Pendenza20%「飲み喰らい魔ー日記」 第2部

scalatore.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2016年 11月 19日

ツールドおきなわ 2016

去年のオキナワ以来,今年最初で最後のレース 
夏までほとんど乗ってなかったし,無理して怪我でもしたら元も子もないから今年はノーレースでもいいかなと思いつつ。
それでもレース勘をゼロにしたくなかったのと,やっぱりツールドおきなわの雰囲気は格別で,キッズのメンバーも大勢集まって楽しいし,
前々夜祭から打ち上げまで沖縄を飲み食いする理由付けに行かないわけにはいかない。
どーせ行くならやっぱりレースも走っておきたい。

というわけで,去年に続いて朝飯前にサクッと50㎞レース
しかも今年はついにオーバーフィフティ。。。orz

b0047100_20570111.jpeg
b0047100_20572476.jpeg


結果は53位
b0047100_20554675.jpeg
去年は40'sで30何位か。
どちらも先頭集団の最後尾ゴールで,順位の差は集団の数の差で全く同じような結果。
ただ,去年は坂の度に集団から千切れては個人TTで追い付きを繰り返したのが,今年は坂の度に集団の最後尾まで下がるもののつかず離れず,平坦では常に先頭付近をキープできた。
秋口から4~50kmの練習で平坦ではいいペースで走れていたのは気のせいではなかったのか。まあ思いのほか平坦での集団のスピードが遅かったということもあるが。

問題は坂。
前日の試走でも苦しんだように,本部大橋,海洋博の坂,備瀬の坂の度に先頭付近で登り始めてはごぼう抜かれ。
相変わらず麻痺する左足に力が入らずまったく踏めないから,インナーの軽いギアを右足で踏んで左は軽く回すだけ。 
自分には合わない高ケイデンス。もう回り切ってスピードが上がらないし,無理がたたって腰の痛みも酷くなる一方。
特に立ち漕ぎは左足がぐらついて不安定になるから,集団内では危険なので座ってひたすら回して耐えるのみ。

そして最大の難関,今帰仁天底の激坂(今の自分には)も先頭で入るが,集団の邪魔にならないように右に出てマイペースで何とか進むが50人に抜かれて一気に集団最後尾。。。
ここで離れたら後がキツいし,“最後まで全力で”と決めていたから踏ん張ったが,腰の痛みが半端ないし情けなくて気持ちが切れかかる。
それでも何とか下りで取り戻し,その先の平坦はまた集団のペースが落ちたから付いてはいけた。というか先頭ローテに加わる。
何でみんな平坦であんなに休んじゃうんだろう。せっかく登りでバラけるんだからペース上げれば集団小さくできるのに。
あ,そしたら俺も千切られるのか。。。(汗)

ゴール5km手前の最後の坂でもやはり先頭から集団後方に埋もれ,もう一度前に出ようと試みるが,50人超の集団は道いっぱいに広がって最後尾の自分が前にでる隙間は右にも左にもない。
落車のリスクを負ってまで前に行く気はないので諦めて後方待機。案の定ゴール2kmくらい手前で集団真ん中で落車発生。
絶対起こると思って構えてたから難なく避けてそのまま集団後方でゴールまで。

最後の最後は出し切れずに終わってしまったけど,まずは予定通り怪我なく先頭集団で完走。しかも平坦ではずっと先頭付近でローテにも入っていられたのでそれなりに満足。
最後まで気持ちを切らさず現状の全力で走り切るという目標もまあまあ達成。
あとは右足のカクンカクンと左足の麻痺感が収まってもう少し踏めるようになれば,逃げてみたり面白いレースができるんだろうけど。

今回はいつもにも増して気持ちに余裕があった感じ。レースだけでなく沖縄入りから帰るまで,気ままに飲んで食ってブラブラ歩いて。。。
もっとも210kmの頃も大した緊張感もなく飲んで食ってたが。。。
何よりも,いつだって,自分がどんな状態であれ,暖かく迎えてくれて応援してくれるチームキッズのみんなのおかげ。
あ,そのおかげでレースよりも飲み食いに力が入りがちでもあるが。。。

やっぱり楽しいツールドおきなわ

[PR]

by taka-taca | 2016-11-19 21:00 | レースレポート | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 06日

今年一番のマイ自転車日和

沖縄前ラストライド
まるで小春日和な浜名湖が気持ち良すぎて浜名湖大橋ーグリーンファーム周回2往復
101km ave30.2km/h

一体かつてどーやって200km走っていたんだろう。。。(。-_-。)

b0047100_14471797.jpg

[PR]

by taka-taca | 2016-11-06 14:45 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(0)