2014年 11月 15日

ミカン畑をひたすらアップダウン練

b0047100_18123865.jpg

浜名湖の強風にめげず(時々めげたw),オレンジ練。
フルオレンジ+奥平山地区を往復,さらに風越峠で折り返し
147km 2700m Ave 27.8km/h

このコースをフルで走るのは5年ぶり。
たぶん無理だから途中で短縮することも考えながらも完走。

最後まで走り切りるつもりで,しかも腰の痛みと戦いながらだからペースはほどほどで,むしろ脚を温存し過ぎた感があって,最後の風越峠はアウター縛りで筋トレ走(罰ゲームか!?w)
腰の痛みと右脚の痺れで登りではまだまだ踏み切れないけど,ギリギリ我慢できる負荷でのスピードは,走るたびに上がっているし,ペダルに感じる力も明らかに強くなっている。
パワータップの数値もそれをハッキリ証明しているし。
とはいえまだまだ元の走りはほど遠いけど。特に登り。

とにかく,数行の文章じゃ書き切れないから書かないけど,やっと,やっと本当に光が見えてきた。
何度も何度もその光に向かっては後戻りしてたけど,今度こそはその光の先に道がある気がする。

この5年間の苦痛や努力を無駄にしないためにも,今ここで頑張る!
でも頑張る理由は,やっぱり“帰ったらビール!”なんだよな(苦笑)
[PR]

# by taka-taca | 2014-11-15 18:13 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 07日

現状報告と,来季へ向けて

このブログを見てる人はほとんどいないと思うが,自分の備忘録として書いておく。

これまで5シーズンに渡り,冬の間3~6か月ほとんど乗らないリハビリを繰り返してきた。
鍼や薬のおかげで腰も坐骨神経も,痛み自体はかなり軽減され,右ヒザが勝手に開くような痙攣も去年あたりからかなり治まってきた。
しかし,勝手な筋収縮で右脚がペダル1回転ごとに一瞬止まるのは変わらず,強度を上げれば痛みは増すし,坐骨神経の麻痺感も強まり右足が痺れて力が入らなくなる。

冬の間はジョグやスイムで最低限の体力キープはしてきたけど,筋力はやはり落ち続け,春から夏は全くまともに走れない。
で,毎年11月の沖縄に向けて秋からの練習,そして本番のレースまで相当無理して乗り続け,ツールドおきなわ翌日から春まで走れなくなることの繰り返し。

そこで,せっかく痛みも痙攣も和らいできた今年,ここで一気に治すためにも,
迷いに迷った挙句ツールド沖縄を諦めて,このまま腰に無理のない強度で春まで走り続けながら,
麻痺感のある右脚の筋肉をかばう,もしくはその麻痺した筋肉の力を少しでも取り戻すような脚の使い方を見出せるようなリハビリ走をすることにした。

今までは痛む筋肉を弛めることばかり意識して,痛みが和らぐのはいいけど少しかばい過ぎて筋力が低下して,動きが鈍くなる右脚をさらにかばって腰が痛むという,
完全な負のスパイラルに陥っていたように思ったのだ。
なので少し鞭を打つように,痛み痺れるところをあえて動かしてみようかと。
これが正解なのかどうかはわからないけど,もう他のことはやりつくした感があるので,今度は逆療法で。

今年夏前からすでに,基本的な筋肉の反応を確認するように,麻痺する右足親指を普段歩いてる時や座ってる時も常に意識的に動かして,
フクラハギの地味な筋トレみたいなことを続けていた。
もちろん腰回りの,特にインナーマッスルの筋トレは昔同様欠かさない。
時には片足ペダリングで,あえて上手く動かない右脚だけで踏みながら,麻痺して力が入らない筋肉以外の使える筋肉を探したり,逆に力が入らない母子球に力を入れる努力をしたりしてきた。

その甲斐あってか,最近になって右脚でも踏める感覚が出てきて,少しずつ力強く踏めるようになってきた。
ただ,そのために自分の本来のペダリングからはガラリと変えて,やや内股だったのを,未だに勝手に開き気味な右ヒザに左脚も合わせるために,
クリートをずらして両つま先とも若干開き気味になるようにした。
ものすごい違和感だ(汗)

どうしても硬直する梨状筋のせいで右脚が1回転ごとにちょっとつまるから,以前のようにスムーズに回すことはできない。
その代わりに踏み込む時間を短く強くしてメリハリを付けるようにした。
ケイデンスは平均10回転くらい落ちたけど,その分瞬間出力を上げてスピードを上げるように意識している。

8月9月は慣れないペダリングにただただ疲れ,腰回りの痛みも激しく萎えるばかりだった。
ホントに何度も何度も“もう自転車止めよう”と思ったほどだ。
でも我慢して続けてるうちにだんだん筋力が付いてきたようで,10月に入ってからは走るたびに力強くなっている。
1時間くらいで腰の痛みと右足の痺れが強くなるから,高強度なロング練はまだ無理。
でも平地のスピードは,短距離に限れば普通に走れてた頃の1割減以内まで戻ってきた。
むしろ平地は今の踏み方の方が以前より速く走れそうな気がするほどで,最近夜練が少し楽しい(夜はスピードが速く感じることもあるけどw)

しかし,悪く言えばガチャ踏みペダリングで,ギヤも1~2枚重いから登りはキツくスピードが上がらない。
ギヤを軽くして回しても逆に遅くなるから,やはりペダリングの質に問題があるんだろう。
まあでも緩い登りは筋力さえ付けば勢いで登れるし,ヒルクラはとっくに諦めてるからこのまままずは平地のスピードアップから。

こんな走り方をするようになって気になるのは引退したばかりのフォイクトの走りだった。
彼がツールで独走しているフォームやリズム感が何となく今の自分に合っているような。
かつてはウルリッヒのフォームしか目に映っていなくて,あの静かに流れるようなスムーズで,かつ力強いペダリングに憧れた。
だから今までは上体を固定する意識が強かったけど,今はペダルを瞬間的に強く踏むために状態が多少揺れていると実感する。

こうしてペダリング大改造するためにポジションの微調整(サドル高とクリート位置)に夏からずっと悩んでいたけど,それも最近ほぼ固まった。
もし右坐骨神経の感覚が戻れば,また元の位置に戻すかもしれないけど,現状ではかなりいい感じのポジションが出ている。
坂を登るにはまだまだ問題が多いけど,とりあえず平坦基調のロングを気持ちよく走れる状態になればいい。

一番重要なのは,

今5年ぶりに,自転車に乗るのが楽しい,ということだ。
この気持ちを冬中キープできれば,来シーズンはきっとまたレースを楽しめるはず。

ツールド沖縄まであと1年。
[PR]

# by taka-taca | 2014-11-07 13:45 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(2)
2014年 09月 15日

島人さん@浜松 イタリアンディナー編

浜松といえど,うちでもてなすのはやっぱりイタリアン
b0047100_10265413.jpg



土曜日の夜は魚メニュー

モニカ得意のツナとナスのペースト卵巻
b0047100_10261040.jpg


スモークサーモン
b0047100_10261813.jpg


これもモニカ特製野菜のトルタ
b0047100_10262710.jpg


ワインはプロセッコと白ワイン
b0047100_10271852.jpg


メインは浜名湖の黒鯛とアサリのオーブン煮焼き
b0047100_10273023.jpg



日曜日は肉系で
前菜は生ハムやサラミ
b0047100_1034935.jpg


リコッタチーズとほうれん草のキッシュ
b0047100_10344718.jpg


メインはモニカ家のラザーニャ
b0047100_10351640.jpg


この日は3人で赤ワイン3本
両日とももちろんエスプレッソとグラッパでシメて大満足ディナーでした。
[PR]

# by taka-taca | 2014-09-15 10:36 | ワインとイタリア料理 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 15日

島人さんと古民家ツアー

日曜日もサイクリングしたかったが,天気予報が怪しげ(結局晴れた。。。)だったこともあり,
島人さんの関心が深い古民家の集落がある愛知県の岩村へドライブした。

俺も古い町並みとかが好きで,昔オートバイで何度も立ち寄った場所。
でもこうして一軒一軒内部までジックリ見て回ったのは初めてで自分も楽しめたし,
島人さんは沖縄の古民家とは全く違う江戸時代の建物を食い入るように見学していた。

もうこんなところにでも来ないとほとんど見られない日本古来の木造家屋。
こういう文化が失われていくのは本当にもったいないと思う。

道端で観光客に説明をしていた地元の人に耳を傾ける島人さん。
b0047100_10154251.jpg

b0047100_10155626.jpg


こんな家の要所要所をモダン(で便利なw)な造りにして住めたら幸せだろうなぁ。
b0047100_101655.jpg

b0047100_10161416.jpg

b0047100_10162315.jpg

b0047100_10163381.jpg

b0047100_10164377.jpg

[PR]

# by taka-taca | 2014-09-15 10:19 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 15日

宮古島の島人さんが来た!

5年ほど前から毎年ツールド宮古島や,正月にモニカと遊びに行った際にいつも世話してくれる島人さんが,浜松に遊びに来てくれた。
宮古島へ行くと実家に帰ったような気分になるだけに(笑),やはり親戚が遊びに来たような感覚。

いつも宮古島で美味しい料理を食べさせてもらっているお返しに,まずはやっぱり浜松の鰻からスタート
b0047100_919456.jpg

b0047100_9191882.jpg


翌日土曜日は,とりあえず浜名湖1周サイクリング
b0047100_9193646.jpg


途中でオレンジロードも少し登って,ミカン畑を見下ろした。まだミカンは青い。
b0047100_9195358.jpg


再び浜名湖へ降り,釣り人がいる浜辺へ。
b0047100_920320.jpg


島人さんが地元の釣り人に声をかけると,ハゼを次から次へと釣っていた。
b0047100_9201211.jpg


ランチは自転車仲間の女子がやっているカフェ
実は4~5年前によくベーグルを買いに立ち寄ったり,何度かランチもしたことがあった。
しかしこんなオシャレなカフェのテラスを汗だくのオヤジが占拠して申し訳ない。。。
b0047100_9202991.jpg


俺はチキンカレー,島人さんはパスタ
b0047100_9204342.jpg


浜名湖をグルリと1周し弁天島。この日も暑く,季節外れの海水浴を楽しむ人もチラホラ。
b0047100_9205463.jpg


最後は舘山寺の温泉でくつろいで,うちに帰ってディナータイム!
[PR]

# by taka-taca | 2014-09-15 09:40 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 02日

痕本からリハビリ

b0047100_1317833.jpg

腰痛,坐骨神経痛に伴うように,右足の親指が麻痺する感じで上手く動かせない。
おかげで母子球でペダルを踏もうとしても小指側に力が逃げてしまい,まともにペダルが回せない。
それでも無理して動かすと,自転車で1時間,ジョグで30分もすると親指が痺れて全く力が入らなくなる。
それを他の筋力とかでカバーしようとすると腰と右梨状筋の痛みに耐えられなくなる。

そーいえば10年くらい前,中学から抱える脊椎分離すべり症の検査に行った整形外科で医師に,
“右足の親指の力が弱い。ずれた5番腰椎が神経を圧迫しているのだろう”と言われた。
それが5年前の落車で坐骨神経痛を煩ったことで悪化してきているということもありえるのか?

実際に,自分で親指を上げ下げしてみると,スムーズに動く左足の親指と違って動きが酷く固く,
可動域も左より少ない。
しかも親指を動かそうとすると小指まで連動し,さらに脚から臀筋まで力が入ってしまう。
左は親指だけが軽く動き,脚はリラックスしたままだ。

親指を動かす筋力がないのか,腰椎や坐骨神経が邪魔して,親指を動かす神経の伝達が上手くいかないからなのか。。。

なんどもアチコチの病院でMRIやCTで検査をしても,ハッキリした原因はわからないまま。
ある医師には“切ってみないとわからない”と言われたけど,試しに切ってみるのはちょっと。。。

今できることは,地道に乗り続け筋力を落としすぎないようにしつつ,体の内部に神経を集中して,自分なりに解決策を見出す努力をすること。
まずは,右脚の感覚を取り戻すために,右足親指を動かすトレーニングを諦めずに続けてみる。

腰と坐骨神経の痛みにどこまで耐えられるかが問題だけど。。。
[PR]

# by taka-taca | 2014-08-02 13:16 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 17日

ツールド宮古島 2014

ようやく今年初レース。

骨折後の長い冬の療養,骨折の痛みが癒えても相変わらずの腰と坐骨神経の状態で,
レースを考えられる状態ではなく最初は100kmにエントリー

しかし,例年落車が多い100km,今何が怖いかって,鎖骨に鉄串が入ったままでの落車。
それは即手術を意味し,今度は宮古島から帰れなくなる(本人的にはそれも悪くないがw仕事が。。。)
ということで,事務局に問い合わせて165kmに変更してもらった。

結果から言うと。
165km 5時間10分 28位/73人

5年前の5位から年々落ちるも,今年もとりあえず無事完走。
でもスタートからゴールまで1秒1秒がとにかく痛く苦しく長い長い時間だった。。。

以前のように先頭集団で最後まで “レース”ができないのが悲しくて悔しいけど,今年は金沢のコナさん,シミズさん,
それにキッズさ~なりさん達と中盤から最後まで一緒に走れたのが楽しかった。
なんだかんだで最後まで走り切れたのは,彼らがいた小集団に拾われたおかげだった。

完治していない鎖骨のために,完全に雨だったら走らないつもりだったが(そのつもりで金曜日飲みすぎたw),
結局曇りのまま,棄権する理由もなくスタートへ。。。
しかし夜中から腰が痛み,初レースの緊張や体の不安もあってほとんど眠れず体調は最悪。

スタートから厳しい腰痛と坐骨神経の引き攣りに,頭の中は“どこで降りようか”と不安でいっぱいに。。。
しかも序盤から“いつもこんな速かったっけ!?”と集団のペースが速い気がして付いていくのがキツい。
でも前を見ると,りっちゃんと他にも女子が2~3名普通に入っている。
“うーん,集団が速いんじゃなくて,やっぱり俺が遅いだけなのか。。。”
と激しく落ち込みながら池間島を回り,向かい風の東海岸を東平安名岬へ進んだ。
b0047100_2126728.jpg


異常な蒸し暑さで水分補給に不安もあったが,各補給所でスピードダウンしてボトルはしっかりもらえていた。
東平安名岬を回り,いよいよ1周目のアップダウン。
いつもならここは先頭集団に付いていくのに,最初の坂,70km地点でアッサリ千切れた。。。orz

先頭20人強の後ろの5~6人の第2集団からも2つ目の坂で千切れ1人インギャーの坂をトボトボ上りながら,
“単独で東海岸の向かい風は無理だ。100km走ってスタート地点でリタイヤしよう。いやせめて完走はしよう。。。”と自問自答していると,
後ろから20人ほどの集団がやってきた。
とりあえずそれに乗ってスタート地点まで連れて行ってもらおう。と考えたが,
かなり楽なペースで,“ああ,これなら最後までサイクリングできそうだな”と思い直して2周回目に突入。

しかし体はとっくに悲鳴を上げていて,2回目の東平安名岬へ行く前にすでに後悔。
腰も坐骨神経も何度ストレッチしても痛いままだし,麻痺して上手く動かない右足の親指から母子球は痺れて,全く力が入らずペダルが踏めない。
それらをかばうために総動員する筋肉は両足とも攣りまくり(涙)
鎖骨の中の鉄串も,前傾姿勢でだんだん内側に突出し,それが神経を刺激して右腕がしびれてくる。

すでにレースどころか練習にもなっていないし,ただただ痛みと戦うだけで,
“いったい何のためにこんな辛い思いをしてるんだろう。もうレースなんか止めよう”と気が滅入るが,
とにかくここまで来たらゴールまで走らないと何の意味もなくなると思ってがんばった。
b0047100_21271656.jpg


最後の10kmは,その小集団からも離れてマイペースでユックリとゴールまで辿り着いた。
何の達成感も満足感もなかったけど,思えばたった1か月の練習でよくここまで走れるようになったものだし,
諦めない心だけは年々強くなっていることには,自分を少しは褒めてもいいかな,と思った。

ゴール後は痛みやら熱中症やら3日酔いwやらで気分が悪く倒れそうだったが,自転車から降りる間もなくキッズメンバーが駆け寄ってきてビールを差し出す。
“ああ,今無理!”という言葉は聞き入れられずw結局駆けつけ3杯(苦笑)
でもやはりそれで生き返り,すぐに焼きそばを補給して元気を取り戻した(笑)

レースとしては特に思い起こすことはないが,ノンビリしたレースの雰囲気は好きだし,
こんな時でしか会えないキッズの仲間と過ごす時間は楽しいし,
やっぱり宮古島は最高!

レースを楽しむために,ここで諦めずにもう少しがんばります。
[PR]

# by taka-taca | 2014-06-17 21:27 | レースレポート | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 11日

5月総括

FBには書いていたけど,記録のためにまとめてブログにも。

鎖骨の状態は特に変化なく。まだステンレス串も抜いてない。
鎖骨肋骨ともに痛みはほとんどなく,自転車のポジションにも影響はない感じ。

12月1月と2か月はウォーキング程度しかできず,3月に自転車に少しずつ乗り始め,
4月に何とか80~100kmをAve23~4km/hでポタリングするようになった。
まだ練習というには程遠く,レースどころではないが,6月のツールド宮古島にエントリー
当初は100kmにエントリーしたが,落車の危険は165kmの方が少なくいことを思い出し,
ゴールデンウィークの沖縄旅行で気持ちも高まったこともあり,どうせレースにならないのなら165kmで完走目指してみることに。

となると距離を乗ることに慣れないといけないということで,5月は毎週末,4週続けて御前崎往復(帰路は牧の原台地越え)の160kmを走った。
土日2日で250kmは乗り,平日の夜練も始め,5月1か月で1480kmに達した。
怪我後5kg増えて73kgまでいってた体重も70kgギリギリまで落ちた。

おかげで体力もだいぶ戻ってはきたが,問題はやはり腰と坐骨神経。
骨折のための静養で筋力が落ちたこともあり腰痛が悪化。
坐骨神経の麻痺も相変わらずで右足に力が入らずペダルが上手く踏めない状態。
普通に歩いていても右足が度々つまづくほどなのだ。

こうして右脚がうまく動かず,ケイデンス80すらキープできないので必然的に重いギアを踏むしかなく,脚にキツいし腰も痛む。
巡航速度も常に以前より3~4km/h低い。
下りのスピードは体重が増えてるせいか上がってるような気もするが(笑)
とりあえず今は耐えて,筋力を付け直して何とか誤魔化しながらでもペダリングできるようにしたい。
もう以前のように軽く気持ちよくペダリングできないかと思うと残念だけど,もう諦めるしかない。

とにかく今週末のツールド宮古島165kmは,できるだけメイン集団に付いてキッチリ完走したい。
このレース次第では,今後ロングレースに出ることはなくなるかも。。。


5月の写真を i phoneアプリでまとめてみた。
4週続けての御前崎&牧の原台地の茶畑
b0047100_13423256.jpg


ゴールデンウィークは沖縄旅行。
静岡空港で霧のためにフライトキャンセルで,出発が1日遅れ(涙),4泊5日の旅に。
那覇,名護,宮古島でチームキッズの仲間に歓迎してもらい毎晩飲み会♪
b0047100_13411647.jpg


那覇から名護へはモニカとサイクリング。R58を北上して70kmの道のりを,モニカのペースでのんびりと。
途中tandegaさんが,まさかのチームカー(?w)で現れ,鎖骨にズッシリ重かったリュックを持ってくれて,気持ちよく名護へゴール。
b0047100_13414474.jpg


宮古島では島人さんと伊良部島をサイクリング
天気が曇りだったのが残念。本来ならもっと綺麗な海なのに。
実はモニカが前回来た時も,今回も曇り&雨。。。
b0047100_13424795.jpg

[PR]

# by taka-taca | 2014-06-11 13:42 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 21日

鎖骨,3歩前進!?

1ヶ月ぶりの鎖骨検査
つなぎ目がモヤモヤしている。軟骨状態らしい。
b0047100_14114233.jpg


去年12月,手術から1ヶ月後の画像
折れ目の隙間がくっきりしていた。
b0047100_14123170.jpg



前回まではレントゲン画像ではあまり変化はなかったが,
今回はうっすらながら,素人目にも骨が繋がっているように見える。
まだ軟骨,というか骨粗鬆症状態ながらも,切って中を見れば多分ちゃんと骨になってくっ付いてるだろう。と医師が言う。

鉄芯は煩わしいけど,ここまできたら骨がもう少ししっかり付くまで我慢しようと。
もう付こうが付きまいがどーでもいいと思ってたけど,でもできればやっぱくっ付いてほしい。
ということで鎖骨に関してはひと安心。
肋骨も,うつ伏せになったり,心拍上げるとまだ痛むけど,鎖骨よりは早く繋がったようで問題ない。

自転車に乗ると,立ち漕ぎや,ブラケット持って長く走り続けるのはまだしんどいけど,短時間なら下ハンでそこそこもがけるし,
骨折してることはもう気にならない。
やはり問題は腰と坐骨神経。。。
[PR]

# by taka-taca | 2014-04-21 14:14 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 18日

現状の体調とペダリング

これまでの4年間,腰痛はさておき,右坐骨神経の引き攣りを治して自分のペダリングを取り戻そうと努めてきたけど。。。
ここまでくると,少なくともすぐに治る見込みはなさそうだと,ようやく諦めがついた今日この頃。
自転車に乗るたびに悲しくなって,何度も止めようかと思ったけど,楽しく走っていた頃を思い出すとやっぱり止められない。

この右脚の奇妙な引き攣りと共存していく覚悟ができたわけではないが,乗り続けるためには誤魔化してペダリングする方法を見出すしかない。
今までは引き攣りを抑えることばかり考えていたのを,引き攣りは放置して,というかむしろ引き攣りに合わせるように,
自分のペダリングのタイミングをずらすことをアレコレ試している。

右脚の引き攣りは,9時から12時辺りで起こり,坐骨神経に沿ってケツからハム,ヒラメ筋が瞬間的にビクンっと固まってペダルが止まる。
ビンディングペダルでないママチャリやエアロバイクだと,時にペダルから足が外れるほど引き攣ることもあるほど。決して大げさではない。

最近ペダリング中に試していること。

かつての自分のペダリングは,2時から5時くらい(な意識)にかけて下に踏み込む感じだったのを,1時から4時と,少し早めに前に踏みこむようにしてみた。
ヒルクラでは元々そんな感じで回していたんだけど,それを平地や緩い下りでもやってみたところ。。。

引き攣ってから踏みこみ始めるまでの間隔が短いからか,ペダルが止まる時間が短くなり,多少はスムーズに回る感じ。(あくまでも感じ。)
実際これまでも登りでは引き攣りでのギクシャク感は控えめだったけど,それはケイデンスが50~60と遅いからだと思っていた。
逆に全力で高回転で回す時も引き攣りは少なめ。というか感じてる暇がないってとこか。
で,もしかしたら引き攣ってタメができる前に踏み出せば,引き攣りに負けずに回せるかもしれない,と少し感じた。(気のせいかも)
まあ日々の体調の変化とかもあるからまだ何とも言えないけれど。。。
実際先週の土曜日には少しいい感触があったけど,それ以降はどうやっても引き攣りも痛みも酷い。

こうしてペダル1回転ごとに集中しようとするあまり,精神的に疲れるし,無理矢理踏んでるからすぐに右の坐骨,フクラハギ,アキレス腱まで痛くなる。
それに,筋肉が勝手に引き攣って体がブレるのを抑えようと腰で踏ん張るから腰痛も悪化する。
レースになるとレース自体に集中するし,アドレナリンとかで痛みや引き攣りにそこそこ耐えて走れるんだと思うけど,
練習がままならないから年々体力が落ち,去年のオキナワでの落車も,後半疲れて集中できずにペダリングも酷くギクシャクしてたところに,
ストレッチしながら立って後ろを振り返った瞬間に,坐骨神経が引き攣ってバランス崩したんじゃないかと思う。
いつも普通にしてる動作なのに,あんなコケ方するなんてそれ以外に考えられない。

今年は,まずは長距離レース,というかもうレースの事は考えないようにして,まずは30~40kmの短い距離の中で,さらに数百メートルを集中して漕いで脚を止めて,
の繰り返しから少しずつ走れる距離を伸ばしていきたい。
まずは週に2回は30~40kmの夜練,週末は80~100km,できれば少しずつ延ばして以前のようなロング練ができるように。。。
[PR]

# by taka-taca | 2014-04-18 22:26 | 自転車~練習とか~ | Trackback | Comments(2)