<   2012年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 30日

女子会に潜入!?

今朝は昨日の疲れが残りつつ,台風が来る前に少しでも走ろうと,TTバイクを車に積んで,雨が降ったらすぐ止めれるように,浜名湖近くの往復4kmちょっとの直線路でTT練。
右ハムの引き攣る筋肉をほぐすために浜名湖大橋まで17kmほどアップして,TT走10kmだん。
やや強い風にディスクホイールってどんなもんかと思ったけど,どってことなかった。
それより昨夜のワインが残ってて。。。

昨日は桜台の朝練に参加。
宮古島に行けなかった悲しさで泡盛を飲み過ぎてやや2日酔い。
ギリギリ起きて朝バナナを飲み込んで6時に集合場所に駆けつけるとなんと総勢20名ほど。
豊橋のチーム天狗党から生きのいい若者(元気過ぎ)数人と,なんとヒデジイまでいて強度アップは容易に想像がついた。。。(汗)
その通り,スタート直後からトレインのスピードは上がり,朝飯にソイジョイとかモグモグしてたら平坦で軽く中切れ,さらに信号に引っかかってYoshoキャプテンを巻き沿いにして集団を見失った(Yoshiさんスイマセン。。。)
そのまま国民宿舎の坂に入るが誰も見えず,オレンジロードを単独で淡々と走り,引佐峠でようやく集団のケツに追いついた。

そのあとの浜名湖周回も,高速ローテ中にいきなりのアタック連発で,激しいインターバル練。
インターバルに弱い自分は個人TTペースで離れたり追いついたりしながら付いて行く。
何カ所かのスプリントポイントは,スプリントのアシストをするイメージで先行してペースを上げて,スプリント合戦には付けず見送る。
浜名湖1周してコンビニでおにぎり食って一休みしたあと,時間が早いからみんなが行くショートコースに付いて行こうとしたら水買ってるうちに出遅れてはぐれた。。。
道が分からないから適当に舘山寺から浜名湖大橋まで行って個人TTモードでもうひと頑張りして,
そのまま帰ろうとしたら浜名湖に向かうモニカとすれ違い,天気もいいし,回復走がてらモニカについてさらに40km.
合計120kmくらいのいい練習ができた。
午後は疲れ切ってビール飲んで爆睡zzz

そして夜は女子会に参加するという貴重な体験w
[PR]

by taka-taca | 2012-09-30 22:34 | 日常 | Trackback | Comments(2)
2012年 09月 27日

宮古島行けず(涙涙涙)

時期が時期だけに恐れていた台風がまさかホントに直撃するとは。。。
暴風雨MAXは土曜日っぽくて,日曜日のレースは何とかなるんじゃないかと思ったけど,その前に宮古島に飛行機が飛ばないことには話にならない。。。
ということで運営サイトには早めに中止の告知。
これは内地から行く参加者にとっても懸命な措置だったと思う。
でもやっぱ行きたかったよ。。。(泣)

というわけで,今夜は荷造りする必要もなく,回復に努める必要もないし,憂さ晴らしに追い込み夕練49km

定番の23kmTTコースを限界(のつもり)までもがいた。
Ave 36.9km/hとあと1歩な感じだけど,現状の体調なりにかなり頑張れた。
というかヤケクソ気味な走りだった。
腰も右ハムも痛みMAXだけど無視して踏み続けた。

久々にパワータップ付きコスミックカーボンを付けて出力見ながら走った。
300Wキープを目指したが,パワーAveは 284W

ついでにグリーンファーム周回6.3kmを軽く回りつつ,最後にスプリントしてみたけど700W
今まで見た最高は840Wだけど,1000Wとかってどんだけ踏んだら出るんだろう!?

More
[PR]

by taka-taca | 2012-09-27 21:23 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(2)
2012年 09月 25日

富士チャレ 周回ラップタイム

今朝は5時半から回復走 35km
金〜月曜日まで宮古島に行くためにも仕事を進めないといけないから夕練は難しいし,宮古もオキナワもスタートが7時頃と早いから,少しでも体を朝型にするためにもしばらく朝練系でいこかと。
でも子供の頃から夜型な自分には早起きはマジ辛い。
明日は気分転換にTTバイクで朝サイしよう。起きれるかな。。。

富士チャレ200の周回ラップタイムがサイトに出ていた。

息絶え絶えだった最後の2周は8分半。
しかも最後の1周で4人に抜かれたらしい(笑)
そんなの気にする余裕なんてなかったし,あの坂をインナーローで登ってたら抜かれるよな(泣)


1 0:07:45.29 07:45.29 14位 (15位)
2 0:13:57.32 06:12.02 24位 (24位)
3 0:19:54.53 05:57.21 18位 (18位)
4 0:25:58.69 06:04.15 17位 (17位)
5 0:31:48.23 05:49.54 21位 (21位)
6 0:37:50.11 06:01.87 26位 (26位)
7 0:43:41.91 05:51.80 23位 (23位)
8 0:49:51.65 06:09.73 31位 (31位)
9 0:56:14.28 06:22.62 27位 (27位)
10 1:02:43.24 06:28.96 23位 (23位)
11 1:09:17.99 06:34.75 27位 (27位)
12 1:15:49.40 06:31.41 24位 (24位)
13 1:22:17.59 06:28.18 25位 (25位)
14 1:28:48.97 06:31.38 23位 (23位)
15 1:35:07.49 06:18.52 24位 (24位)
16 1:41:45.42 06:37.92 23位 (23位)
17 1:48:24.51 06:39.08 21位 (21位)
18 1:55:05.66 06:41.15 17位 (17位)
19 2:01:56.96 06:51.29 24位 (24位)
20 2:08:47.67 06:50.71 19位 (19位)
21 2:15:41.65 06:53.97 21位 (21位)
22 2:22:35.71 06:54.06 21位 (21位)
23 2:29:27.07 06:51.35 20位 (20位)
24 2:36:21.23 06:54.16 18位 (18位)
25 2:43:26.61 07:05.38 20位 (20位)
26 2:50:34.69 07:08.07 24位 (24位)
27 2:57:40.60 07:05.91 26位 (26位)
28 3:05:00.79 07:20.18 19位 (19位)
29 3:12:23.46 07:22.67 24位 (24位)
30 3:19:35.53 07:12.06 26位 (26位)
31 3:27:39.09 08:03.55 25位 (25位)
32 3:35:29.09 07:50.00 23位 (23位)
33 3:42:52.99 07:23.89 23位 (23位)
34 3:50:21.93 07:28.94 23位 (23位)
35 3:58:06.73 07:44.80 23位 (23位)
36 4:05:44.46 07:37.72 23位 (23位)
37 4:13:14.23 07:29.76 23位 (23位)
38 4:20:45.49 07:31.26 23位 (23位)
39 4:28:08.67 07:23.17 22位 (22位)
40 4:35:52.36 07:43.69 23位 (23位)
41 4:43:36.41 07:44.04 22位 (22位)
42 4:51:32.50 07:56.09 22位 (22位)
43 5:00:00.28 08:27.77 22位 (22位)
44 5:08:38.81 08:38.53 26位 (26位)
[PR]

by taka-taca | 2012-09-25 20:31 | レースレポート | Trackback | Comments(0)
2012年 09月 24日

富士チャレ200

結果 26位(8~900人?)

機材
自転車:ビアンキ928SLカーボン
ホイール:コスミックカーボンSLR
ギア:53-39×11-23
乾燥重量:7.5kgくらい

毎年欠かせないレースとなっているこのレース。
今年はエントリーはしていたものの,7月から少しずつ練習を始め,
8月から2~30kmの距離くらいのペース走を始め,9月に入ってようやくチーム桜台の朝練で浜名湖1周50km程度の高強度な練習を2回ばかりしただけで,200kmのレースをどこまでレースとして走れるのか不安でいっぱいだった。
そして,思った以上に,というか今までで一番苦しく長いレースとなった。。。

当日の朝は体調はよく,天気も曇り空で暑くなく寒くなく絶好のコンディション。
ニューマシンに気持ちも高ぶりw“がんばろう”という気持ちで臨んだ。
いつもならロングレース前のアップなんて駐車場をうろつく程度だけど,
引き攣る右ハムの筋肉が,最初の30分くらいが特に固くて痛いので,それをほぐすために試走でコースを3周,30分くらい走って脚を温めた。
脚は思ったより回るが,登りではやはりハムストリングスが上手く使えない分キツい。
まあとにかく気楽に,単独になって気持ちが切れることがないように頑張って,絶対に200km走りきろう。と心に決めた。

レースは招待選手のいきなりの鬼引きで6周で集団分裂。
前に残った一般選手は10人ほどだったよう。
もちろん自分は第2集団に。。。
いつもなら100kmくらいまではハイスピードながら落ち着いて走れるのに,今回は招待選手が相当なペースで牽いていたよう。

そうして取り残された第2集団は50人ほどだっただろうか。
もっといたかな?
ペースメーカーの招待選手はいないし,チームもバラバラでまったく統率がとれない集団のスピードは一気に落ちた。
そしていつもありがちな“登りでがんばって下りで休む”ペースになって,
登りで休んで下りで稼ぎたい自分には辛いペース。
特にダンロップ手前の長くゆるい下りでのスピードが遅く,自分が重いからか,みんな脚を止めてしまうからか,普通に漕いでても先頭まで出てしまう。
でも後ろでブレーキかけるくらいならライン外してマイペースで先頭に出て,
登りで抜かれながら集団のケツまで下がる方が楽。
登りではとにかく焦らずマイペースで行こうと決めた。

こーして何事もなく淡々と周回を重ねるのは実に退屈zzz
“眠くなってきたなぁ”と思った頃(80kmくらいだったか),
雨がポツポツと振り出し,次第に強まり路面はウェットに。
降り始めが一番滑りやすいし,集団の動きも怪しかったからとにかく回りを見ながら用心して走る。
新車で落車なんて絶対にできない!(笑)

そして案の定,雨が降ると落車祭りとなるコカコーラコーナーで自分のすぐ前で1人がスリップ落車して数人が巻き込まれた。
それを想定して右に膨らんで走っていたので,落車を避けて右に寄ってきた選手たちにもぶつかられることなく無難にクリア。
とにかくどこで落車が起きても逃げることを想定しながら走る。
雨自体は怖くはないけど,まだ半分以上あるのに雨の中走り続けるのは気持ちが萎える。。。
でも空を見るとところどころ明るいので“たぶんすぐ止むだろう”と楽観視。
その通り雨はすぐに止んで路面もドライに戻った(ふぅ)

腰は痛むが時々背中を伸ばしながらごまかせる程度で,右ハムの引き攣りも大腿四頭筋を使うことでさほど気にしないで走れる。
が,その大腿四頭筋が酷使されて100km過ぎに早くも攣り始める(涙)
でも集団の後ろで脚を休めつつ,登りもインナーを使ったりして軽く回すようにして走るうちに完全に攣るまではいかず復活。

ところが,130km過ぎに,序盤から時々感じていた吐き気が強くなり,心拍を上げるのが辛くなる。
ピットに入ってちょっと休もうかと思ったけど,そしたら再スタートすることはないだろうし,沖縄のためにも何としても走り切りたいと思って走った。
というかマジで止まって吐きたいと思うほどになってきて,でもレース中ジェルしか飲んでないから胃は空っぽだろうし,と思ってたら込み上げてくるものに血の味を感じて,“ちょっとやばい”と思い,
脚はまだ大丈夫だったからホントに悔しい気持ちで第2集団から離脱してペースを落とすことを決意。

単独で1周しながら,“このままじゃ練習にもならないし,とにかく苦しい”
と思っていたら1人の招待選手が10人ほどを引き連れて良さそげなペースで走っていたので,すぐにそのトレインに飛び乗った。
かなりゆっくりなペースだけど,単独で走るよりは速いし,安定したペースなのでそのまま付いてとにかく無難に完走を目指す。

よほど快適なペースなのだろう。気がつけば100人以上の大集団に(笑)
こーなるともうレースというよりは集団サイクリングイベント。
もうゴールは近いと確信。

しかし,考えたら5時間止まらず走り続けるなんて去年の富士チャレ以来。
やはり心臓もきついんだろう。
180kmあたりからまた吐き気がしてきて目眩すらする。
さすがにここまで来て止められないので必死でペダルを踏んだ。
腰の痛みも引き攣りもどーでもいいほど気持ちが悪い。
ホームストレートで“たかさ~ん!がんば~!”という声援に支えられてがんばれたけど,ついにはそれすら耳の遠くにかすかに聞こえるほど。

残り2周となったところで超マッタリな大集団からも千切れて,もうどんなグルッペットにも付けず,ダンロップからの登りなんてインナーロー。。。
普通ならインナーに入れることすらないのに。
あと1周残して止めてもいいとさえ思ったけど,なんとか最後の坂を登りきる頃,マスケンさんの集団がスプリントに向けるような勢いで駆け上がって抜いていった。
“んん??マスケンさんはとっくにゴールしたはずなのに?まさか俺もまだもう1周あるのか!?”と愕然。。。
でもなんとなくヤケクソ気味に惰性でもう1周して無事200km走りきった。

しかし,実際にはやっぱり1周余分に走っていた(泣)
もちろんマスケンさんもだ。

ゴールすると意識がもうろうとして,すぐに横たわってしばらくは水も飲めないし呼吸の乱れも止まらなかった。
30分くらい休んだら体調も良くなって,水をがぶ飲みして,おにぎりと焼きそばを食ってやっと生き返った。

途中何度も諦めかけながらも完走したし,順位は全然気にしてなかったけど26位と十分すぎる成績で走り終えることができて満足,というかとにかくホッとした。
翌日も当然疲れてはいたけど,特に腰痛が悪化したりとか変な痛みも出ていないから,今の体でも走り方次第で無理なく練習を続ければレースもそこそこ走れることもわかった。
腰痛や右脚の引き攣りも徐々に軽くなってるし,回復傾向にあることは間違いない。
でもこれで焦ったり調子に乗って去年のように練習で追い込んでぶっ壊れないように気をつけなくては。。。

今回も会場で“ブログ見てます。”と声をかけてくれて,体調を心配してくれたみなさま,ありがとうございました。
そんな言葉に励まされたり,いつもの仲間の声援(ちゅなどんの声が小さかったのは気のせいか体調のせいだったのか。。。w)
があったおかげで最後までがんばれました。
また来週の宮古島もがんばります!

しかし,週末に向けて沖縄方面に台風が向かっているらしい。。。(汗)

そして,ここまでがんばったご褒美の晩飯はモニカが作ってくれたイタリアン
[PR]

by taka-taca | 2012-09-24 21:51 | レースレポート | Trackback | Comments(4)
2012年 09月 20日

ニューマシンデビュー

こないだ手に入れたニュー(古いけどw)フレーム,ビアンキ928SL(2008モデル)が昨夜完全に組みあがり,今朝早速走ってみた。
考えたら個人的朝練は今年初。モチベーション次第で起きれるもんだなw
b0047100_2184410.jpg

5時に目が覚めてから15分迷って何とか起き上がり,10分で支度して浜名湖へ。
ポジションチェックや各パーツの作動なとチェックしながらマッタリ35km走った。

フレームサイズは55(ホリゾンタル仮定C-T 550mm)
シートチューブ実寸はC-T 520mm
トップチューブはホリゾンタル仮定で550mm
BB-サドルトップ 752mm
ステム130mm
ハンドル幅420mm(C-C)
これは今年バカンソレイユのビアンキに乗るフーガーランドとまったく一緒。
身長体重ともにほぼ一緒なだけに妥当なところか。

ポジション的には,57サイズのFG-Liteよりトップチューブが10mm短い分はステムを130mmにして問題なし。ただヘッドチューブが15mm短いからとりあえずスペーサーを10mm入れて(それ以上は見た目の問題的に許せないw),ハンドルが5mm低くなったけどまったく違和感なし。
スペーサーなしでも短距離ならいいけど,腰の痛みもあってわりと上体を起こして乗る自分としてはこれ以上は下げないほうが良さそう。
b0047100_21112713.jpg

でもスペーサー邪魔だな。。。(苦笑)
リハビリ期間の今は我慢して,腰痛が治ったらスペーサー取ろうw

ハンドルはこの4〜5年慣れ親しんだデダのニュートン。
ショートリーチは嫌いで,ドロップの落差も大きめな方がいいから。
b0047100_21354128.jpg

ハンドルは黒にしたかったけど,うちに予備在庫としてシルバーのがあったので,それで我慢。

形状はアナトミック。
ブラケットは握るというより,そっと手を置く感じなのでほぼ平行にセット。
これもカンパ10sのが気に入っていてブラケットが細身な11sに移行できない。
b0047100_21115817.jpg

ステムの色は黒にするつもりだったけど,130mmの在庫がすぐにはなさそうで,白とも迷ってたので白にしてみた。

そのステムもこれまで通りデダのZERO100
あちこちで“折れる”“割れる”と悪評高きこのステム。
俺のは4年間付けっぱなしで雨も段差も気にせずいたけど問題なし。
でもメーカーでは2年ごとにボルトや抑えるカバーを交換することを奨励しているらしい(汗)
たぶんあまりギュっとハンドルを握ることがないし体重かけることもないからから気にならなかったんだろう。
折れるときは何でも折れるだろってことで。

シートピラーとサドルはステムに合わせて白にしてみた。
b0047100_2120739.jpg

サドルはもう10年近く使い続けてるSLR
これ以外に俺のケツに合うサドルはないと思う。
フレームに白いマークが結構入ってるから白がすんなり似合う。

バーテープは白か黒かチェレステか迷いに迷ったけど,白が無難と思いつつ,フレームが黒で,やっぱりどっかにチェレステは入れたくてw

さて,肝心な乗り心地(まずは見た目重視なのでw)
重量はFGとほぼ同じで,コスミックカーボンSL付けて7.5kgくらい。
こぎ出しはさすがに軽い。
そしてすぐに感じたのが,振動吸収の良さ。
フルアルミでカチンカチンのFGはちょっとした路面の継ぎ目とかデコボコで,カーンという金属音が脳に響くほどで,長距離を乗ると激しく疲れる。
だから結局いつまでも古い2号を使い続けたのだった。

逆にこの928SLは,さすがフルカーボンらしく,路面のデコボコを見事に吸収して静か~に流れるように進んでいく。
初めてフルカーボンに乗るからこれにはびっくり。
腰にも優しそうだ。
あ,TTバイクもフルカーボンだったっけw でもあれはまた別物。

だからと言ってもちろん柔らかいわけではなく,坂でわざと重いギアを踏み込んでも俺程度の脚力ではびくともしない。
FGの方が若干反応は速い感じだけど,それはクランクが175mmだからかな。
928SLには右坐骨の引き攣りを少しでもカバーできればと172.5mmを付けたから,逆に坂で軽く回しやすい。

サーキットやヒルクラならFG-Lite,公道ロングなら928SLを選ぶだろう。
でもあさっての富士チャレ200は,来週の宮古島で928SLを使うために慣れておきたいから928で走る。

ついでに細かいところでは,
ブレーキはこれも2号からずっと使ってるマヴィック。
b0047100_212183.jpg

剛性が弱くて,雨の日に目一杯握るとカンパに比べてグニャっとするけど(苦笑),そんなに強く握ることなんて滅多にないし,とにかくこのブレーキの軽いタッチがお気に入り。

クランクはコーラス。
ペダルはアルテグラのカーボン。
b0047100_21215215.jpg

デュラとの値段の差が大きすぎ。
わずか10gだか20gの差のために1万円払うならその分ビール飲みたいw

フロントディレイラーは,何故かうちにあったレコード。
どっかの通販セールかヤフオクで安かったのを買っておいたんだろう。
逆に,あるはずだと思ったリアディレイラーがなくて,ケンタウルをイギリスから通販。
コーラスはなくてレコードは値段が倍もして止めた。
b0047100_2123525.jpg


ボトルケージはこれも長年使い続けてるTacxのアルミ
抜き差しがすごくしやすいし,ボトルが暴れることもない。
b0047100_21245654.jpg


と言う感じで,フレームは激安で手に入れたし,パーツも寄せ集めで格安に出来上がった。
b0047100_21253286.jpg

見た目にも満足だし,乗りこむほどに可愛くなっていくだろう。
もうこれで言い訳はできない。
あとの問題は自分の心臓と脚次第。。。(汗)

関係ないけど晩飯は鶏腿肉のパン粉まぶしオーブン焼き(カツレツを揚げずにオーブンで焼く)
トマトソース
b0047100_2127817.jpg

ビール1リットル,ワイン1本飲んでしまった。。。
明日も朝練するって言ったらモニカは“くだらない冗談ね”と鼻で笑った。。。
でも明日も走るぞ。
[PR]

by taka-taca | 2012-09-20 21:08 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(2)
2012年 09月 18日

低気圧にダウン

土曜日の朝練で追い込んだとはいえ,日曜日は流し気味に86kmだけ。
昨日もマッタリジョグ5km。
なのに今日になっても疲れも腰と坐骨の痛みも和らがない。
体中の細胞が膨らんでパンパンに浮腫んでる感じ。
実際鍼師に触られるとハムとフクラハギのいつも引き攣る筋肉はカチカチゴリゴリ。
大体いつも台風が近づくと腰痛や倦怠感がひどくなる。
まあ気持ちの問題なのかもしれないけど。

ってことで,とにかく腰が痛いので,明日の予約だった鍼を今日にしてもらった。
こんな状態で行っただけにさすがに今日は唸った。。。(涙)
でもこれで楽になるはずだし,明日あさっては新車のポジションチェックと微調整しながら軽く走って,土曜日の富士チャレ200に備えよう。

とりあえずニューフレームにパーツは全部付けて,すぐにでも乗れる状態。
あとはブラケットとハンドル位置を微調整してバーテープを巻けば完成。
それにしても,いつもながら作業するたびにどーしてこんなに散らかるんだろう。
工具は散乱するし,必要なパーツとゴミの区別をするだけでも大変だ。。。
それより,部屋に黒いフレームがあることにかなりの違和感(笑)
b0047100_20555067.jpg


晩飯のメインは刺身。
b0047100_20555030.jpg


ビールに泡盛飲んだし,当然今からローラーで新車に跨がったりはしないよw
[PR]

by taka-taca | 2012-09-18 20:55 | 日常 | Trackback | Comments(2)
2012年 09月 16日

週末練

昨日土曜日は桜台の朝練に参加。
オレンジロードの登りでは先頭にまったく付いていけず(泣)
でも平坦ではそこそこ踏めるようになってきた。
早起きは辛いけど,気の置ける仲間と朝っぱらからハアハアして走るのも走り終えれば気持ちいい。
走ってる間は吐きそうで気持ち悪いけどw

今日は昨日の疲れがあるからマイペースでLSDしようと,6時スタートで春野周回コース。
来週の富士チャレ200に備えて4〜5時間走るつもりだったけど,春野1周して腰痛と坐骨の引き攣りと痛みで集中できなくなったから止めて帰宅して86kmで終了。
平坦も登りも心拍160前後で終始余裕をもって一定ペース。
腰痛はともかく,引き攣る右坐骨のせいでハムストリングスが上手く使えないから登りで踏めなくて
思うように進まないのが悲しい。
痛みや引き攣りと戦うのではなく,妥協して解決策を模索しているが簡単ではない。
でも3時間ノンストップで走ったし,今は“辛い”と感じた時点で止めるのがリハビリ走には大事。
走るたびに力が戻って来てる感触があるし,とにかく走ってて楽しい。

昨日も今日も昼からビール飲んで昼寝2時間。。。
夕方ニューフレームの組み付けを進めたけど,完成まえにビールタイマーがなって途中で終了w

今日の晩飯は近所のタイ料理をテイクアウト

生春巻きはモニカ製
b0047100_2214411.jpg


手作りチェンマイソーセージと魚と豚肉の湯葉巻き揚げ
b0047100_22153373.jpg


ワタリガニのカレー
b0047100_22165069.jpg


イカの。。。なんだっけ
b0047100_22171059.jpg


ヤムクン(トムヤムクンがスープじゃなくて炒め物になったようなの)
b0047100_22175161.jpg


ワタリガニと春雨炒め
b0047100_2219523.jpg


あー美味かった♪

あ”ーーー!
パッタイ注文するの忘れたーーー!!!(涙)
[PR]

by taka-taca | 2012-09-16 22:23 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(2)
2012年 09月 12日

ツールド沖縄

今さらながら,エントリーしました。210kmです。
とにかく今は数年ぶりに自転車に乗るのが心底楽しいし,オキナワを走らない理由がない。
ホントに今年はパスしようと思ってたのに,数日前にルートイン名護の予約確定メールがきて,
“これで歩いて名護曲へも,するじな(市街地の居酒屋)へも行ける”と思ったらやっぱり沖縄へ行きたくなってきた。
おまけにニューフレームでモチベーションMAXだったところで,2日間迷ってエントリーだん。

出るからには頑張らねば(去年のような無茶はしないけど),ってわけでもないけど,
昨夜変速の調整をしたTTバイクを試すために夕練。
沖縄とTTバイクって関係ないか。。。w

先週と同じ46kmコースで,26.5km TTもしてみた。
これは去年までずっと走ってたTTコースとは違うコースを開拓。
と言ってもしょっちゅう走ってる道路ではあるがw

とうのは,今までのコースを走るとどうしても“前より◯分遅い”とか考えて気が萎えたりするし,
今は腰や坐骨の痛みや引き攣りを自分の体の1部と受け止めて,それなりの走り方を考えるためにも,以前の走りやタイムに縛られないようにするため。
ていうか,交差点やアップダウンを減らしてTTバイク向けにしただけとも言えるが。。。(苦笑)

今日は浜名湖にしては稀にみる微風で最高のコンディション。
とはいえSpd ave 37.8km/h と先週より2km/hアップはさすがTTバイク&ディスクホイール
中間の浜名湖大橋から村櫛の往復10km区間は39.8km/h
Uターン時に車に阻まれて止まったのが残念。
それにしてもUターンは苦手(泣)

今日は調子を見ながら流してもいいと思ってたけど,アップしてるうちにスイッチ入ったw
疲れてるせいか心拍が170に達するまで時間が掛かったけど,そのあとは170キープできた。
モチベーションがTTバイクの快感ってのはオキナワに繋がるかどうかわからないが,
とにかく今は楽しく自転車に乗れることが大事。

思わず追い込んで疲れ果てたから,今日はニューフレームをいじる気力なし。。。
日曜日が雨の予報だから週末に一気に組み上げよう。
[PR]

by taka-taca | 2012-09-12 21:54 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(2)
2012年 09月 11日

とりあえずクランク

今日は鍼行って休養日。
相変わらず右ハムの奥の1本の筋肉がゴリゴリなのでそこに長〜い鍼を打ってもらう。

さて,突然天から舞い降りたフレームにまずはクランクを取り付け(ショップ任せ)
これは2号から移植したんだけど,7月に換えたばかりのもの。
自転車を始めた10年前は買ったままの172.5mmのクランクだったけど,
その2~3年後に乗ったMTBの175mmのクランクの踏み具合がすごく感触が良くて,
それ以降ロードのクランクを175mmにしていた。
が,右坐骨の引き攣りで膝が跳ね上がってスムースにペダリングできないのが,もしかしてクランク短くしたら多少は良く回るかも?
と思って7~8年ぶりに172.5mmに戻したのだった。
b0047100_22194491.jpg


結果,確かに気持ち回しやすくはなったけど,なんか寸足らずで,グッと踏み込むとスカッと力が抜けて回る感じもして,脚力が推進力に繋がらないようでやっぱり自分には合ってない感じ。
ただ,現状の脚腰の状態からすると,少しでも軽く回せる方がいいような気がするので,しばらくこれでいってみようと思ってニューフレームに移植。

でもやっぱり175mmをグイグイ踏む方が気持ちいいな。
そんな意味でもTTバイクに乗るとスカッとするのかも。

明日はステムとハンドルを付けよう。
気が乗れば一気にエルゴレバー,ディレイラーまでいきたいな。
[PR]

by taka-taca | 2012-09-11 22:19 | メンテ | Trackback | Comments(2)
2012年 09月 10日

空から降ってきた(?w)夏のご褒美

夕練 37.5km
インナー縛りでケイデンス100キープ Spd ave 25.8km/h HR ave 128

ほとんど空回りするくらい脱力してペダリング。
思わず踏みそうになるのを我慢して,とにかく腸腰筋と大腿骨に神経を集中して,右坐骨の引き攣りは無視して(少なくともそんな意識で)走った。
ジョグを始めて最初に“フッと軽く進む感触”を感じたのを今日走りながら少し感じた。

3年前には自然にできていたペダリングができないもどかしさはあるが,なんとか工夫してそれを克服することにモチベーションを見いだせるような気がした。
痛みや引き攣りが治るかどうかはおいといて,それを乗り越えた時には3年前より強くなれるんじゃないかとふと思った今日。
震災の被害者やパラリンピックの選手のがんばりからすれば,蚊に刺された程度の痛みなんだと改めて思った。

そのモチベーションに一役かうのはやっぱりマテリアル!?w
メインで乗ってるビアンキーナ2号(Freccia celeste)は2005年から7年で50000kmくらいは走っただろうか。
キシリウムSLを付けて8.4kgと重く,バックカーボンや,プレート式のロゴ(不評だったのか翌年モデルは普通のロゴで,しかもフルアルミまで出た。。。涙)が気に入らなかったけど,なんだかんだ丈夫だし,平地系ロングでの乗り心地は良かったし,これだけ乗り込むと愛着も湧いて来る。

でも去年あたりから,ただ重いだけじゃなく,やはり7年で50000kmも走ると経年劣化とかもあるのか,リヤの辺りがたわんで踏んでも進まない感じがあった。
脚がないと言えばそれまでだけどw,さらに重いTTバイクの方がまだ坂を登れる感じすらする。

というわけで2号もそろそろ限界に来てるようだし,去年から次期メイン車を探していたが,予算はフレームセットで15万円。
ビアンキの現行最上級モデルにすでにアルミはなく,トップモデルカーボンのオルトレはフレームだけで35万くらい。その下はいきなり快適性を売りにしたロングライド系とか初心者向けに売ってるようなモデルばかり。

オルトレとかは論外なので,マメに海外サイトやヤフオクとかショップサイトの旧モデルセールをチェックしていたが,狙いは2009年の928SLカーボン
これも定価は30万以上してたと思うが,3年も経てば半額以下になるんじゃないかと希望を捨てず。。。
とはいってもそんなの残ってるわけないと諦めていた。
もうビアンキにこだわらず,インタマあたりで手を打つ気にもかなりなっていた。

なんて思ってるうちに,半年ぶりに乗り始めると最近2号のヘッドあたりからパキパキとかカーボンバックからギシギシとか異音が。。。
いきなり折れたり割れたりする前になんとかしたいなと思っていたところ。。。

この夏,仕事に家事にリハビリにがんばった俺を神様は見ていた?w
[PR]

by taka-taca | 2012-09-10 22:40 | 日常 | Trackback | Comments(4)