが,ヘアピンや下りで少しずつ前に出て,このレースはわりと前の方に位置取りができて,できれば最後に前に出てスプリントのアシストとかしたかったけど,いきなり前に出てきて邪魔だと言われてもヤバいと思って今回はとにかく大人しく集団でゴール。

これでチーム総合も14位をキープして,来年こそがんばってほしいアッキーオのためにも何としても,と思っていた来年のシード権(20位までは抽選なく出れるらしい)を得たが,去年の2位からの大転落,
そして何よりもキャプテンアッキーオの怪我が痛い。

自分としては,6カ月休み,6月から走り始めて,しかもまだ腰痛も坐骨神経痛も引き攣りも抱えながらもレースでここまで走れたのはまあまあ満足。
ただレースを走り切っただけで達成感はないけれど,練習では絶対無理な領域まで追い込んでがんばれるし,レースでしか得られないレース勘とか緊張感を得られるのがいい。
昔からどんなスポーツでも思っていたことだけど,やっぱりレース(試合)こそが最高の練習だとつくづく感じる。

とにかくここまで練習では心拍160前後でしか走ってないのに,レースは常に180前後。
薬のせいか,ただ体力が落ちてるのか,時々めまいや吐き気もする中,最後まで気持ちを切らさずに走れ通せたのはよくがんばったと思う。

個人総合も36位/228人と,チームTTで助けられたとはいえ上出来。
レースだとアドレナリンやらなんやらで集中してるから走れるんだろうけど,
問題はこの先また練習できる状態に心身ともにもっていけるのかどうか。
ま,1つ山を乗り越えた感じなので,一休みしてまた焦らず走っていこう。

来年はどんなメンバー構成になるのかわからないし,自分はもうチームの足手まといになるから外れるかもしれないけど,
この夏のスズカは全体の雰囲気からしてもやっぱり楽しい。
乗鞍へもまた行きたい気持ちもなくはないが,やっぱり来年もスズカだな。
もし5ステージに出れなくても何かしらの種目に出て2日間楽しみたい。

ホームストレートやシケインでもキノリさん他知り合いたちから“たかさ~ん!がんばれ~!”と声が聞こえてとても励みになりました。
ただあまりに苦しくて声援に手を振るどころか振り向く余裕すらありませんでしたが声はしっかり届いてました。ありがとうございました!
ご近所チーム桜台のヤンマーからも“タカサんが走り始めてくれて嬉しいです”と言われて励まされた。

集団先頭のレース展開はまったく知らないので,イナーメマコッチエースナカツルのブログをご覧ください(笑)
[PR]

by taka-taca | 2012-08-29 21:33 | レースレポート | Trackback | Comments(2)
2012年 08月 22日

近況とツールド沖縄

去年の沖縄以来6カ月まったく自転車に触らず,6月にモニカと週末サイクリングで乗り始め,7月に少しずつペースアップして、8月に入ってようやく心拍8割程度で3~40km走ったり,まったりロングサイクリングしたりできる程度にはなってきた。
先週からはスズカに向けて短距離で追い込む練習も何度かしてみてはいるが,短いとはいえレースペースに付いていけるかは不安。
っていうか今さら今年初レースなんだなぁ。。。

腰の痛みは日常生活での痛みはかなり軽減。
以前のように,朝顔を洗うだけで痛むようなことはなく“普通に”生活するのにはまったく問題はない。
自転車に乗ると,やはり特に登りで踏み込むと腰は痛むし,それ以上に相変わらず右もも裏からフクラハギの引き攣りと痛みが,乗り始めから終始痛むのが辛い。

でも,去年おととしは,痙攣を自覚する筋肉が,ハムストリングスに3本,縫工筋(前もも内側の筋肉で膝を開かせる),フクラハギに1本,計5本あって,脚があっちこっちに自分の意思ではなくメチャクチャに動いてまともにペダリングできなかった。
そのまま練習もレースも続けていたけど本当に辛かった。

今年は鍼治療と薬の相乗効果なのか,裏ももの表面の外と内側と,縫工筋の痙攣はほぼ治まってきた。
でも右坐骨辺りがまだひどく痙攣して痛みもひどい。
ハムストリングスの左右をかき分けるように指を押し込むと,奥にゴリゴリとした固い筋肉が1本あって,今はそこまで届く長い鍼を打ってもらっている(涙)が,その効果がでることを祈るのみ。

フクラハギもペダリングすると痙攣して,踵が跳ねて,常に右足だけつま先立ち状態でペダリングしなくてはいけない。
だから左右のバランスが悪くギクシャクしてケイデンスが上げられない。
むしろ登りでケイデンスが低いときの方がスムーズに回せるが,登りは腰が痛む。
で,平坦や下りは引き攣りのせいでスムーズに回せないというジレンマ。

まあとにかく少しずつではあるけど良くなってる感触はあるし,もう少し我慢して無理なく走ろうと思う。
半年のブレークでかなり脚力が落ちてるけど,ジョグやトレランで心肺も脚もある程度使ってはいたから,練習さえできればすぐに取り戻せるとは思う。
とにかく焦らずに。。。
とわかってはいるものの,やっぱり1日も早く3~4年前のように楽しく走りたい。

今のところ沖縄はまだ考えられない。
50kmに出てみても面白いかも,という気持ちも少しはあるけど。

宮古島は出るけれど,集団サイクリングのつもりで楽しく走りたい。
富士チャレ200は勢いでエントリーして後悔してるけど,付いていけるところまで集団走行を楽しめればいいかな。
1周目から付いていけなかったりして。。。汗

とまあこんな現状だけど,
白馬や富士山で仲間とサイクリングしたり,諏訪湖まで走ってみんなと飲み食いして,日増しに自転車の楽しさや,自転車でできた仲間がいることの喜びが身にしみる今日この頃。
復活の日は近いような遠いような。。。
[PR]

by taka-taca | 2012-08-22 22:34 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2012年 08月 18日

浜松ー諏訪湖 217kmの旅

今さらですが,8月4〜5日のサイクリングの話。

東京から数人の仲間が諏訪湖まで1泊サイクリングするのを知り,
以前から諏訪湖まで一度走ってみたいとルートを考えていたこともあるし,みんなと飲むのを楽しみに浜松から単独で合流することに。
しかし,今の体調,それに当日の予想気温からして210km,獲得標高3000m超を走り切る自信はとてもなく,飯田まで120kmほど走って飯田線で電車に乗って行く計画を立てた。

輪行バッグ,最低限の着替えや折りたたみシューズ,2本のスペアタイヤ(クリンチャーチューブラー)とか詰め込んだけど思いのほかコンパクトにまとまった。
b0047100_13353860.jpg


朝6時に出発するがすでに暑く先が思いやられる。
右脚の引き攣りは相変わらずで特にいつも最初の1時間くらいがひどいから気が萎えて,
“さっさと山越えて飯田で電車に乗ってビールだ”と思いながら淡々と走る。
R257の面倒なアップダウンを越え,R151に入り緩い登りは脚も回り出して快走。
しかし,新野峠へのキツくはないが長い登りにだんだん腰が痛みだし,暑さもあってキツい。
とにかく無理しないように苦しくないペースで淡々と,とにかく黙々と淡々と進んだ。
そしてうちから(80kmくらい)結局休むことなく新野峠到着
b0047100_13354476.jpg

最後の数キロがキツかったけど,最大10%程度で普通にクリア。

そのまま下りに入り,すでに3時間以上ノンストップで腹が減るが,峠を下った直後の道の駅はたこ焼きとか暑苦しいものしかなく(中にはメンドくさくて入らず),
その先にコンビニとかを探すがこんな山の中にはそんなものはなく,
やっとみつけた村のスーパーで巻き寿司食って一休み。といきたかったが,
休める日陰がまったくなく,急いで立ち食いしてすぐ再スタート。
b0047100_13355044.jpg


飯田までは下り貴重で快適♪
b0047100_1336743.jpg

でもたまにくる登り返しは標高1000mでも暑い。。。
b0047100_13361442.jpg


下り基調で一気に飯田が近づき,予定通りの電車に余裕で乗れるが,下りで体が回復してちょっとまよう。。。
そこまでのAveは,1000mの峠を越えたわりには27km/hといいペースで,そこから先はこまかいアップダウンはあるがごく緩い登り基調。
ふと“これなら自転車の方が電車より早く諏訪に着くな”と思ってしまった。。。
ということでコンビニでジェルとかを背中に詰め込んでそのまま走り続けた。
交通量が多いR153を避けて天竜峡から“川向こう”の県道を北上
b0047100_13362085.jpg


いかにも長野県らしいアルプスを望む田園風景。
はいいが,異常に暑い上に日陰がまったくない。
コンビニなんてもちろんなく,自販機も日向ばかりでまったく休憩場所が見つからない。。。
b0047100_13362964.jpg

とにかく発汗がものすごく,ひたすら水を飲み,首からかけてしのぎ,30分に一度は自販機で水補給。ただし日向。。。

事前に調べたルートでは,伊那の辺りに小さい峠がありそうで,それは避けようと駒ヶ根からR153に移る予定だったんだけど,気がつくと目の前につづら折り!!??
b0047100_13363658.jpg

“今更もどるのもなぁ。。。それに残りは50km程度だし,大した峠じゃないはずだし,しょーがない,登るか”と登り出すが,この短い峠(5km強,高低差約300m,最大勾配14%)が思いのほかキツく,ここまできての!0%越えに39-25でいっぱいいっぱいで何とか登り切った。
っていうか,川沿いなら快適かと思ったのに,天竜川なんてほとんど見えず,しかも日陰のヒの字もない農道。。。

下りは涼しく快適でまた少し息を吹き返した。
そして伊奈まで来てコンビニもあってやっと一休みして少し回復。
残りは40kmだし,20km緩く登ったら残りは平坦。“もう楽勝。電車なら4時半だったけど4時には着くな”と余裕が出て来たのだが。。。
走り出すと2%程度の緩い登り,そして相変わらず後頭部から背中が焼けるような強い日差しに目眩すらする。
しかも脱水症状で両脚のほとんどの筋肉がつり,度々止まってはどっちかの脚が動くのを待った。
そしてそんな中でも例の引き攣る裏腿の筋肉はいつも通りのタイミングで毎回転ごとにビクンと引き攣る。
今回ちょっと無茶したのは,実はこの引き攣りが,限界まで追い込んだときにどうなるのかをチェックしてみたかったこともあった(ちょっと無理矢理な実験だが)
で,結局疲れてようがいまいが引き攣ってペダリングを邪魔することには変わりなかった。。。

そしてなんとか残り20kmの平坦を残す辰野に辿り着くと時刻は3時半だというのに37℃!?
ってことは昼過ぎは一体何度あったんだろう。。。想像もしたくない。
b0047100_1337656.jpg


この残り20km。もうあっと言う間にゴールだと思ったのだが,ここまであまりにも日陰がなく,
諏訪湖畔に着いてホテルまで数キロというところで木陰を見つけて,やっと諏訪湖も見えたことだしまだ時間も早いから一休みしようと草むらに座り込んだ。
b0047100_1337148.jpg

ココから先が大変だった。。。
一休みして立とうと思ったら目眩と吐き気がして立てない。
完全に熱中症の症状が一気に押し寄せてきた感じで,しばらく草むらに寝そべった。
アリが脚を這っても気にする余裕もない。
通りがかる人に“氷買って来てください”って頼もうか,そろそろ到着しているだろう東京班のサポートカーに助けを求めようか迷ったが,20分ほど休んだら少し血の気がもどり,
とりあえず自力で近くのコンビニに移動して,エナジージェルとかレッドブルとか飲んで何とか回復を試みるがまた立てない。
また20分くらい座っていると,摂取した糖分がようやく体に吸収された感じで急に少し力が出て来た。

で,ホテルを目指して走り出すが,痛恨の通り過ぎで,危うく諏訪湖をもう1周してしまいそうになりながら引き返し,7km余計に走ってやっとホテルに到着。
最後の10kmに1時間掛かった。。。
でも結局217kmをAve 25.4km/hと後半の垂れ具合にしてはまあまあ。

翌日は自転車乗る気なかったから輪行バッグにしまい部屋に入ってすぐに風呂。
そして,とにかく腹減ってたし,タンパク質を取ろうと,卵サンド。
試しに(?)ビールを飲んでみたら,これが何ともすんなり喉を通り,そして美味い!
完全に胃が水を吸収しない状態だったのに,ビールなら吸収するとは(笑)
しかも一気に元気を取り戻した。
ついさっきまでは,“今夜はみんなと飯食ったり,まして飲んだりするの無理だ”って思ってたのに。
b0047100_13372216.jpg


ちなみに今回浜松から諏訪湖までの(迷ったぶん距離は217kmになったけど)
ルート&高低図

何のために諏訪湖まで走ったのかというと。。。
[PR]

by taka-taca | 2012-08-18 13:09 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(0)